top

 

 スポンサードリンク

鶏団子ちゃんこ鍋

もともと食事のことをちゃんこと呼んでいた相撲の世界で、肉類や魚介類、野菜をたっぷりと入れた寄せ鍋を、特に『ちゃんこ鍋』と呼ぶようになりました。

力士の体型のイメージから、ちゃんこ鍋を食べると太ると思われがちですが、実際は野菜たっぷりで栄養バランスの良いとてもヘルシーな鍋料理なんですよ。

◆材料(6人分)
○具材
白菜・・・1/2個
ニラ・・・5束
たまねぎ・・・3個
大根・・・1/3個
にんじん・・・1本
えのき・・・4束
もやし・・・4袋
糸こん・・・2パック
絹ごし豆腐・・・4丁
油揚げ・・・3~4枚
鶏がら・・・4羽
しょうが・・・適量
葱(青い部分)・・・適量

○鶏団子
鶏ひき肉・・・800g
卵・・・1個
たまねぎ・・・1/2個
ごぼう・・・1本
むきえび・・・80g
イカ・・・100g
しょうが・・・1/2個

○薬味

にんにく(おろし)
すりごま

○調味料
醤油(できれば濃口)

こしょう


◆下ごしらえ
○鶏団子
たまねぎ→みじん切りにする
ごぼう →みじん切りにして、あく抜きをする
むきえび→叩いて細かくする(ミンチ状にする)
イカ  →みじん切りにする
しょうが→絞り汁を用意する

○具材
食べやすい大きさに切ります。
大根  →下茹でする
にんじん→下茹でする
糸こん →塩もみしてから水洗いする

◆作り方
○鶏がらスープ
1.大き目の鍋にお湯を少なめに沸かします。
  沸いたら、鶏がらをサッとゆでます。
  その後、鶏がらを水洗いしておきます。
2.鍋に多めの水、しょうがを適量、葱、水洗いした鶏がらを入れて中火で煮込みます。
  このとき灰汁を取りながら3~4時間ほど煮込みます。
3.鶏がらの出汁が出たら、ザルかキッチンペーパーなどで漉します。

○鶏団子
団子の材料に、塩コショウを軽くして材料がまんべんなく混ざるように混ぜ合わせます。

○鍋
1.出汁を土鍋に適量入れ、沸騰させます。
2.鶏団子をスプーンなどで一口大に分け入れます。
3.団子に火が通ったら調味料を入れてスープに味付けをします。
4.野菜を火が通りにくいものから順番に入れて煮込みます。
5.煮えたらでき上がりです。作りたての鶏団子を楽しみましょう。


人気レシピブログランキング
  


土手鍋

土手鍋は、牡蠣などの貝類を味噌味でいただく鍋のことです。

牡蠣の他にはアサリやハマグリ、ホタテなども美味しいですよね。一緒に入れる野菜は、三つ葉やこんにゃくやセリなどが、貝類によく合う食材ではないでしょうか。

豚肉や、葱や春菊なども入れると、より一層楽しめますね。

土手鍋の名前通りに、土鍋のふちに味噌で土手を作って火にかけ、味噌の土手を崩しながら煮ていく方法をとります。

◆材料(4人分)
○具材
牡蠣・・・240g
焼豆腐・・・1丁
葱・・・2本
春菊・・・1束

○あわせ味噌
赤味噌・・・60g
白味噌・・・20g
みりん・・・大1
酒・・・大1
砂糖・・・大1
だし・・・大3~4

◆下ごしらえ
牡蠣・・・塩水、または大根おろしで洗った後、水気を切る
焼豆腐・・・削ぎ切り(角)にする
葱・・・斜め切りにする
春菊・・・食べやすい長さに切る
合わせ味噌・・・調味料を混ぜ合わせる

◆作り方
1.鍋に出汁汁と、葱を並べて、合わせ味噌で土手を作るようにして敷きます。
2.火にかけて熱くなったら牡蠣など具材を煮込みながら食べるだけです。

【ポイント】
牡蠣は熱しすぎると身も硬くなり、旨みも落ちますので、サッと火を通すだけで食べられる生食用を購入することをお勧めします。
合わせ味噌は少し多めに作っておいて、別に取っておいただし汁と一緒に、足りなければ味を調節しながら足していくのがいいと思います。


