top

 

 スポンサードリンク

ヤーコンのオーブン焼き、リーキのポトフ

新野菜のヤーコンとリーキを使ったレシピを2つご紹介してみたいと思います。

参考にしてみてください。

ヤーコンのオーブン焼き
ヤーコンという新野菜を使い、トマトと重ねてオーブンで焼きます。

○材料(4人分)
 ヤーコン :1本
 トマト  :1~2個(大きいものなら1個、小さいものなら2個)
 ミニトマト:1パック

 オリーブオイル :適量
 塩       :適量(少々)
 パセリ     :刻んだものを少々

○作り方
 1.ヤーコンの皮をむき、3~5ミリ程の厚さに切り、水にさらします。
 2.トマト8~10ミリほどの厚さに切ります。
 3.ミニトマトを半分に切った後に、オリーブオイルで炒めます。
 4.耐熱皿に、切ったヤーコンとトマトを少しずらしながら重ねて並べます。
   並べたらオリーブオイルと塩をかけます。
 5.オーブン(200度)で10分ほど焼いたら出来上がり。
 6.パセリを散らします。

 ※ヤーコンはアクが出やすく、さらしても焼いた後にアクが出てしまうので、できるだけ早めに食べるようにしましょう。


リーキのポトフ
リーキという新野菜と、鶏肉を使ったポトフを作ってみたいと思います。

○材料(4人分)
 リーキ    :300グラム
  ※太いものなら1本、細いものなら2本程度
 鶏肉(むね肉):1枚
 手羽元    :4~6本
 セロリ    :1本
 にんじん   :1本

 水      :適量
 ローリエ   :1枚
 塩      :適量

 粒マスタード :大さじ1

○作り方
作り方はいたってシンプルで簡単です。

1.粒マスタード以外の材料を鍋に入れて水をひたひたになるまで入れ、火にかけます。
2.最初は中火で火を入れ、沸騰したら弱火にして30~40分ほど煮込みます。
  (目安は野菜が柔らかくなる程度です。)

3.できあがり

4.粒マスタードをつけてお召し上がりください。


人気レシピブログランキング
  


葉タイプの新野菜(ルッコラ、キタアカリ)

葉タイプの新野菜はアレンジが簡単なうえ、下ごしらえも簡単です。

つまり今までの料理にお手軽に使うことができます。炒めたり茹でたりして、楽しんでいただければと思います。

栄養価が高いことでも知られる新野菜は、現在市販されている野菜ジュースにも使われているなど、味の良さにも注目されるようになってきています。

ここでは、葉ものの新野菜レシピをご紹介いたします。

○新野菜、ルッコラを使ったレシピ
ルッコラのサラダ
 材料(全て4人分となります)
  ルッコラ :2束
  しょうゆ・レモン汁:各小さじ2
  いりゴマ :適量
  ごま油  :大さじ3~4

 作り方
  ・ルッコラの下ごしらえをします。
   ルッコラの根の部分を切り取って洗った後、水気をよく切っておきます。
  ・しょうゆ、レモン汁、いりゴマと下ごしらえしたルッコラを混ぜ合わせます。
  ・ごま油を熱しておきます。
  ・熱したごま油を調味料と合わせたルッコラ全体にまわしかけてでき上がりです。

ホタテとキタアカリのソース(ルッコラ)がけ
 材料(全て4人分となります)
  キタアカリ:4つ
  ホタテ  :4~6個
  ルッコラ :2束
  塩    :適量

  バージンオイル:大さじ4
  松の実  :小さじ1~1.5
  レモン汁 :小さじ1~1.5

 作り方
  ・キタアカリの皮をむき、食べやすい大きさに切ります。
  ・キタアカリを水に塩を入れて、水の状態から柔らかく茹でていきます。
  ・ホタテは塩を入れた熱湯で茹でます。このとき茹ですぎないように気をつけてください。
  ・ルッコラを適当な大きさに切り、バージンオイル、松の実、レモン汁と加え、フードプロセッサーでソース状にして、キタアカリとホタテと混ぜ合わせる。


