top

 

 スポンサードリンク

白身魚のワイン蒸し

本格的なフランス料理をご自宅で手作りしましょう。

手が込んでいそうで・・・実はとっても簡単!いつもの切り身の魚がおしゃれな、おもてなし料理に変身です。

白身魚は、鯛や鱈などお好きなものをどうぞ。

◆材料(2人分)
●白身魚(切り身)・・・2切れ
*鯛、鱈など。鮭でもおいしいです。
●塩、コショウ・・・各少々

●玉ネギ・・・1/4個
●マシュルーム・・・4個
●トマト・・・1/2個
●パセリ・・・少々

●バター・・・5g
●白ワイン・・・200ml

☆調味料
●バター・・・10g
●生クリーム・・・100ml
●塩、コショウ・・・少々

●付け合せ(クレソン、チャービルなど)・・・適宜

<つくり方>
◆下ごしらえ
1.白身魚に塩、コショウをふります。
2.玉ネギ、マシュルーム、トマト、パセリはみじん切りにします。

◆調理
3.圧力鍋に、バターと下味をつけた白身魚を入れ、白ワインを注ぎ、ひと煮立ちさせます。
4.ふたをして強火にかけ、圧力がかかってきたら(高圧)弱火にして2分加熱し、火を止めます。自然に圧力が下がるのを待ちます。
5.圧力が下がったら、ふたを開け、魚だけを取り出し、器に盛ります。
6.残った煮汁に☆調味料を加え、味をととのえてソースをつくります。
7.魚にソースをかけて、付け合せの野菜を添えて召し上がれ!


人気レシピブログランキング
  


サバとベーコンのワイン煮

背の青い魚(サバやイワシ、サンマなど)が、健康に良いとわかっていても苦手な人が多いようです。

ベーコンと一緒に白ワインで煮込むことで、魚臭さが気にならなくなり、おしゃれにいただけます。

これなら小さなお子様からおじいちゃん、おばあちゃんまでおいしく召し上がっていただけるでしょう。

◆材料(2人分)
●サバ(切り身)・・・1/2尾
●ベーコン・・・2枚
●玉ネギ・・・1/2個
●トマト・・・1/2個
●オリーブオイル・・・大さじ2

☆調味液
●スープ・・・1/2カップ(固形スープの素1/2個+分量の水)
●白ワイン・・・1/2カップ
●ローリエ・・・1枚

●刻みパセリ・・・適宜
●塩、コショウ、小麦粉・・・適宜

<つくり方>
◆下ごしらえ
1.サバは4等分のそぎ切りにし、全体に塩、コショウを軽くふり、小麦粉を薄くまぶして、余分な粉をはたいておきます。
2.ベーコンは8㎜の長さに切り、玉ネギ、トマトはみじん切りにします。

◆調理
3.圧力鍋にオリーブ油を熱し、1のサバを入れて両面をこんがりと焼き、いったん取り出します。
4.3の圧力鍋で、ベーコンをさっと炒めてから、玉ネギを加えて炒め合わせます。
5.4にトマトを入れて1~2分炒め、スープ、白ワインでのばし、3のサバを戻して、ローリエを加えます。
6.ふたをして強火にかけ、圧力がかかってきたら(高圧)弱火にし、3分加圧して火を止めます。自然に圧力が下がるのを待ちます。
7.圧力が下がったら、ふたを開けます。中火にかけ、塩、コショウで味をととのえ、少し煮詰めます。煮汁が少なくなってきたら、小麦粉の水溶き(大さじ1/2)で、とろみをつけます。
8.器に盛り、刻んだパセリをたっぷりと散らして召し上がれ!


人気レシピブログランキング
  


イカのつめ物白ワイン蒸し

ボリュームのある見栄えのする一品です。

ちょっと手間はかかりますが、おもてなしの料理にぴったりです。

イカは小ぶりなものを用意します。

◆材料(2人分)
●するめイカ・・・(小)2はい

☆詰め物
●玉ネギ・・・1/4個
●ベーコン・・・40g
●ゆで卵・・・1/2個
●刻みパセリ・・・大さじ1分
●パン粉・・・1/2カップ
●塩、コショウ・・・各少々

●スープ・・・カップ1(固形スープの素1+分量の水)
●白ワイン・・・カップ1

●水溶き小麦粉・・・大さじ1
●刻みパセリ・・・大さじ1

●油、小麦粉・・・少々
●黒オリーブ(あれば)・・・6個

<つくり方>
◆下ごしらえ
1.☆詰め物にする玉ネギ、ベーコン、ゆで卵はすべてみじん切りにします。
2.するめイカは、足とワタを抜いて洗い、皮をむき、軽く塩、コショウをします。胴は水気をふき、中に小麦粉をふります。足はみじん切りにします。

◆調理
3.フライパンに油大さじ2を熱し、刻んだイカの足と、玉ねぎ、ベーコン、ゆで卵、刻みパセリ、パン粉を順に炒め、塩、コショウをしてバットに広げてさまします。
4.2のイカの胴の中に、3をイカの半分くらいまで詰めて口をつま楊枝でとめて、軽く押さえ、形をととのえます。火がよく通り、パンクしないように全体に楊枝で穴をあけます。
5.圧力鍋に油大さじ1を熱し、4を返しながら全体を焼き付けます。
6.5にスープと白ワインを加え、ふたをして強火にかけ、圧力がかかってきたら(高圧)弱火にし、10分加圧して火をとめます。自然に圧力が下がるのを待ちます。
7.圧力が下がったら、ふたを開けます。煮汁に水溶き小麦粉を加えてとろみをつけ、パセリを散らします。
8.7のイカを輪切りにして、黒オリーブを飾ります。


人気レシピブログランキング
  


骨付き鶏もも肉とコーンのトマト煮

じっくりと煮込む料理には、骨付き肉が断然、お勧め!

