top

 

 スポンサードリンク

ひき肉そぼろ

挽き肉は、牛・豚・鶏・合い挽きがあり、料理の種類によって使い分けることもできて、味付けも形も自由にできる便利な素材です。

白っぽいものは脂が多く、赤ものものは脂が少ないので用途によって使い分けられます。色のいいものを選び、黒ずんでいるものは避けましょう。

日もちしないので、使いやすい分量に小分けして冷凍しておくと便利です。ハンバーグ、肉だんご、そぼろにして冷凍保存にしておくと忙しい時などに重宝します。

ひき肉そぼろ

◆材料
合い挽き肉(豚挽肉)・・・400g
油・・・小さじ1
ねぎみじん切り・・・適量
しょうが汁・・・小さじ2
酒・・・大さじ1
砂糖・・・大さじ2
しょうゆ・・・大さじ4

◆作り方
1.油で合い挽き肉(豚挽肉でも)をポロポロになるまで炒めます。菜箸を4、5本持ち混ぜるとポロポロになりやすい。
2.ねぎのみじん切り、しょうが汁を加えて炒めます。
3.酒、砂糖、しょうゆを加えて汁気がなくなるまで炒めます。

上記のひき肉そぼろを利用したレシピを紹介します。

レタスのそぼろソース

◆材料
挽き肉そぼろ・・・200g
レタス・・・6枚
水・・・1/4カップ
カレー粉・・・小さじ1
かたくり粉・・・適量

◆作り方
1.鍋に挽き肉そぼろと水、カレー粉を入れて煮立てて、かたくり粉でとろみをつけます。
2.レタスは、洗い水気をふいて器に盛ります。小さくちぎってもよいし、大きいままでもいいです。
3.レタスの上にひき肉をのせ、包んで食べたりからめて食べます。

余ったそぼろは、すでに味付けがされているので、ミックスベジタブルと混ぜ合わせたり冷蔵庫の余った野菜で炒めたりするだけで、お弁当にぴったりのおかずができます。


人気レシピブログランキング
  


キャベツとツナの炒め物

キャベツは、どのように調理しても美味しく食べられる野菜のひとつです。

ゆでる、炒める、煮る、そして生のままでとバリエーションは豊富ですね。淡白な素材なので味の変化がつけやすいのが特徴です。

ビタミンCが豊富で、高血圧に効くカリウム、イライラ解消に効くカルシウム、胃腸に良いビタミンUはキャベツ特有の栄養素です。

ズシッと重たく外の葉が緑色で光沢があり巻きがしっかりとしたものを選びましょう。(春キャベツは葉が開いてやわらかそうなものがおいしいです)

切り売りのものは傷みやすいので、できればまるごと買い使い切りましょう。外の葉から順に使って行くほうが日もちします。

◆材料
キャベツ・・・1/2個
ツナ缶・・・1缶
卵・・・2個
塩・こしょう・・・適量

◆作り方
1.キャベツはざく切りにして、ツナ缶の油でしんなりするまで炒めます。フライパンの周りによせて真ん中をあけておきます。
2.フライパンの真ん中にときほぐした卵を入れて、半熟状態になったら周りのキャベツとまぜ、ツナを入れて、塩・こしょうで味を整えます。

ご飯の上にのせ、少量のめんつゆをかければキャベツ・ツナ丼になります。


人気レシピブログランキング
  


イカげそとザーサイのチヂミ

韓国料理のチヂミは、とても手軽に出来るので一度お試し下さい。

イカは身の方よりも足、耳の方に旨みがあり、噛めば噛むほど旨みが出てきます。ビールのおつまみに良く合います。

◆材料
チヂミ粉・・・100g
イカげそ・・・100g
瓶のザーサイ・・・30g
タマネギ・・・30g
ニラ・・・30g
桜えび・・・10g
すしおろしにんにく・・・小1片
卵・・・1個
ごま油・・・大さじ1
コチュジャン・・・適量
水・・・150cc