人気レシピブログランキング
  


韓国鍋の種類

韓国には日本と同じように、実に数多くの種類の鍋があります。

韓国人にとっての鍋料理=郷土料理という感覚は、日本人にも通じるところがありそうですね。

日本でもお馴染みの韓国鍋について、少しふれてみたいと思います。

韓国の鍋は、大きく分けるとチゲとチョンゴルの2つに分けることができます。


チゲ   →「鍋」の意味
チョンゴル→「寄せ鍋」「すき焼き」などの意味

チゲ

基本的には、一人用の鍋に具材や汁が入ったもので、湯(タン/スープ)よりは、味付けが比較的濃厚になります。

味付けの種類は、味噌・塩辛・コチュジャン・すまし風などの種類があり、具材には肉、野菜、豆腐、魚貝、キムチなどがあって、一度に全部入れて煮込むのが特徴的です。

日本では、「チゲは辛い」というイメージがあると思いますが、韓国では、あまり辛くないチゲもあります。

食べ方については、チゲ・ご飯・キムチ類の小皿(数皿)が出されます。韓国での一般的な食べ方は、チゲにご飯を入れてクッパのようにして食べることが多いです。


チョンゴル

日本でのチョンゴル(寄せ鍋)は、具材を鍋に全部入れた状態でテーブルに出されるというスタイルですが、韓国では材料を別にしておいて、調理しながら食べるというスタイルになります。

具材は、魚貝類(カニ・タコ・貝など)、肉、豆腐などを使用します。

大きな鍋と数多くの具材が並べられるので、チゲよりも豪華な雰囲気とボリューム感があります。

鍋自体は、3~4人で食べるくらいの量になっています。その量からみると日本の鍋料理に近いのはチョンゴルの方だと思われますね。


人気レシピブログランキング
  


スッポン鍋

スッポンは、さばき方が難しく値段も高いので、あまり一般的ではない食材です。でも、現在はさばいてあるスッポンを売っていますので、煮込むだけでおいしく食べることができます。

スッポンは、胃腸の働きをよくするだけでなく、美容にも良いとされています。

◆材料
スッポン(捌いてあるもの)・・・1匹
水・・・4000~6000cc
酒・・・200cc
しょうが・・・親指大2個分
醤油・・・大1

◆作り方
1.大きな鍋にスッポンを全部入れて、水と酒を加え生姜をそのまま入れます。
2.鍋の蓋はしないで、水の状態から強火で煮ていきます。
  ※生姜を入れる→水から煮る→蓋はしないというのはふぐの臭みを抜くためです。
3.強火で沸騰させたら灰汁が出ますので灰汁を取ってください。取り終わったら中火にして約2時間ほど煮込みます。
  ※ここでスッポンを煮込めば煮込むほどコラーゲンがたっぷり入ったスープが出来上がります。
4.最初に入れておいた生姜を鍋から取り出します。
5.塩で味付けしながら醤油を入れて味を整えます。
6.土鍋に移し、豆腐やお好きな野菜類を入れて少し煮込みます。
  ※このときスッポンの甲羅も是非土鍋に入れるようにしてください。甲羅から美味しい出汁が取れるはずです。

◆締め
締めはやっぱり「スッポン雑炊」ですよね。
1.鍋に残った具材を全て取り出し、水洗いしたご飯を入れて一煮立ちさせます。
2.とき卵を入れて軽く蒸らし、熱々のうちにお召し上がりください。
3.薬味などで味付けしてもいいです。


人気レシピブログランキング
  


常夜鍋

常夜鍋は、『じょうやなべ』、『じょうよなべ』、『とこやなべ』などと呼ばれていて、名前の由来は、毎晩食べても飽きないからとう理由でこの名前がつけられたそうです。

具材は豚肉、白菜、小松菜、ほうれん草などが主な具材になります。豚肉を使うので『豚ちり』『豚しゃぶ』と呼ばれることもあります。

常夜鍋のレシピは決まってないので、作り方は自由なのですが、土鍋に水を入れ、その中に昆布を敷き、日本酒を入れた出汁に具材を入れて煮込むのが基本的な作り方になります。

下ごしらえも簡単ですし、野菜がたくさん食べられることが魅力な鍋ですね。簡単なレシピをご紹介しますので、参考にしてみてください。

◆材料(4人分)
豚肉(しゃぶしゃぶ用)・・・300~400g
ほうれん草・・・2束
葱・・・1~2本
大根・・・1/2本
酒・・・適量

◆下ごしらえ
1.ほうれん草→半分に切ります。
2.葱    →斜め切りにします。
3.えのき  →根元を切ります。

◆作り方
1.鍋に水と酒を1:1の割合で入れます。(全部酒でもOK)
  ※このとき切れ目を入れたにんにくを鍋に入れても美味しく出来ます。
2.葱の芯のところから鍋に入れて火を入れます。
3.出来上がったらポン酢や大根おろし、柚子胡椒などお好みの調味料でいただきます。
4.スープが煮立ったら豚肉をしゃぶしゃぶして葱と一緒にいただくと美味ですよ。


人気レシピブログランキング
  


前のページ  次のページ

インフォメーション
  • 口コミグルメTOP
  • Twitter検索なら
    • SEOブログパーツ
Mobile向けサイトはこちら