top

 

 スポンサードリンク

若竹煮

だし汁としょうゆと調味料で、下茹でしたたけのこを煮た後に、ワカメを加えて煮たものが若竹煮です。

新たけのこと新ワカメは、春を告げる食材なのです。春先の出会いものとして煮物・汁物に活躍する組み合わせですね。

★ポイント!
・はじめに濃いめのだし汁でたけのこに味を含ませたあと、だし汁を加えて全体として薄味に整えて煮るとふっくらとした上品な仕上がりになります。
・ワカメはあまり煮過ぎないことが大切。

*レシピでは、すでに下ゆでした「ゆでたけのこ」を用いています。皮付きのたけのこをゆでる方法は、【たけのこの茹で方】をご参照ください。

◆材料(4人分)
・ゆでたけのこ・・・550g〈たけのこのゆで方は下記参照〉
・ワカメ(戻したもの)・・・30g
・木の芽(あれば「山椒の若葉」)・・・12枚
・だし汁・・・カップ6

*調味料
・薄口しょうゆ・・・大さじ3
・砂糖・・・大さじ3
・塩・・・小さじ1

◆下ごしらえ
・ゆでたけのこ・・・約1.5の輪切りにします。
・ワカメ・・・水につけて柔らかくなるまで戻し、3cm幅に切ってざるにあげ、水気をきっておきます。

◆つくり方
1.鍋にだし汁の半量(カップ3)と調味料を入れて味付けしたあと、たけのこを加えて落しぶたをして弱火で約30分煮ます。
2.たけのこに充分に味がしみたら、1の鍋に残りのだし汁(カップ3)を加えて煮立てます。
★コツ!
この段階で、ちょうどお吸い物くらいの味付けに整えます。

3.2にワカメを入れて、1~2分ほど煮ます。
4.器にたけのことワカメを盛り、煮汁をたっぷりとかけ、木の芽をあしらいます。春一番のお味を召し上がれ!


人気レシピブログランキング
  


ひき肉詰め豆腐とたけのこの中華煮

ひき肉を香ばしく揚げた豆腐にのせ、たけのこやしいたけ、エビも加えて煮込んで、とろりとしたボリュームのあるおかずです。

★ポイント!
・豆腐はしっかりと水気をきることが大切。
・豆腐は高温の油でからりと揚げます。

*レシピでは、すでに下ゆでした「ゆでたけのこ」を用いています。皮付きのたけのこをゆでる方法は、【たけのこの茹で方】をご参照ください。

◆材料(4人分)
・豆腐・・・2丁
・豚ひき肉・・・100g
*肉の下味A
・塩・・・小さじ1/3
・コショウ・・・少々
・酒・・・小さじ2
・ネギ・・・みじん切り大さじ3

・エビ・・・4尾
*エビの下味B
・塩、コショウ、酒・・・各少々

*調味料C
・砂糖・・・大さじ1/2
・酢・・・大さじ1/2
・酒・・・大さじ1
・しょうゆ・・・大さじ1
・塩・・・1/2
・スープ・・・11/2カップ
(スープは分量の水に固形スープの素1個を溶かす)

・ゆでたけのこ・・・1本分
・干ししいたけ・・・3枚
・グリーンピース・・・1/3カップ

・片栗粉・・・少々
・揚げ油・・・適宜
・水溶き片栗粉・・・片栗粉大さじ1を同量の水に溶かします。

◆下ごしらえ
1.豆腐は水気をきって1丁を2等分します。
2.ひき肉に下味Aを混ぜてあわせ、4等分して丸くまとめておきます。
3.エビは背わたと殻をとり、下味Bをつけます。
4.干ししいたけとたけのこは食べやすい大きさに切ります。

◆つくり方
1.豆腐を高温の揚げ油で揚げます。
2.1の豆腐の上部をくり抜き、片栗粉をまぶします。
3.2の豆腐のくり抜いた上部に、下味をつけたひき肉と、エビをのせて軽く押さえます。
4.鍋に調味料Cを入れて、3を並べ、干ししいたけとたけのこも加えてひと煮立ちします。
5.水溶き片栗粉を入れてとろみがついたら、仕上げにグリーンピースを散らします。


人気レシピブログランキング
  


酢豚

酢豚は、中国の広東料理です。片栗粉でとろみを出した甘酸っぱいスープが特徴です。

豚肉のから揚げと野菜の素揚げをそのとろみスープにからませます。パイナップルには、お肉を柔らかくする効果もあります。

パイナップルを加えた甘酸っぱさは、お子さんも大好きですよね。

ピーマン、ニンジン、たけのこなどを、ちょっと大きいかなと思うくらいに、ぶつ切りにして、モリモリいただきましょう。

★ポイント!
・肉は、初め160度の低温であげ、最後に油から出すときに、温度を180度にあげることで、表面がカリッとした仕上がりになります。

*レシピでは、すでに下ゆでした「ゆでたけのこ」を用いています。皮付きのたけのこをゆでる方法は、【たけのこの茹で方】をご参照ください。

◆材料(4人分)
・豚ロース肉・・・300g(厚さ2~2.5cmのステーキ用を切るとおいしい)

〈肉の漬け汁 A〉
・しょうゆ・・・小さじ2弱
・酒・・・大さじ1

・ゆでたけのこ・・・60g
・玉ネギ・・・1個
・干ししいたけ(水でもどしておく)・・・4枚
・ニンジン・・・1/2本
・ピーマン・・・2個
・パイナップル(缶詰)・・・2枚
・油・・・大さじ3