◆作り方
1.包丁の背で、げそを軽く叩きます。そうすると食べやすくなります。一口大に切り、ザーサイも一口大に切ります。
2.タマネギは薄くスライス切りにして、ニラは2cmに切ります。桜えびは大きめならざく切りにします。
3.卵をボウルに割りいれてよくほぐします。そこに水150ccを加え、チヂミ粉を入れます。滑らかになるまでよく混ぜてください。
4.1と2で切った具材を全部入れて、混ぜ合わせます。
5.フライパンにごま油を入れて、4の半量を流し込み、中火で焼いてください。
6.ふちが焼けてきたらひっくり返します。裏面は弱火で焼きます。
7.こんがり焼いて、表面に薄くコチュジャンを付けのばして出来上がります。

一度に焼かないのは、あまり厚くなると食感が違ってしまうので、材料の分量でなら2回もしくは3回くらいに分けて焼くのがベターです。

お好みで酢醤油につけても美味しいです。とっても簡単で美味しいので是非お試し下さい。


人気レシピブログランキング
  


玉ねぎと卵黄のスタミナおかず

玉ねぎは主役にも脇役にもなる野菜です。どこのご家庭にも常備されている素材ではないでしょうか。

春先から初夏にかけて出回るのが新玉ねぎです。どこのスーパーでも一年中見かける玉ねぎですが、新玉ねぎは、黄玉ねぎや白玉ねぎを早どりして出荷したものです。

柔らかく辛味が少なく瑞々しいので、生食に適していて、お子様でも美味しく食べることができます。

栄養価は、ビタミンB1・B2・C、鉄、カルシウムを含みます。匂いのもとになる硫化アリルという成分はビタミンB1の吸収を高め、疲労回復の効果があります。硫化アリルは熱に弱い特性があるので、疲労回復を目的とするなら生で食べるのがよいのです。

長期保存に適していない新玉ねぎは、ビニール袋に入れ冷蔵庫に保存し、できるだけ早く食べきりましょう。選ぶ際にはずっしりと重く表面のツヤが良いものを選んでください。

◆材料
玉ねぎ・・・1個
貝割れ菜・・・1/4パック
卵黄・・・1個分
削り節・・・適量
しらす干し・・・適量

◆作り方
1.玉ねぎは縦薄切りにして水にさらし、水気をきります。貝割れ菜は根を落として半分に切ります。
2.玉ねぎと貝割れ菜を器に盛り、中央を少しくぼませたら卵黄をのせます。
3.削り節としらす干しを散らし、しょうゆをかけ全体をあえながら食べます。


人気レシピブログランキング
  


エビのマヨネーズ和え

中華料理では定番になっているエビのマヨネーズ和えです。

マヨネーズの良さが引き立つ料理です。エビマヨと略して呼ばれることも多いですね。子供も大人も満足なレシピではないでしょうか。

ソースさえ作れば、そんなに手間のかからない料理だと思います。是非ご参考にしてください。

◆材料(4人分)
大エビ・・・8尾
卵・・・2個
重曹・・・少々
塩・・・少々
うま味調味料・・・少々
片栗粉・・・大さじ2
キャベツ・・・1/2個
トマト・・・1個
すりゴマ・・・少々
揚げ油・・・適宜

〈マヨネーズソース〉
 マヨネーズ・・・500g
 エバミルク・・・100g
 練乳・・・100g
 レモンの絞り汁・・・1個分


◆作り方
1.エビの殻を剥き、背側に浅く切り目を入れます。背わたを引き出します。
2.ボウルに卵を溶き、重曹を塩、うまみ調味料を加えます。
3.片栗粉を少しずつ混ぜて、1のエビを10分程漬け込みます。
4.別のボウルにレモン汁以外のマヨネーズソースの材料を合わせます。よく混ぜてとろりとしてきたら、レモン汁を加えます。
5.揚げ油を中温の160℃~180℃に熱して、3のエビがきつね色になるまで揚げます。
6.揚げたエビに4のマヨネーズソースを和えます。
7.キャベツの千切りやトマトのくし切りなどを一緒に皿に盛り付けます。
8.上からゴマをふりかけて出来上がりです。

<ポイント>
エビの下味に重曹を少し加えると、エビが柔らかくなります。また揚げた時にエビがプリプリに仕上がります。お好みでマヨネーズソースに、マスタードやわさびを加えても美味しく出来ます。


人気レシピブログランキング
  


  次のページ

インフォメーション
  • 口コミグルメTOP
  • Twitter検索なら
    • SEOブログパーツ
Mobile向けサイトはこちら