top

 

 スポンサードリンク

八宝菜

中国の広東省のお正月料理のひとつである八宝菜は、鶏肉や豚肉、エビやあわびなどの肉類や魚介類、たけのこ、ピーマン、にんじん、しいたけなどの、野菜類やきのこ類などの具材を合わせて炒め、片栗粉のあんでとろみをつけた料理です。

八宝菜の八は、『たくさんの、数多くの』という意味です。8種類という意味ではないのです。

★ポイント!
・強火で一気に仕上げるのが、旨みを逃さないコツです。
・具材は大きさをそろえて切ることで熱の通りを均一にします。
・具材を鍋に入れる前に、油をよく鍋に馴染ませておくと焦げにくいです。
・具材の量は、鍋の大きさの半分を限度にします。具材が多すぎると温度が下がり、水っぽくなってしまいます。

*レシピでは、すでに下ゆでした「ゆでたけのこ」を用いています。皮付きのたけのこをゆでる方法は、【たけのこの茹で方】をご参照ください。

◆材料(4人分)
・豚肉(薄切り)・・・100g
・小エビ・・・70g
*下味A
・塩・・・小さじ1/4
・酒・・・大さじ1
・コショウ・・・少々
・卵白・・・大1/2個分
・片栗粉・・・大さじ1

・イカ・・・80g
・うずらの卵・・・8個
・ゆでたけのこ・・・60g
・干ししいたけ・・・1枚
・ニンジン・・・1/2本
・白菜・・・2枚
・サヤエンドウ・・・12枚
*中華スープ
・水・・・11/4カップ
・固形中華だしの素・・・1個
・ネギ・・・1/2本
・ショウガ・・・薄切り4枚
*調味料
・塩・・・小さじ1弱
・しょうゆ・・・大さじ1
・酒・・・小さじ2

*水溶き片栗粉
・片栗粉・・・大さじ1
・水・・・大さじ1

・サラダ油

◆下ごしらえ
・豚肉は一口大に切り、えびは殻と背わたを取り、いっしょにして下味Aにつけておきます。
・イカは薄皮をむき、鹿の子に切り目を入れてから2cm角に切ります。
〈鹿の子〉
イカの裏側を上にして、切り離さないように注意しながら5mm間隔に、包丁を斜めに倒すようにして切り目を入れたあと、切り目が十字に交わるようにして方向を変えて切り目を入れます。
・うずらの卵はゆでて殻をむいておきます。
・干ししいたけは、ぬるま湯で戻し、石づきをとって1cmの短冊切りにします。
・たけのこ、ニンジン、ピーマンは大きさを揃えて、短冊切りにします。
・白菜は大きくざく切りにします。
・ネギは1cm幅のざく切り、ショウガは薄切りにします。
・絹さやは筋を取ります。

*中華スープを作ります。
1.ネギはぶつ切り、ショウガは薄切りにして包丁の背で叩きます。
2.鍋に水と固形だしの素、1のネギとショウガをいれ、加熱したら中火にして10分煮、ネギとショウガを取り出します。
3.調味料で味をととのえます。

◆作り方
1.中華なべ(フライパン)に油を熱し、豚肉、エビ、イカの順に炒めます。
2.1の色が変わったら、野菜類を加え、さらに炒めます。
3.味をととのえた中華スープを加えて煮立てます。
4.水溶き片栗粉を鍋はだから回し入れ、とろみがついたら出来上がり!

ご飯にかけると、「五目中華丼」になります!


人気レシピブログランキング
  


たけのことニンニクの芽の炒め物

中華風の炒め物にたけのこを使います。たけのこと干ししいたけに、ニンニクの芽を加えることで、より中華料理らしさが増します。

ニンニクの芽のまろやかな甘みと、たけのこの歯ざわりをいただきます。

★ポイント!
・ニンニクの芽は炒めすぎるとシャキッした歯ごたえがなくなります。さっと炒めて、いったん取り出します。
・たけのこ、ニンニクの芽、しいたけ、そして豚肉も、すべて細切りにして形と大きさを揃えることで火の通りを均一にします。
・水溶き片栗粉でとろみをつけることで味が素材にからみやすくなります。
・ネギとショウガを油で炒めることで香りを出します。

*レシピでは、すでに下ゆでした「ゆでたけのこ」を用いています。皮付きのたけのこをゆでる方法は、【たけのこの茹で方】をご参照ください。

◆材料(4人分)
・ゆでたけのこ・・・100g
・ニンニクの芽・・・200g
・干ししいたけ・・・2枚(戻して軸を取り除く)
・豚赤身薄切り肉・・・160g
*下味A
・塩、しょうゆ、酒・・・少々
・片栗粉、油・・・各小さじ2

