top

 

 スポンサードリンク

鶏胸肉とトマトのチーズ焼き

安くて経済的な鶏胸肉は、主婦にはとっても強い味方です。

焼くことですごく甘くなるトマトは、野菜が苦手なお子様にもおすすめの一品です。最後にパセリを散らしても彩がよくなりますね。

◆材料(2人分)
鶏胸肉・・・1枚
プチトマト・・・5個
とろけるチーズ・・・1枚

塩コショウ
片栗粉
オリーブオイル

◆作り方
1.プチトマトを洗い、半分に切ります。
2.鶏胸肉を一口大に切り片栗粉をまぶします。
3.フライパンを温めオリーブオイルを入れたら、2を入れ炒めます。
4.プチトマトを入れ、炒めます。
5.軽く塩コショウします。
6.とろけるチーズを炒めた肉とトマトに乗せ、溶けたら出来上がりです。

<ポイント>
鶏胸肉に片栗粉をまぶすことでお肉が柔らかくなります。トマトはプチトマトじゃなくても美味しくできます

<食材の効能>
○鶏胸肉
鶏肉の脂身にはコラーゲンが含まれているので美肌効果が期待できます。また、コレステロール値を下げるナイアシンが含まれているので、動脈硬化の予防におすすめです。
○トマト
がん予防に効果を発揮すると言われています。また、リコピンが豊富に含まれており、肝臓病、循環器、動脈硬化など様々な効能が期待できる食品です。
○オリーブオイル
オリーブオイルはオレイン酸を大量に含み、コレステロール値を下げ、胃酸の分泌の調節をしてくれます。


人気レシピブログランキング
  


豚としめじの卵とじ

シンプルで、超簡単にできますがとっても美味しいですよ。酒の肴にもなりますし、お気に入りになると思います。

◆材料(2人分)
豚バラ肉・・・4枚
しめじ・・・1株
全卵・・・1個

〈A〉
塩コショウ
だし
味の素

◆作り方
1.サラダ油を大さじ1、フライパンに入れ温めます。
2.しめじの根元を切り落とし、バラバラに崩したものを入れ炒めます。
3.豚バラ肉を一口サイズに切ったものを入れ炒めます。
4.〈A〉の調味料を入れます。
5.卵を入れさっと火を通したら完成です。

<ポイント>
1.しめじを炒めるときはあまりかき回さず、両面こんがりと焼き色がつくまで、しっかり焼いて下さい。しっかり焼くことで、しめじの良い香りがたち食欲をそそります。
2.調味料は卵を入れる直前に入れて味付けしてください。あまり早くに入れると、しめじから水が出てしまいベタッとしてしまいます。
3.塩コショウは少し多いかなというぐらいがおすすめです。最後に卵でとじるので、濃いぐらいが調度良いです。
4.卵はあまり炒めず、半熟の状態で皿に取り出すと美味しいですよ。

<食材の効能>
○しめじ
咳を鎮める効果もあるので、風邪の時におすすめの食材です。胃腸の働きを整える効果もあります。
○豚バラ肉
豚肉の脂はコレステロールを下げる働きがあり、カロリーも意外に低いです。ビタミンB1を多く含んでおり、疲労回復に最適です。
○卵
レシチンが善玉コレステロールを増加させ、動脈硬化を予防するといわれています。


人気レシピブログランキング
  


豆腐ステーキ

もう一品欲しいときに役立つレシピです。とにかく簡単です。

絹豆腐を使うときは、歯ごたえを加えるためと崩れを防ぐために、少し水抜きするのをおすすめします。水抜きは、切った豆腐をキッチンペーパーで包み、電子レンジで30秒ほど加熱すれば簡単に出来ます。

◆材料(2人分)
豆腐(絹・木綿どちらでもOK)・・・1パック
大根・・・適量
ねぎ・・・適量
ごま油・・・大1/2
醤油・・・・適量
ポン酢・・・適量

◆作り方
1.大根をすりおろします。
2.ねぎを小口切りにします。
3.フライパンにごま油を入れて温めたら1口大に切った豆腐を両面焼き色がつくまで焼きます。
4.大根おろしとねぎを散らして醤油・ポン酢で召し上がれ!

