top

 

 スポンサードリンク

肉料理のおもてなしについて

ボリュームがある肉料理は、食卓の主役になり華やかさを運んでくれます。肉料理の幅広いレパートリーの中に得意料理を持っている人も多いことでしょう。おもてなし料理としても数多く登場します。

肉料理のおもてなし料理としての前提は、
 冷めても堅くならないもの
 味がかわらないもの
 取り分けやすいもの
この3つが、肉料理をおもてなし料理にするときのポイントになります。

肉料理でお客様をもてなす場合、その他のポイントとしては、前もって下準備が可能なものを作るということです。特にかたまり肉を大人数向けに使う場合などは、下味をつけたり漬け汁に漬けたり、下煮をしたりと肉料理は、とかく下ごしらえに時間がかかるものですね。

でも逆に考えれば、準備さえ前もってしておけば、おもてなしの当日は火を入れるだけで済みますので、キッチンにひきこもらなくてもいいのです。肉料理も、漬け込むことにより美味しくでき上がり、一石二鳥になるわけです。

次のポイントは、一度に焼けるオーブンを活用することです。使い慣れたフライパンもよいですが、たくさんの料理を一度に作る場合、人数分を同時に食卓に出したいですよね。普段は、出番の少ないオーブンですが、おもてなし料理では大活躍すること間違いなしです。

集まったすべての人が満足できるボリューム感も大切です。集まったお客様が、みんなお酒を飲むとは限りませんね。お酒を飲む人に合わせると、味付けが片寄る場合もあったり、主食がなかなか出てこなくて、飲めない人が手持ち無沙汰になったりすることもありえますね。

そういう場合はパンを添えたり、タレやソースの種類を増やしたりして味に変化をつけるなど、どの人にも満足していただけるボリュームの持たせ方を工夫しなくてはいけません。

最後に、普段の食生活でも気をつけている人が多いと思いますが、肉料理の付け合せにはたっぷりの野菜を用意することを忘れないようにしましょう。サラダや和え物など、肉料理の付け合わせを用意するときは、お互いに対照的な味付けや食感にするとメリハリがついて、最後まで美味しくいただけます。


人気レシピブログランキング
  


いか飯

冷めても美味しいお弁当として、駅弁でも人気が高いいか飯です。

いか飯はお弁当だけでなく、お酒のつまみにも、またご飯が入っていてお腹にもたまるので、お客さまを招いたときのおもてなし料理としてもぴったりの一品なのです。

普段家庭では、いか飯は作られないかもしれませんが、来客予定があるときは、前もって作っておけるいか飯を用意しておくと、当日の仕度が少し楽になりますよ。

◆材料
もち米・・・1カップ
するめいか・・・中4はい
だし汁・・・適宜
しょうゆ・・・大さじ4
酒・・・大さじ4
みりん・・・大さじ4
つまようじ・・・4本

◆作り方
1.もち米は洗って、たっぷりの水に8時間ほど浸け、いかに詰める30分ほど前にザルに上げます。
2.いかは胴から内臓と足を一緒に引き抜いたあと、胴は洗って水気を拭いておきます。足は目から上の部分と足先とを切り取り、包丁の背で吸盤をこそげ落として洗い、食べやすい大きさに切り分けます。
3.いかの胴に1のもち米を1/4量ずつ詰め、口をつまようじで止めます。
もち米は煮ているうちにふくらむので、詰める量はもち米が余っても6分目までにしてください。
4.鍋にだし汁2カップと酒を入れて煮立て、3を並べ入れてから、いかが浸るまでだし汁をたっぷりと加えて煮ます。
5.煮立ったらアクを取り除き、クッキングペーパーなどで紙ぶたをして弱火で30分ほど煮、しょうゆとみりんを加えてさらに20分ほど煮たあと、足を加えます。
6.足に火が通ったら、胴とともに取り出します。残った煮汁は強火で煮詰め、とろみを出します。
7.6に胴と足を戻して煮汁をからめます。胴は食べやすく輪切りにし、足とともに器に盛り付けます。

いか飯を煮る際に胴を止めたつまようじですが、お客さまにお出しするときには外しておくことを忘れないでくださいね。


人気レシピブログランキング
  


夜のおもてなし

やはり昼間より夜に集まることが多いですよね。みんなで集まってお酒を飲みながら、飲んだり食べたりおしゃべりしたり。

夜の来客の場合は、朝から下準備に時間を使えるので、お昼のパターンよりは少し頑張って品数を増やしてもよいでしょう。

ですが、皆の食事を用意するためにキッチンにこもりっきりでは、ゲストの皆さんが気を使ってしまうこともあります。おもてなし料理にばかり頭が回っていては、疲れてしまいますし楽しめません。

