top

 

 スポンサードリンク

ブロッコリーと牛肉の炒め物

ブロッコリーは、栄養価が高く価格も安いキャベツを改良した野菜です。

ビタミンC、A、B、鉄、カルシウム、食物繊維、リンなどがバランスよく含まれています。

選ぶ際はつぼみが密集していて、緑が鮮やかでかたく、茎が太めで切り口が新しいものを選びましょう。

冷蔵庫でポリ袋にいれて立てて保存します。すぐに使い切れない場合はかために茹でて冷凍するとよいでしょう。

茹でる際は小分けに切り分けます。切ったそばから水に2~3分つけて、つぼみのなかにあるゴミや小さい虫を取り除きます。

栄養価の高い茎は捨てず、小さめに切りチャーハンやスープ、卵焼き、炒めものなどに利用しましょう。

◆材料
ブロッコリー・・・1株
牛切り落とし肉・・・200g
オイスターソース・・・大さじ1
にんにく・・・1片
下味(酒・しょうゆ・かたくり粉・油・大さじ2、しょうが汁少々)

◆作り方
1.一口大に切った牛肉に下味をつけます。
2.ブロッコリーは小分けに切り、油でさっと炒めます。湯をいれて30秒ほど下ゆでし、ざるにあげて水気をきります。
3.油を熱し、みじん切りにしたにんにくを炒めて、牛肉も炒めます。色が変わってきたらブロッコリーを戻して、オイスターソース、酒大さじ1、塩・こしょうで味付けをし皿に盛ります。
お好みで、水溶きかたくり粉でとろみをつけ、豆板醤で辛味をつけてもおいしいですよ。


人気レシピブログランキング
  


かぼちゃグラタン

かぼちゃは、カロチンが豊富で夏場のスタミナ補給や、冬の風邪予防に役に立ちます。ビタミンC、カルシウム、鉄、リンなどのミネラルや、食物繊維も多く含まれているので、美容やダイエットにおすすめの野菜です。

輸入物が増えて一年中出回るようになりました。皮が硬くて色が濃く、実がしまっていてズッシリと重みのあるものがおいしいです。

カットしてあるものは傷みが早く味もおちるので、使いきれる量だけ購入しましょう。

1個買った時は皮と種を取り4つ割りにして、15分ほど蒸し、使わない分は完全に冷ましてラップをして冷蔵庫で保管すれば4日ほどは大丈夫です。まるごとのかぼちゃは常温で長期保存が可能です。

◆材料
かぼちゃ(蒸したもの)・・・1/4個
合びき肉・・・150g
とろけるチーズ・・・30g
パセリ・・・適宜

作り方
1.かぼちゃは細かくつぶして塩、コショウを少々ふりまぜます。
2.合いびき肉を油でいためて塩、コショウで味付けします。
3.耐熱皿に2のひき肉を均一に敷き、かぼちゃを平らにのせ、チーズを全体に散らします。
4.約250度で予熱しておいたオーブンに3をいれて6~7分焼き、刻みパセリを散らしてできあがりです。


人気レシピブログランキング
  


トマトと玉ねぎのサラダ

「トマトが赤くなると医者が青くなる」というヨーロッパのことわざがありますが、二日酔い、高血圧の予防、夏バテ回復にも効果的な体に良いトマトです。

完熟トマトは、青いトマトに比べて3倍ものビタミンCがありますよ。ビタミンA、Cが豊富で美しい肌を保つことにも一役かってくれそうです。

そのままでも十分おいしいトマトですが、材料の組み合わせやソースの変化で美味しさもアップするのが魅力です。スープや炒めものなどにも利用できます。

ヘタは鮮やかな緑色でピンとしているもの、皮にツヤがあり丸みがあってはっているものが、美味しいトマトです。

◆材料
トマト・・・3個
玉ねぎ・・・1/2個
にんにく・・・1かけ
粉チーズ・・・適宜

〈ドレッシング〉
 サラダ油またはオリーブ油・・・大さじ2
 酢・・・大さじ2
 塩小さじ・・・1/2
 こしょう・・・少々

◆作り方
1.玉ねぎは薄い輪切りにして水にさらし、トマトは1cmの輪切りにします。
2.ドレッシングの材料を混ぜ合わせ、みじん切りにしたにんにくを加えます。
3.器にトマトをもりその上に水気をきった玉ねぎをのせて、2のドレッシングをかけ粉チーズをふりかけてできあがりです。


