top

 

 スポンサードリンク

ヤイラ・チョルバス(ミント風味のヨーグルトスープ)

トルコでは主食がパンであるがゆえに、米食文化の日本人には想像もつかないような自由な発想でお米という食材を生かしているような気がします。

トルコ料理のメゼ(前菜)の定番、ドルマはトマトやピーマン、ムール貝に松の実入りのピラフを詰めたものです。

トルコのデザート、シュトゥラッチは、お米を牛乳とお砂糖で煮てコーンスターチで冷やし固めた、ライス・ミルクプリンです。さらにそれをオーブンで焼いたのが、フルン・シュトゥラッチです。

そのほかに、牛乳で煮込んだライスペーパーでクルミを巻いたギュルラッチというデザートもあります。

ヤイラ・チョルバスは、ミント風味の爽やかなヨーグルトスープです。

このスープは実は、お米をヨーグルトとスープストックで煮込んだものです。お味は?意外なおいしさ・・・きっとそう思われることでしょう。

◆材料(4人分)
・米・・・50g
・プレーンヨーグルト・・・300g
・チキンスープ・・・750ml
・卵・・・1/2個
・小麦粉・・・小さじ2
・ペパーミント・・・大さじ1
・レッドペッパー・・・小さじ1
・塩・・・小さじ1

◆つくり方
1.お米は洗ってざるにとっておきます。
2.鍋にチキンスープを入れ、1のお米を入れてとろみがつくまで煮ます。
3.お米が柔らかくなったら、火を止め、粗熱をとります。
4.ボールにヨーグルト、卵、小麦粉、塩を入れて混ぜ合わせ、3の鍋に少しずつ入れていきます。
5.弱火にかけ、焦げないように混ぜながら煮ます。
6.塩で味を調え、仕上げにペパーミント、レッドペッパーをふりかけ、召し上がれ!

私たちは、お米をよく知っているようで、実は知らないお米の魅力がたくさんあるのかも知れませんね。


人気レシピブログランキング
  


ハイダリ(ヨーグルトディップ)

ハイダリは、ヨーグルトのディップです。トルコのヨーグルトは、まるで生クリームを食べているような水気のない濃厚なものです。

トルコの主食であるパンにつけて食べるよう、ディップが出されます。

日本のプレーンヨーグルトを使う場合は、たっぷりの時間をかけて水きりして使うとよいでしょう。

◆材料(1回で作る適量)
・プレーンヨーグルト・・・1パック500gのものを2パック
・オリーブオイル・・・1カップ
・ニンニク・・・2片
・ミント(乾燥させたもの)・・・大さじ2
・ディル・・・小さじ1
・塩・・・適量

◆つくり方
1.ヨーグルトを清潔な布巾で包み、水分を落とします。
*2時間以上かけ、しっかりと水分をきってください。

2.ニンニクをすりおろし、オリーブオイルに入れて火にかけます。
*焦がさないように気をつけます。

3.ニンニクの香りがたってきたところで、ミントとディルを加え、火を止めます。

4.大き目のボールに1のヨーグルトと3を入れ、塩で味を調節すればできあがりです。

パンのほか、野菜スティックにつけて食べても美味しいですよ。


人気レシピブログランキング
  


ドマテス・チョルバス(トマトスープ)

トマトは、トルコ料理に欠かせない素材です。トマトソースで煮込んだ肉料理はトルコ料理の定番ですし、新鮮なトマトをサラダでいただくこともよくあります。

トマトの美味しさを凝縮させたトマトスープのドマテス・チョルバスは、トマトの爽やかな酸味を十分堪能できる一品です。

裏ごししてトマトを煮込むので、さらっとした口当たりです。ホールトマトの缶でも美味しくできますよ。

◆材料(2人分)
・ホールトマト・・・1缶
*フレッシュトマトがあれば、ぜひ利用してください。
・バター・・・40g
・小麦粉・・・大さじ2
・スープストック・・・2カップ
*ない場合は、分量の水とチキンコンソメ1個で代用OK!
・塩、コショウ・・・少々
・クルトン、パセリ・・・お好み

◆つくり方
1.ホールトマトをミキサーに入れて、細かくしてから裏ごしします。
2.鍋にバターを入れて弱火にし、小麦粉を入れます。
3.溶かしたバターを小麦粉に絡めるようにしながら、焦がさないように1分くらい炒めます。炒めることで粉クサさをのぞきます。
4.3に1のトマトを入れ、だまにならないように混ぜます。
5.スープストック、塩、コショウを入れてかき混ぜながら煮詰めます。
*4の段階でだまが出来てしまった場合は、ここで一度こすと良いでしょう。
6.味を確かめ、スープにとろみがついてきたらできあがり!