・ネギ・・・6cm分をみじん切り
・ショウガ・・・粗みじんを小さじ1/2強
・油・・・大さじ4

・しょうゆ・・・大さじ1弱
・酒・・・大さじ1

・顆粒中華だし・・・大さじ1
・水溶き片栗粉・・・片栗粉小さじ1/2を水小さじ1で溶きます。

・酢・・・小さじ1/2弱
・ごま油・・・小さじ1/2弱


◆下ごしらえ
・ニンニクの芽・・・根元の堅い部分を除いて、塩少々の湯で2分ゆでて水にとったあと、水気をきって5cmほどに切ります。
・たけのこ、しいたけ・・・ニンニクの芽と同じ長さに細切り。
・豚肉・・・繊維に沿って長さ5cmに細切りにし、Aで下味をつけ、片栗粉と油をふりまぜます。
・ネギ、ショウガ・・・粗みじん切りにします。
・酒としょうゆを合わせておきます。

◆作り方
1.中華なべに油大さじ1を熱し、ニンニクの芽を炒めたあと、いったん取り出します。
2.残りの油を中華なべに足し、ネギとショウガを炒めます。香りが出たら豚肉を加え、色が変わるまで炒めます。
3.2にたけのことしいたけを加え、1のニンニクの芽を戻します。
4.酒としょうゆを合わせたものを鍋肌から回し入れ、ダシを加えます。水溶き片栗粉を入れ、仕上げに酢とごま油を加えて火を止め、出来上がりです。


人気レシピブログランキング
  


たけのこと鶏肉のレモン風味炒め

卵白を混ぜこんだ衣が、鶏肉のジューシーな旨みをとじ込めています。

レモン風味の爽やかな炒め物です。旬の時期、柔らかなたけのこと一緒ににいただきたい一品です。

★ポイント!
・レモン汁の香りが飛ばないよう、調味料を加えたあとに入れます。

*レシピでは、すでに下ゆでした「ゆでたけのこ」を用いています。皮付きのたけのこをゆでる方法は、【たけのこの茹で方】をご参照ください。

◆材料(4人分)
・鶏肉(胸肉)・・・300g
〈A下味〉
・酒・・・小さじ2
・塩、コショウ・・・少々

・卵白・・・2個分
・片栗粉・・・大さじ4
・揚げ油

・ゆでたけのこ・・・80g
・キュウリ・・・1本
・ニンジン・・・1/2本
・生しいたけ・・・2個

〈B合わせ調味料〉
・中華だし・・・1カップ
・しょうゆ・・・小さじ4
・砂糖・・・小さじ1
・酒・・・小さじ4
・塩・・・少々

・レモン汁・・・大さじ4

〈C水溶き片栗粉〉
・片栗粉・・・大さじ1
・水・・・大さじ2

・ごま油・・・小さじ1強

◆下ごしらえ
1.鶏肉は厚さ7mmほど、長さ5cmの削ぎ切りにして、〈A〉で下味をつけます。10分ほどしたら、卵白を入れて混ぜ、片栗粉をまぶします。
2.野菜を準備します。
・たけこの・・・厚さ4mm、長さ4cmの縦の薄切り。
・キュウリ、ニンジン・・・4cmの斜めに切り、縦に薄く切ります(出来上がりがひし形になるように)。ニンジンは軽くゆでておきます。
・しいたけ・・・軸を除いて一口大の削ぎ切り。
3.〈B〉を混ぜて調味料を作っておきます。

◆つくり方
1.揚げ油を160度に熱して、1の鶏肉を一枚ずつ広げて入れます。徐々に温度を上げて1~2分揚げたら取り出します。そして油温を175度に上げ、肉をもどして20~30秒カラリと揚げます。
2.中華なべに油を熱して、たけのこ、しいたけをいためます。キュウリ、ニンジンを加えていためます。
3.2に〈B〉を入れ、さらにレモン汁を加えて煮立ったら、〈C〉を加えてとろみをつけます。
4.1の鶏肉を加えてざっくりと混ぜ、ごま油を振り入れて全体に大きく馴染ませて出来上がり!


