top

 

 スポンサードリンク

シーフードのパエリア

たっぷりとシーフードを使ったパエリアのレシピです。

◆材料(4人分)
米・・・1.5合
アサリ・・・1パック
エビ・・・8から12尾
茹でタコ足・・・2本
塩・・・少々
イカ・・・1パイ
タマネギ・・・1/2個
にんにく・・・2片
コーン缶・・・1缶(130g)
パプリカ赤・・・1個
ピーマン・・・1個
白ワイン・・・大さじ4
サフラン・・・小さじ1/3
熱湯・・・350ml
塩・・・小さじ1.5
こしょう・・・少々
オリーブ油・・・大さじ4
オリーブ・・・適量
レモン・・・1個
タバスコ・・・適量

◆作り方
1.あさりの殻と殻をこすって洗いざるに上げます。
2.エビは、殻をつけたままで足だけ取ります。背ワタも取り、水分を拭き取ります。
3.タコは、ぶつ切りにします。
4.イカは、も胴も足も綺麗に水洗いして、食べやすい大きさに切ります。
5.タマネギは、みじん切りです。
6.にんにくは、縦半分に切ってから芽を取り除き、再び縦半分に切ります。
7.コーンは、ザルで水を切ります。
8.パプリカとピーマンは、縦半分にして、種とヘタを取って縦4等分します。
9.サフランは、お湯にさらします。
10.レモンの半分は、4つのくし切り、残りのレモンは絞って汁にします。
11.フライパンにオリーブ油を入れます。強火でアサリ、エビ、タコ、イカを炒めて一度取り出します。
12.タマネギ、にんにく、コーンを炒めます。タマネギがしんなりしたら米を入れて炒め合せます。
13.米が透き通ったら白ワイン、サフランの湯、ローリエを加えていきます。
14.煮立てて塩とこしょうで味付けします。
15.煮立ったらレモン汁を加えます。お米がスープに浸かってない場合は水を足します。
16.フライパンに蓋をして中火で5分。アサリ、エビ、タコ、イカを綺麗に並べて再び蓋をします。
17.再び煮立たせて弱火にします。水分が少なくなるまで10分程煮ます。
18.更にパプリカとピーマンを並べて、蓋をして3分煮ます。今度は蓋をして5分で余分な水分を飛ばします。
19.オリーブを乗せて出来上がりです。
20.お好みで塩、こしょう、レモン汁、タバスコで食べます。


人気レシピブログランキング
  


とうふステーキ大根おろし添え

健康レシピの紹介です。昔から畑のお肉といわれるように、とうふは大豆の栄養がそのまま活かされています。

どんな食材とも相性がよく、使い方の幅を広げれば節約にも一役かってくれます。

消化吸収がよく、高たんぱくで低カロリーの健康食品です。木綿どうふや絹ごしどうふ、焼きどうふなど種類も豊富です。

できたてのやわらかさや甘みを味わえる、おぼろどうふや寄せどうふもスーパーでみかけるようになりましたね。

水分の多いとうふは傷みやすいので早めに食べましょう。使いかけのものは水洗いをして水を張った密閉容器に入れて冷蔵庫で保存しましょう。

◆材料
木綿どうふ・・・2丁
大根おろし・・・適宜
あさつき・・・適宜

◆作り方
1.とうふは好みの厚さに切り水切りして薄く小麦粉をまぶします。(水きりは厚手のキッチンペーパーに包み10分ほどおいておくとよい)
2.フライパンにゴマ油大さじ2を熱し、中火で両面をきつね色になるまで焼き中まで火を通します。
3.焼いたとうふに大根おろしをお好みの量をのせ、あさつきを散らして、しょうゆをかけていただきます。

〈味がえ〉
てりやきソース
 しょうゆ大さじ3、みりん大さじ2、砂糖大さじ1を煮詰めてソースを作ります。焼いたとうふの上にかけ万能ねぎやしょうがをのせます。
お好みソース
 お好み焼きにつけるソースをフライパンに入れ、焼いたとうふをいれ焦げない程度に焼きます。削り節と万能ねぎを散らします。


人気レシピブログランキング
  


じゃがいもと豚肉のオイスター炒め

春先から出回る新じゃがは、冬に植えたじゃがいもを通常の収穫時期よりも早く収穫したものです。

最近では、それぞれの生産地でその年に初めて収穫したものをさすようです。

新じゃがのもつみずみずしい風味を損なわないようしっかり洗って皮ごと食べましょう。

水分が多く長期保存に適していないため1週間から10日ほどで食べきるようにします。

◆材料
新じゃがいも・・・4個
豚肉・・・150g
ピーマン・・・2個
オイスターソース・・・大さじ2

◆作り方
1.新じゃがとピーマンは同じ太さに細切りにし、新じゃがは水にさらします。
2.豚肉は千切りにして、酒小さじ1、しょうゆ大さじ1、片栗粉小さじ2をまぶします。
3.フライパンに油大さじ1を熱し、ピーマンを炒めていったん取り出します。
4.3のフライパンに油少々を入れ豚肉を炒め、水気をきった新じゃがを加えて歯ごたえが少し残る程度までいためたらピーマンをフライパンに戻し、みりん少々、オイスターソースで味を整えてできあがりです。