人気レシピブログランキング
  


新野菜コリアンダー

コリアンダーはセリ科の植物で、原産地は地中海沿岸といわれています。セリに似ているので、香味野菜として使われることが多いです。

スパイスとして使われるのが一般的なコリアンダーは、オレンジとセイジを合わせたような甘い香りが特長的です。

古代エジプトでは薬草として使われていいました。それが中国に伝わり、漢方などにも使用されていたようです。

現在の中国では漢方のほかにも、肉や魚の臭み消しなどの香味野菜としても使用されています。

日本人の嗜好に合わなかったのか、日本では普及しなかったのですが、最近ではスープ、揚げ物、炒め物などに少量使われたり、エスニック料理としても使われているようです。

コリアンダーの天ぷらレシピをご紹介してみたいと思いますので、参考にしてみてください。

○材料(4人分)
 コリアンダー→ 60~70グラム
 レモン   → 1個
 花椒塩   → 適量
 小麦粉   → 100~200cc
 
 ◇天ぷらの衣◇
 卵     → 半分
 水(冷水) → 1カップ
 
○作り方
 1.コリアンダーの下ごしらえとしては、コリアンダーを洗った後、よく水気を切り、根本を切り落として5~6センチ位の食べやすい長さに切ります。

 2.コリアンダーに小麦粉を薄くつけ(付けすぎた場合は払い落としてください。)、その後に衣の材料を混ぜたものにつけ、160度位の中温で揚げます。

 3.レモンと花椒塩をお好みでつけてお食べください。


人気レシピブログランキング
  


飽食の時代の新野菜たち

栄養価が高く、健康に良いとされている新野菜、珍しい野菜が注目されています。飽食の時代の今だからこそ、新野菜の栄養価が私たちに必要なのではないかと思います。

主な新野菜をご紹介してみたいと思いますので、参考にしてみてください。

寒締めホウレン草
寒締ホウレン草は、従来のホウレン草が持っている効果(造血作用やガン予防効果など)に加えて、ビタミンC、カロテンが含まれているためにかなり栄養価が高くなっています。
また、この寒締めホウレン草は、生態防御反応が備わっていて、寒すぎるために自分自身が凍るのを防ぎます。そうすることで甘さが増えていくのです。
美容面にとても効果があり、甘味は保湿成分として効果があり、ビタミンCはコラーゲンの生成や美肌・美白成分に効果が期待できます。カロテンは、体内の粘膜の保護、肌の防御に効果が期待できます。

ツルムラサキ
インドのほうれん草ともいわれる新野菜です。栄養価が高く、ビタミン類やカルシウム、鉄分などが多く含まれています。
ツルムラサキには独特の風味があり、切るとぬめりがでるのが特長です。

エンサイ
別名、空心菜とも呼ばれていて茎が空洞になっている新野菜です。
食べ方は、炒めものや汁物の具材に適しています。

ロケットサラダ
ロケットサラダという面白い名前の新野菜があります。
ルーコラとも呼ばれています。どちらかと言うと、この名前の方が親しみがあるかも知れませんね。味はゴマのような風味が特徴です。
食べ方は、生でサラダとして食べるのはもちろん、イタリアの方では煮込んでいただく料理にも使われています。

マーシュ
葉っぱの形が羊のような形をしている新野菜です。その形からラムレタスとも呼ばれているようです。
食べ方は、サラダなど生で食べるのに適している新野菜です。

コウサイタイ
茎や葉やつぼみを食べることができる新野菜です。
寒い地方でとれると甘味も増して、色合いも鮮やかになるようです。食べ方はお浸しや酢の物、和え物などに使用できます。


人気レシピブログランキング
  


新野菜ねぎにらで血行促進

一見普通のニラに見える新野菜のねぎにらをご存知でしょうか?

普通のニラは葉の断面が平らですが、ねぎにらは三角形の空洞になっています。

文字どおりねぎにらは、『長ネギ』と『ニラ』」を交配させて作り出した新野菜です。ニラの生産量が日本トップクラスの栃木県宇都宮市が、より軟らかくて美味しいニラを作ろうと品種改良したものです。

新野菜なので栄養価は高く、長ネギやニラに比べて糖分・鉄分・カロテン・食物繊維が多分に含まれています。

シャキシャキっとした歯ごたえと甘味が楽しめる新野菜です。長ネギとニラにはない特徴として、ニンニクの香りがするということもあります。

ねぎにらの効果としては、ねぎとにらの両方の効果がうまい具合に混ざりあい、ネギの血行促進効果・疲労回復・風邪予防、ニラの薬・スタミナ剤・老化防止としての効果が期待できます。

また鉄分とカロテン効果で、老化した血液を新しく再生させてくれる効果も期待できます。

ねぎにらの調理法は、ぬたにして食べるのはいかがでしょうか。ねぎにらの効果が増して期待できると思います。

ニラの豆知識
今でこそニラは、血液サラサラ効果が期待できるといわれていますが、整腸剤としても利用されており、明治時代から日本では栽培されているようなのです。

寒い地方では重宝がられている野菜で、ニラを食べることで体を温めることができるのです。

風邪予防・殺菌作用・疲労回復などの、薬としての役割も果たしていた野菜だったわけです。利用の仕方によっては、肉の臭みを消す効果もあります。

あの独特のニラの臭いを嫌う人も多いと思いますが、ニラの臭いは、ニラに含まれる硫化アリルという成分からきているからだそうです。この硫化アリルという成分には、内臓の働きを助ける効果があるそうです。


人気レシピブログランキング
  


前のページ  次のページ

インフォメーション
  • 口コミグルメTOP
  • Twitter検索なら
    • SEOブログパーツ
Mobile向けサイトはこちら