人気レシピブログランキング
  


姫皮と木の芽の白和え

たけのこの穂先を取り巻いている柔らかい部分を姫皮といいます。デリケートなので、ふわっとした白和えにするのがぴったりです。

柔らかな穂先から歯ごたえ充分な根元まで、たけのこにはそれぞれの美味しさがあり、各部分の良さを生かして、丸ごと一本いただきたいものです。

★ポイント!
・姫皮は、再度水につけてアクを取り除きます。
・白和えの豆腐はよく水気をきります。面倒な水きりも、電子レンジを使えば簡単です。
・和え衣と具はいただく直前に和えることが大切です。

*レシピでは、すでに下ゆでした「ゆでたけのこ」を用いています。皮付きのたけのこをゆでる方法は、【たけのこの茹で方】をご参照ください。

◆材料(4人分)
・ゆでたけのこ(姫皮)・・・120g
・ニンジン・・・120g
・干ししいたけ・・・4枚
・木の芽・・・少々
・だし汁・・・カップ1/2
・砂糖・・・大さじ1
・しょうゆ・・・小さじ1/2

*白和え衣
・豆腐・・・1丁(400g)
・白胡麻・・・大さじ8強
・しょうゆ・・・大さじ1
・塩・・・小さじ1/2
・砂糖・・・大さじ3

◆下ごしらえ
1.具材を用意します。
・姫皮・・・再度水につけてアクを除き、せん切り。
・ニンジン・・・3cmの長さでせん切り。
・干ししいたけ・・・水に戻して、せん切り。
・木の芽・・・塩少々の熱湯でさっとゆでてから、刻みます
2.だし汁に砂糖としょうゆを加え、木の芽以外の1の具材を入れ、汁気がなくなるまで弱火で煮て、冷ましておきます。
3.白和えの衣を作ります。
A.豆腐を清潔な布巾に包み、よく水気をきっておきます。
*電子レンジによる水切り・・・電子レンジで4分(豆腐100gに対して約1分)加熱し、布巾に包んで軽く水気を絞ります。
*熱湯でゆで、布巾で絞ってもOK!
B.すり鉢に白胡麻を入れ、よくすりつぶします。
C.「B.」に豆腐、しょうゆ、砂糖、塩をいれ、よくすり合わせれば、白和え衣の完成。
4.食べる直前に、煮た具材と木の芽を衣で和えて器に盛ります。


人気レシピブログランキング
  


たけのこ入り雁もどき

雁もどきは、もともと精進料理で、肉の代用として使われていました。

水気をしぼった豆腐に、ニンジンやごぼう、ヤマイモなど、色々な具を混ぜ入れて丸め、油で揚げたものです。味を雁の肉に似せたとされる説が有名です。

たけのこと木の芽をたっぷり入れて、手づくりの雁もどきを作ってみましょう。

★ポイント!
・豆腐はしっかりと水切りし、水気を取り除くことが大切。
・豆腐はすり鉢でよくすり混ぜると仕上がりがなめらかです。
・タネに下味がついているので、油は低めの温度でじっくりと揚げます。

*レシピでは、すでに下ゆでした「ゆでたけのこ」を用いています。皮付きのたけのこをゆでる方法は、【たけのこの茹で方】をご参照ください。

◆材料(4人分)
・豆腐・・・1丁(400g)
・ゆでたけのこ・・・300g
・木の芽・・・10枚くらい
・干ししいたけ・・・1枚
・ネギ・・・10cmくらい
・卵・・・1/2個
・片栗粉・・・大さじ1
・ショウガ・・・1片
・塩・・・少々
・しょうゆ・・・小さじ1
・みりん・・・大さじ1
・白ごま・・・大さじ2

・揚げ油・・・適宜

◆下ごしらえ
・豆腐は、清潔な布巾に包み、よく水気をきっておきます。
*電子レンジによる水切り・・・電子レンジで4分(豆腐100gに対して約1分)加熱し、布巾に包んで軽く水気を絞ります。
*熱湯でゆで、布巾で絞ってもOK!
・ゆでたけのこは、せん切りにします。
・木の芽は、塩少々加えたたっぷりの熱湯でさっとゆで、水にとったあと、水気をきり、細かく刻みます。
・干ししいたけは、水で戻し、軸をとってせん切りに。
・ネギは粗みじん切に。
・ショウガはすりおろします。

◆つくり方
1.すり鉢に水切りした豆腐をつぶして入れてよくすり混ぜたあと、溶き卵を加えてすり、片栗粉、塩、しょうゆ、みりん、ショウガで味付けします。
2.たけのこ、木の芽、干ししいたけ、ネギを入れてざっくりと混ぜます。
3.スープ用のスプーンの先を油をくぐらせて2のタネをすくい、165℃の低めの油でじっくりと色がつくまで揚げます。
*生地に下味がついているので、このままでも充分おいしいですが、さっと油抜きしたあと、だし汁で含め煮にしても格別です!


人気レシピブログランキング
  


前のページ  次のページ

インフォメーション
  • 口コミグルメTOP
  • Twitter検索なら
    • SEOブログパーツ
Mobile向けサイトはこちら