〈あわせ調味料 B〉
・中華だし・・・カップ1
・砂糖・・・大さじ6
・塩・・・少々
・しょうゆ・・・大さじ3
・トマトケチャップ・・・大さじ2

・酢・・・大さじ2弱

〈水溶き片栗粉 C〉
・片栗粉・・・大さじ2強
・水・・・大さじ4

◆下ごしらえ
1.豚肉は、表面全体に格子目を入れてから、2~2.5cmの角切りにします。
*格子目を入れることで火の通りがよくなり、あんがからみやすくなります。
2.1の豚肉を〈肉の漬け汁 A〉につけておきます。
3.野菜を準備します。
・たけのこ・・・一口大に切る。
・玉ネギ・・・くし型に切って、ほぐす。
・干ししいたけ・・・軸をとって2~3つの削ぎ切り。
・ニンジン・・・たけのこよりもやや小さめに切って4分ほどゆでる。
・ピーマン・・・縦に切り、タネをとって8つ乱切りにし、さっとゆでる。
・パイナップル・・・4つに切る。

4.〈合わせ調味料B〉、〈水溶き片栗粉C〉および酢を用意しておきます。
*火を入れたら一気に仕上げるために、あらかじめ準備しておくのがコツ!

◆つくり方
1.肉に溶き卵と片栗粉を加えて混ぜ、160度の揚げ油で約3分揚げたあと、油の温度を180度にあげてからりと揚げます。
2.中華なべに油を熱して、玉ネギを炒めます。玉ねぎが透き通ってきたら、しいたけ、たけのこ、ニンジンを加えてさらに炒めます。
3.〈合わせ調味料B〉を回し入れ、1分煮ます。
4.最後に〈水溶き片栗粉C〉を鍋はだから回し入れ、手早く混ぜてから、酢を加え、さらに肉、ピーマン、パイナップルを加えて全体をざっくりと混ぜたら火を止めます。
5.熱々を器に盛っていただきます!


人気レシピブログランキング
  


姫皮の甘酢和え

さっぱりとした甘酢で、たけのこの最も柔らかい部分の姫皮を、木の芽の風味を効かせていただきましょう。

★ポイント!
・姫皮は、再度水につけてアクを取り除きます。

*レシピでは、すでに下ゆでした「ゆでたけのこ」を用いています。皮付きのたけのこをゆでる方法は、【たけのこの茹で方】をご参照ください。

◆材料(4人分)
・ゆでたけのこ(姫皮)・・・100g
*甘酢
・酢・・・小さじ2
・砂糖・・・小さじ1
・しょうゆ・・・小さじ1
・塩・・・少々

・木の芽・・・少量

◆下ごしらえ
・姫皮・・・再度水につけてアクを取り除き、せん切りにします。
・木の芽・・・刻みます。

◆つくり方
せん切りにした姫皮を甘酢で和え、木の芽を散らして完成です!


人気レシピブログランキング
  


たけのこのすりおろし団子

お弁当のおかずにもピッタリな、たけのこ料理です。

たけのこの根元部分を、すり下ろしてなめらかにした鶏ひき肉を加えて団子にし、照り煮風に甘辛く煮詰めてみました。

★ポイント!
・鶏ひき肉は、なめらかになるまで、すり鉢でよくすります。すり方が足りないと粘りが足らず、うまく団子になりません。
・卵はつなぎの役目をします。肉が柔らかくなってから入れます。
・生地がかなり柔らかいのでうまく団子にならないときは、ぬらした左手に生地を取り、親指と人差し指の間から絞りだすようにして小さなスプーンですくいとり、熱湯のなかに落とすといいでしょう。
・コクを出したいときには、ゆでる代わりに油で揚げてもいいでしょう。ただし、口当たりが少し固くなります。

*レシピでは、すでに下ゆでした「ゆでたけのこ」を用いています。皮付きのたけのこをゆでる方法は、【たけのこの茹で方】をご参照ください。

◆材料(4人分)
・ゆでたけのこ(根元部分)・・・100g
・鶏ひき肉・・・200g
・干ししいたけ・・・1枚
・卵・・・1/2個
・小麦粉・・・大さじ2

・水・・・2

*調味料A
・砂糖・・・大さじ2
・しょうゆ・・・大さじ3
・みりん・・・大さじ1

・白ごま・・・少々
・木の芽・・・少々

◆下ごしらえ
・たけのこ・・・おろし金ですりおろします。
・鶏ひき肉・・・すり鉢のなかでなめらかになるまでよくすります。
・干ししいたけ・・・水で戻し、できるだけ細かいみじん切りにします。

◆つくり方
1.よくすった鶏ひき肉に、すったたけのことみじん切りにした干ししいたけを加え、砂糖、しょうゆを入れて味付けしたあと、つなぎの小麦粉と卵を入れてさらによくすり混ぜます。
2.鍋にカップ2の水を煮立てます。
3.1のタネを一口大の団子にまとめ、2の熱湯のなかに入れて2?3分ゆでます。
4.肉ダンゴの入った3の鍋に調味料Aを入れて、煮ます。
5.煮汁が少なくなってきたら、鍋を振りながら煮詰めて照りを出します。
6.器に盛り、白ごまをふって出来上がり!木の芽を添えれば季節感が出ますね。


人気レシピブログランキング
  


  次のページ

インフォメーション
  • 口コミグルメTOP
  • Twitter検索なら
    • SEOブログパーツ
Mobile向けサイトはこちら