もてなす側も一緒に楽しめるように、自信のあるおもてなし料理を一つ用意して、あとは市販品を並べる、そんな感じでもよいと思います。

夜のおもてなしには、前菜・おつまみ+主菜+主食+デザート(もちろんすべて手作りである必要はありません)があるとよいですね。

前菜・おつまみ
ビールや日本酒に合わせるならお刺身や和え物、ワインに合わせるならサラダやチーズなどがよいですね。おもてなし料理にはこってりしたものが割と多いので、あえて野菜を意識して出すようにしましょう。

主菜
ボリュームを持たせて準備しましょう。普段はなかなか挑戦できない凝った料理を登場させても盛り上がると思います。

主食
和食・中華ならご飯ものを、鍋料理なら最後にうどんや雑炊にするとよいでしょう。洋風のメニューなら、有名なパン屋さんのパンを並べると話題の的になるでしょう。

デザート
デザートには、季節の旬の果物を使ったものが喜ばれます。前日に作って冷やしておくと気持ちが楽ですね。

夜の集まりには、飲み物を数種類、用意しておくことも忘れずに。お酒を飲む、飲まない、またビール党、日本酒党と好みもさまざまです。
事前に好みを聞いておけるとよいですが、どんな方にも対応できるように、ソフトドリンクなども含めて数種類用意しておきましょう。


人気レシピブログランキング
  


お昼のおもてなしメニュー

お昼の時間に来客がある場合は、おもてなし料理のレパートリーから2~3品があれば賄えますね。

お客さまが集まる時間帯によって、おもてなしの内容は異なってくるものですね。朝起きて、たくさんの種類の料理を作るのは大変ですし、当日はテーブルの準備や部屋の片付けなどに時間を使いたいものです。

お昼の来客の場合は、前日に買い物と仕込みを済ませておき、来客予定時間の15分前までに仕上げられる段取りにするのがベストです。

お昼のおもてなし料理の構成は、前菜+主菜+主食+デザート、といったところですね。

前菜
刺身、和え物、サラダなど、簡単にパパッと出せるものを選びましょう。お酒を飲む場合は、おつまみ風のものを用意して出します。

主菜
品数が少ないお昼の主菜は、メイン料理のボリュームがあるものがよいでしょう。何種類かの食材を組み合わせたものだと、見た目、味ともに満足していただけるものになります。煮物は前日に作り置きしておくと当日の仕上げがぐっと楽になります。

主食
お酒よりも食事がメインになることが多いのが、お昼のおもてなしですが、お寿司、混ぜご飯、リゾット、ビーフンなど、お酒を飲む場合にも合うメニューを選ぶこともポイントです。余裕があれば汁物も用意できるといいですね。

デザート
ランチの後のデザートは、美味しいケーキ屋さんで買ってきたり、インターネットのお取り寄せを利用するのもよいですね。コーヒーや紅茶と一緒に出して、楽しいランチタイムを締めくくってください。


人気レシピブログランキング
  


ミートローフお子様向け

ひな祭りのパーティーやお誕生日会、幼稚園のママ友達との集まりなど、メインの招待客が子どものときは、おもてなし料理も大人用とはちょっと違ったものを用意します。

大人も好きですが、子どもの大好きなミートローフを紹介します。ハンバーグをちょっとオシャレにした感じのミートローフは、何となく改まった雰囲気があって、おもてなし料理にはピッタリです。

◆材料
牛豚合挽き肉・・・500g
玉ねぎのみじん切り・・・1/2個分
にんにくのみじん切り・・・小さじ1
卵・・・1個
食パン・・・1枚
牛乳・・・大さじ3
白ワイン・ブランデー・トマトペースト・・・各大さじ1
塩・・・小さじ1
黒こしょう・ミックスハーブ・・・各小さじ1/2
ピスタチオ・・・20g
ドライいちじく・・・25g
ベーコン・・・2枚

◆作り方
1.食パンの耳を取り除き、細かくちぎって牛乳に浸します。
2.大きめのボウルにベーコン以外のすべての材料と1を入れて、粘りが出るまでよく混ぜ合わせます。
3.焼き型の内側に薄く分量外のサラダ油を塗って、底にベーコンを敷きます。
4.2を3にきっちり詰めて表面を平らにならし、180℃に余熱しておいたオーブンで45分焼きます。
5.焼きあがれば2cm厚さに切り分け、それぞれの皿に盛り付けます。お好みでデミグラスソースやトマトソースをかけていただきます。

ドライいちじくやピスタチオなど、意外な素材を組み合わせてみましたが、アスパラやブロッコリーなど、中に入れるものを自分なりにアレンジするのがいい思います。


人気レシピブログランキング
  


前のページ  次のページ

インフォメーション
  • 口コミグルメTOP
  • Twitter検索なら
    • SEOブログパーツ
Mobile向けサイトはこちら