人気レシピブログランキング
  


ピーマンの鶏ひき詰め

ピーマンは、独特のクセがあり苦手な人も多い野菜ですが、安くて栄養たっぷりの野菜なので、食べないのは損ですよ。

緑のピーマンのほかに、肉厚でやわらかくて甘みのある、赤・黄・オレンジなどのカラフルなものも出回っているので、クセが苦手な人は利用してみては。

油と相性がよく、味にひと工夫した詰め焼きや炒めものなどバリエーションは豊富です。

食欲が落ちる夏場の夏バテ防止や疲労回復に効果的です。選ぶ際はへたの切り口が新鮮で色が濃く張りとつやがあり重みのあるものを。

動脈硬化や高血圧の予防に期待できるピーマンの節約健康レシピを紹介します。

◆材料
ピーマン・・・4個
鶏ひき肉・・・200g
〈A〉
 卵1・・・個
 しょうが汁・・・少々
 しょうゆ・・・小さじ1
 酒・・・小さじ2
 オイスターソース・・・少々
 かたくり粉・・・大さじ1

◆作り方
1.ピーマンはへたをとり、種をくりぬき、1.5cm幅の輪切りにする。(幅はお好みで)端の切りくずは細かく刻みます。
2.ひき肉にAと切りくずを合わせてねりまぜ、ピーマンに詰めたら表面にかたくり粉をまぶします。
3.油をひき2を焼き、中まで火が通ったらいったん取り出します。
4.3のフライパンにしょうゆ、みりん各大さじ5と砂糖大さじ1を煮詰め、ピーマンを入れ、からめて味をなじませてできあがりです。


人気レシピブログランキング
  


チンゲンサイと豚肉の炒め物

チンゲンサイは、淡白なので下ゆでせずに気軽に利用できます。ビタミンA、C、カルシウム、鉄が豊富な緑黄色野菜です。

葉は、肉厚でピンと立っているものを、茎は、みずみずしくハリがあり、傷のないものを選びましょう。ポリ袋に入れて立てて冷蔵庫で保存します。

茎の部分には泥が入り込んでいることが多いので丁寧に洗います。料理の仕上がりが水っぽくならないように根本の部分までよく水気を切ります。

◆材料
チンゲンサイ・・・4かぶ
豚肉・・・150g
にんにく・・・1片
〈下味〉
 酒・しょうゆ・かたくり粉・・・各大さじ1
 すりおろしたしょうが・・・少々
 サラダ油・・・小さじ1
オイスターソース・・・大さじ1

◆作り方
1.チンゲンサイは葉と茎にわけてきり、太い茎は縦半分にします。
2.豚肉は一口大に切り、下味の材料をよくもみこみ10分ほどおいておきます。
3.油を熱し、先に茎を炒めてから葉を加える。塩少々と湯を加えて30秒ほど下ゆでをする。ざるにあげよく水気をきります。
4.油でみじん切りにしたにんにくを炒め、豚肉を炒める。色がかわってきたらチンゲンサイを鍋に戻します。
5.オイスターソース、酒大さじ1、塩・こしょう少々で味付けをして手早く炒めます。シャッキっとした歯触りを残すため調味料等は事前に準備しておき、余熱が通らないように出来上がったらすぐに皿に盛りつけてできあがりです。


人気レシピブログランキング
  


前のページ  次のページ

インフォメーション
  • 口コミグルメTOP
  • Twitter検索なら
    • SEOブログパーツ
Mobile向けサイトはこちら