クルトンやパセリを散らしてお召し上がりください。


人気レシピブログランキング
  


テルビィエリ・ドマテスチョルバス(溶き卵入りトマトスープ)

ドマテス・チョルバスは、トルコではお馴染みのトマトスープです。

バターと小麦粉でとろみが効いているので、さらりとしていながらも腹持ちがするスープです。

このスープの仕上げに溶き卵を加えたのが、溶き卵を入れたトマトスープ「テルビィエリ・ドマテスチョルバス」です。卵を加えることでなめらかになります。

テルビィエ」卵を溶いてスープの中に入れることを指します。仕上げにレモンを絞るとさっぱりとした味わいが、一層引きたちます。

◆材料(2人分)
・ホールトマト・・・1缶
*フレッシュトマトがあれば是非、利用してください。
・バター・・・40g
・小麦粉・・・大さじ2
・スープストック・・・2カップ
*ない場合は、分量の水とチキンコンソメ1個で代用OK!
・塩、コショウ・・・少々
・卵・・・1個
・レモン汁・・・大さじ1
・クルトン、パセリ・・・お好み

◆つくり方
1.ホールトマトをミキサーに入れて細かくしてから裏ごしします。
2.鍋にバターを入れて弱火にし、小麦粉を入れます。
3.溶かしたバターを小麦粉に絡めるようにしながら、焦がさないように1分くらい炒めます。炒めることで粉クサさをのぞきます。
4.3に1のトマトを入れ、だまにならないように混ぜます。
5.スープストック、塩、コショウを入れてかき混ぜながら煮詰めます。
*4の段階でだまが出来てしまった場合は、ここで一度こすと良いでしょう。
6.味を確かめ、スープにとろみが付いてきたら、基本のドマテス・チョルバスの完成です。
7.ここから「テルビィエリ・ドマテスチョルバス(溶き卵入りトマトスープ)」に挑戦です。
溶き卵を1個にレモン汁小さじ1を混ぜておきます。できあがったドマテス・チョルバスを少しすくって、1に混ぜ、その上で、スープにかき混ぜながら入れます。
8.仕上げにクルトン、パセリなどを散らせて召し上がれ!


人気レシピブログランキング
  


フルン・スゥットゥラッチ(焼きライス・ミルクプリン)

お米の新たな魅力を発見です。お米を牛乳と砂糖で煮て、コーンスターチで固めたのが、焼きライス・ミルクプリンです。

スゥットゥラッチという名前で、トルコのデザートの定番になります。

普通は冷蔵庫で冷やしていただきますが、焼いたスゥットゥラッチもあり、まさに焼きプリンなのです。

プルンとした触感が魅力の冷たいスゥットゥラッチ。

焼き色のついた表面からスプーンを入れ、中をすくったときのとろんとしたまろやかさが魅力の、焼いたフルン・スゥットゥラッチ。

これがお米からできているとは、信じられないくらいです。

◆材料(2人分)
・米・・・1/2カップ
・牛乳・・・1.5カップ
・砂糖・・・1.5カップ
・上新粉・・・大さじ2
・コーンスターチ・・・大さじ1/2
・牛乳・・・大さじ5
・熱湯・・・1.5カップ
・卵黄・・・
・バニラ・・・
*アイスクリーム、シナモンなど・・・お好みで

◆作り方
1.お米は熱湯を入れてふたをし、1時間寝かせておきます。
2.コーンスターチと上新粉を大さじ5の牛乳でよく混ぜておきます。
3.1のお米の水を切って牛乳といっしょに鍋に入れ、弱火で20分混ぜながら煮ます。
4.砂糖を加えて5分混ぜます。
5.2をもう一度かき混ぜてよく溶かしてから、4の鍋の中に混ぜながら入れ、さらに5分間煮ます。
6.とろみがついたら火を止めます。
7.6を耐熱の器に分けて入れます。このとき大さじ5くらいの材料を残しておきます。
8.7で残しておいたものの粗熱がとれたら、卵黄とバニラを混ぜます。
9.これを耐熱容器に分けた7のスゥットゥラッチの上に薄く塗るようにのばします。
10.天板にのせ、オーブンで5~10分で焼きます。表面に焼き色がついたら出来上がりです。
11.粗熱が取れたら冷蔵庫に入れて冷やして食べます。

*お好みでシナモンやアイスクリームなどのせて召し上がれ!


人気レシピブログランキング
  


  次のページ

インフォメーション
  • 口コミグルメTOP
  • Twitter検索なら
    • SEOブログパーツ
Mobile向けサイトはこちら