人気レシピブログランキング
  


豚キムチ

キムチが好きな人は多いと思いますが、あの臭いを気にしてキムチを控えている女性も結構いると思います。

発酵食品のキムチは美容にも健康にもよいのですが、独特の臭いがあるので日本では、どうしても男の料理のイメージが強いですね。

この豚キムチのレシピも男の料理をイメージしていますが、野菜を好みで足したり最後に卵でとじたりすると辛さもマイルドになり、子どもや女性でも食べられる料理になります。

豚キムチを使ってできるアレンジレシピも、一緒に紹介しておきますね。

◆材料(2人分)
白菜キムチ・・・150g
豚薄切り肉・・・150g
砂糖・・・大さじ1
しょうゆ・・・大さじ1/2
ごま油・・・大さじ1

◆作り方
1.豚肉は食べやすい大きさに切り、白菜キムチも刻んでいないものであれば、食べやすく切っておきます。
2.キムチに砂糖を加え、もみこんでおきます。
3.フライパンか中華鍋にごま油を熱し、キムチを炒めます。キムチは加熱することで香りや旨味がアップしますので、よく炒めて旨味を引き出してください。
4.そこへ豚肉を入れて炒め、肉に火が通ったらしょうゆを回しいれて全体に混ぜたら出来上がりです。

アレンジ1「豚キムチ焼きうどん
豚キムチにキャベツも加えて炒め、うどん1玉をレンジで1分チンしてから加え、よく味を絡ませます。
仕上げにかつお節をたっぷり乗せていただきます。

アレンジ2「豚キムチパスタ
豚キムチをフライパンで炒め、バターと少しの牛乳(一人分で50mlほど)を加え、そこに茹でたスパゲティを入れて混ぜ合わせます。

アレンジ3「豆腐と豚キムチのグラタン
豚キムチと一緒にしめじを炒め、そこへホワイトソース缶、2cm角に切った豆腐を加え、味を整えます。
耐熱容器に移し、上に溶ろけるチーズを乗せ230℃のオーブンで10分ほど、色よく焦げ目がつくように焼きます。


人気レシピブログランキング
  


とろける豚の角煮

箸がすっと入ってしまうほど、柔らかく煮込まれたコクのある豚の角煮は、多くの居酒屋にはおそらく定番メニューとしてあると思います。

いかにもプロの味という感じがしますよね。そんな上級者向け料理に見えてしまう豚の角煮も、じっくり煮ることで家庭でもプロ級の味が楽しめるのです。

鍋に材料を入れてじっくりコトコトと、たまには時間をかけて料理を楽しんでみませんか?

◆材料(8人分)
豚バラ肉ブロック・・・1kg
長ネギの青い部分・・・2本分
しょうが・・・2片
紹興酒・・・2と1/2カップ
たまり醤油・・・大さじ4
塩・・・小さじ1
水・・・4カップ
氷砂糖・・・100g

◆作り方
1.豚肉は8等分に切り分け、長ネギは鍋に入る大きさに切り、しょうがはぶつ切りにし、これらを鍋に入れて水をひたひたくらいに注ぎます。
2.1の鍋にふたをして強火にかけ、沸騰するまで茹でたら一度ざるに上げて茹で汁を切ります。鍋をざっと洗い、肉だけをもう一度鍋に並べて入れます。
3.2の鍋に氷砂糖、紹興酒、たまり醤油、塩、水を加えます。弱火にかけ、ふたをして2時間半煮ます。途中で浮いてくるアクと脂を丁寧にすくい取ります。煮汁が少なくなったら水を足し、肉が常に煮汁に隠れている状態をキープします。
4.さらに1時間半ほど煮込み、煮汁が8分目くらいになるまで煮詰めます。肉を器に盛り、煮汁をかけます。好みでからしをつけていただきます。

ちなみに残った煮汁にゆで玉子を漬けておくと、おいしいしょうゆ玉子が出来上がります。
レシピというほどではありませんが、肉の旨味が溶けているおいしい煮汁を生かしてもう一品できてしまうのも嬉しいですね。


人気レシピブログランキング
  


  次のページ

インフォメーション
  • 口コミグルメTOP
  • Twitter検索なら
    • SEOブログパーツ
Mobile向けサイトはこちら