<食材の効能>
○豆腐
大豆は畑から採れる肉と言われており、栄養がたくさん詰まった食材といえます。しかもヘルシーなので、ダイエットや美容に関心のある人には特におすすめの食材です。がん予防、便秘、記憶力アップ、美肌・脱毛、動脈硬化、更年期障害など様々な効果が期待できます。
○大根
生でいただくと、加熱して壊れてしまう栄養も摂ることが出来ます。おろすことで吸収しやすくなります。おろし大根は摩って時間がたつと、辛味や旨みとともに栄養も流れ出てしまうので、食べる直前に摩ることをおすすめします。


人気レシピブログランキング
  


簡単な豚丼

このレシピでは、豚こま肉ですが豚バラ肉や牛肉でも美味しく作れるので試してみてくださいね。

◆材料(2人分)
豚こま肉・・・80g
にんじん・・・1/4本
ピーマン・・・1個
玉葱・・・大1/2個
温泉卵・・・2個

〈調味料〉
 めんつゆ・・・200ml
 おろしにんにく(お好みで)・・・適量

◆作り方
1.にんじんは短冊切り、ピーマンは5mm幅、たまねぎは1cm幅に切ります。
2.豚こま肉は大きければ食べやすい大きさに切って下さい。
3.鍋にめんつゆ、おろしにんにく(お好みで)を入れて煮立て、1と2を入れ、蓋をして煮ます。
4.ご飯に3を乗せて、温泉卵を乗っければ出来上がりです。

<ポイント>
濃縮タイプのめんつゆを使う場合は水で少し薄めて使いましょう。
温泉卵は市販のものを使えば楽ですが、おうちでも簡単に作れるので時間があればチャレンジしてみてください。

◆温泉卵の作り方
1.お湯を沸かします。
2.キッチンペーパーをお湯で濡らして卵を包みます。
3.お湯の火を消し、卵をキッチンペーパーごと入れます。
4.約15分~20分で出来上がりです。

<食材の効能>
にんにく
にんにくは言わずと知れた栄養満点の食材です。古くから滋養強壮として使われ、その効き目も科学的に証明されているほどです。
にんにくの成分の一つである、アリシンは殺菌作用がとても強く風邪や鼻炎に効き目があります。ほかにも、疲労回復、新陳代謝を活発にする働きもあります。


人気レシピブログランキング
  


魚介たっぷりパスタ

魚介類をたっぷり使って、ちょっぴり贅沢なパスタを作ってみてくださいね。

手順が多そうで、一見難しそうですが、作ってみれば以外と簡単にできますよ。旬の魚介類を使って試してみても美味しいと思います。

◆材料(2人分)
パスタ・・・200g
えび・・・6尾
イカ・・・1杯
あさり・・・200g
にんにく・・・2かけ
赤唐辛子・・・2本

イタリアンパセリ・・・適量
レモン・・・1/2個

〈調味料〉
 オリーブオイル・・・50ml
 オリーブオイル・・・20ml
 塩・・・適量
 パスタの茹で汁


◆作り方
1.大きめの鍋にお湯を沸かして塩を入れ、パスタを茹でます。
2.アサリの砂抜きをします。
3.イカの胴体は輪切りに、足と耳は食べやすい大きさに切ります。
4.エビは殻を取り背わたを取り除きます。
5.にんにくのからを取り、包丁を横にしてにんにくを潰し、唐辛子は種を抜きます。
6.フライパンにオリーブオイル50mlとにんにくを入れてから弱火にかけにんにくの香りをじっくり出したら赤唐辛子を入れ、さらに香りを出します。
7.強火にしてアサリ、イカ、エビを入れエビの色が少し変わったらパスタの茹で汁を200ml加えて少し煮込みます。
8.エビの色が完全に変わったら、エビと唐辛子を取り出してさらにパスタの茹で汁を100ml加えます。
9.一度味見をして、薄ければ塩を、辛ければ水を入れ調節します。
10.材料に火が通ったらエビを戻し、茹で上がったパスタを入れオリーブオイル20mlを入れて混ぜます。
11.食べる直前に、イタリアンパセリとレモンを絞って召し上がれ!

◆ポイント
1.エビは火を入れすぎると堅くなってしまうので、色が変わったら一度取り出しましょう。
2.パスタの茹で汁で味付けをするので、塩は多いかなというぐらい入れてください。
3.にんにくは、弱火でじっくりと(5~6分くらい)火にかけることで香りがたちます。


人気レシピブログランキング
  


前のページ  次のページ

インフォメーション
  • 口コミグルメTOP
  • Twitter検索なら
    • SEOブログパーツ
Mobile向けサイトはこちら