コーンの自然な甘みとフレッシュトマトの酸味が絶妙です。小麦粉をまぶして焼き付けることで肉のうま味を封じ込め、香ばしさを出します。

圧力鍋を使った本格的レシピ「骨付き鶏もも肉とコーンのトマト煮」をご紹介します。

◆材料(2人分)
●鶏もも肉(骨付き)・・・4本
●塩、コショウ・・・各少々
●小麦粉・・・適量
●ニンニク・・・1片
●赤唐辛子・・・1本
●玉ねぎ・・・1/4個
●セロリ・・・1/2本
●フレッシュトマト・・・1個
*できれば、完熟がGood!ホールトマト缶1カップで代用してもOK!
●コーンの缶詰・・・(大)1缶

●オリーブオイル・・・大さじ1
●白ワイン・・・50ml
●ローリエ・・・1枚
●パセリ(みじん切り)・・・適量

<つくり方>
◆下ごしらえ
1.鶏もも肉は、塩、コショウをして小麦粉を全体にまぶし、余分な粉をはたいて落とします。
2.ニンニクは薄切りに、赤唐辛子は種を取り除きます。
3.玉ネギ、セロリはみじん切りにします。
4.トマトは粗いみじん切りにします。

◆調理
5.圧力鍋にオリーブオイルを熱し、2を香りが出るまで炒めてから、1の鶏肉を加えて表面全体に焼き色をつけます。
6.5に3の玉ネギとセロリを加え、玉ネギが透き通るまで炒めてから、4のトマトとコーン、白ワイン、ローリエを加えます。
7.ふたをして強火にかけ、圧力がかかってきたら(高圧)弱火にし、2分加圧して火をとめます。自然に圧力が下がるのを待ちます。
8.圧力が下がったら、ふたを開けます。塩、コショウで味をととのえます。
9.器に盛り、パセリのみじん切りを散らして召し上がれ!


人気レシピブログランキング
  


圧力鍋でパエリア

エビ、イカ、アサリ、それに鶏肉や玉ネギ、ピーマン、トマトを加えた具だくさんのパエリアです。

ちょっと下ごしらえが大変ですが、できあがった喜びは格別です。栄養満点で、お子さんからおじいちゃん、おばあちゃんまでおいしく召し上がっていただけます。

◆材料(2人分)
●米・・・2合

●大正エビ・・・4尾
●イカ・・・1/2はい
●アサリ(殻つき)・・・150g
●鶏骨付きぶつ切り肉・・・200g
●玉ねぎ・・・1/4個
●ピーマン・・・1個
●パプリカ・・・1/4個
●トマト・・・1/2個

●ニンニク・・・1片
●サフラン・・・小さじ1/4
●水・・・150ml
●オリーブオイル・・・大さじ1
●白ワイン・・・100ml

●ローリエ・・・1枚
●塩、コショウ・・・各少々
●固形スープの素・・・少々(砕いておきます)

●パセリ(みじん切り)・・・少々
●レモン・・・1/2個

<つくり方>
◆下ごしらえ
1.米は炊く30分前に洗って水気をきっておきます。
2.アサリは塩水に浸して砂だしし、殻と殻をこすりつけてよく洗います。
3.イカは足、ワタ、軟骨を取り除き、胴は輪切りにし、足は適宜に切ります。
4.鶏肉は塩、コショウ少々で味をつけておきます。
5.エビは背に縦の切り目を入れて背わたを除きます。
*頭をつけたままのほうがおいしいですし、見栄えがします!
6.玉ねぎ、パプリカ、ピーマンは1cm角に切ります。トマトはくし型に切ります。
7.ニンニクはみじん切りにします。
8.サフランは分量の水に浸して色を出し、茶漉しでこします。

◆調理
9.圧力鍋にオリーブオイルを熱し、下味をつけた鶏肉を焼き付け、表面に焼き色をつけたら、いったん取り出します。
10.9の圧力鍋にオリーブオイルを加え、みじん切りしたニンニクと玉ねぎを加えて炒め、香りが出たら、米を加えてよく炒め合わせます。
11.10にアサリ、イカ、エビを加えてさらによく炒めます。
12.11に白ワインを加えてひと煮立ちさせてから、9の鶏肉を戻し、パプリカとトマト、8のサフラン、ローリエ、砕いた固形スープの素、塩、コショウを加えます。
13.ふたをして強火にかけ、圧力がかかってきたら(高圧)弱火にし、3分加圧して火を止めます。自然に圧力が下がるのを待ちます。
14.圧力が下がったら、ふたを開けます。6のピーマンを全体に散らし、よく混ぜます。
15.器に盛り、パセリのみじん切りとくし型に切ったレモンを飾ります。


人気レシピブログランキング
  


前のページ  次のページ

インフォメーション
  • 口コミグルメTOP
  • Twitter検索なら
    • SEOブログパーツ
Mobile向けサイトはこちら