top

 

 スポンサードリンク

もやしの汁物

和風、洋風、どちらのスープにもよく合うのがもやしです。

味噌汁の具、今日は何にしようと迷ったときに、冷蔵庫の野菜室にもやしがあればもうOKですね。火の通りが早いので、あっという間にできあがり、ボリュームも出ます。

簡単もやしレシピには、あっという間にできることが不可欠な要素ですね。ここでは和風の味噌汁と、洋風のコンソメスープを紹介します。

味噌汁
◆材料(4人分)
もやし・・・1袋
卵・・・4個
水・・・800ml
だしの素・・・小さじ2
味噌・・・大さじ4

◆作り方
1.鍋に水を沸騰させ、もやしとだしの素を入れます。
2.再び煮立ったら味噌を溶き入れ、食べる直前に卵を落とし、半熟に固まったところで火を止めます。

家庭で使用する味噌の種類によって、塩気の違いや味の違いがありますので、普段の割合で加えてください。卵の固さも、お好みに応じて加熱時間を加減してくださいね。

コンソメスープ
◆材料(4人分)
もやし・・・1袋
玉ねぎ・・・1個
水・・・800ml
コンソメキューブ・・・2個
しょうゆ・・・大さじ1
塩コショウ・・・少々
水溶き片栗粉・・・適量

◆作り方
1.鍋に水を入れて沸騰させ、そこへもやしとスライスした玉ねぎを加えます。
2.再び煮立ってきたら、コンソメ、しょうゆ、塩コショウで味を整え、水溶き片栗粉で軽くとろみをつけます。


人気レシピブログランキング
  


もやしのお浸し

毎日の食事に欠かせない食材の値段が、どんどん高くなってきています。そんな中、野菜コーナーで値段を上げずに並んでいるもやし。安くて量もあり調理も簡単となれば、この食材を有効に利用しない手はないでしょう。

もやしを主役とした超簡単レシピの、もやしのお浸しを紹介したいと思います。

◆材料
もやし・・・1袋
かつお節・・・適量
しょうゆまたはポン酢・・・適量

◆作り方
1.もやしは、ひげ根を取り除き熱湯でさっと茹でて冷水に取ります。
2.茹でたもやしの水気をきったら、器に盛りかつお節を乗せて、しょうゆかポン酢を好みでかけていただきます。

たった2つの作り方工程で、できあがる超簡単もやしレシピ。もやしのお浸しは、手軽にできる箸休めの代表ですが、もやしも茹で方に気を配れば、シャキッと歯ごたえのある瑞々しい一品になります。

お浸しの定番ともいえる葉もの野菜(小松菜やほうれん草など)は、天候や季節などによって価格の変動がありますが、もやしのお浸しなら年間通して価格は安定しています。

もやしのひげ根は、取り除いた方が舌触りも見た目も断然よくなります。ひげ根を取る作業はなかなか手間なので、調理にかけられる時間と相談して、取るか取らないかを使い分けてもよいでしょう。栄養面から見ると、取らずにそのまま食べた方がよいのだそうです。


人気レシピブログランキング
  


そば風もやし

和え物やお浸しなどの、どちらかというと箸休め的な料理が浮かぶ簡単もやしレシピですが、あと一品欲しいときには、小鉢に盛り付けたもやし料理はもってこいですね。

しかしここでは、もやしをたっぷり食べたいときにもってこいの、簡単もやしレシピを紹介します。もやしをおそばのようにモリモリ食べてください。家計にも優しい低価格なもやしを主役にしたメニューです。

温かいかけそば風にしたい場合は、つけ汁にだし汁を適量加えて温め、もやしの上に汁をかけます。

◆材料
もやし・・・2袋
だし汁・・・2カップ
みりん・・・1/2カップ
しょうゆ・・・1/2カップ
油揚げ・・・2枚
長ネギ・・・適量

◆作り方
1.もやしは、ひげ根を取り除き熱湯でさっとゆで、冷水にとってから水気を切ります。
2.油揚げは、熱湯をかけて油抜きをし2cm幅に切ります。
3.鍋にだし汁、みりん、しょうゆを合わせて煮立て、2の油揚げを加えてさらに少し煮てつけ汁を作ります。
4.長ネギを小口切りにして1のもやしと一緒に器に盛り付け、3のつけ汁をつけていただきます。

長ネギの小口切りを乗せ、好みでごま油をふっても美味しくいただけます。もやしだけでなく大根の千切りをさっとゆでたものも一緒におそば風にいただくこともできます。

もやしと大根を麺類のように楽しめ、おまけにヘルシーで嬉しいメニューになります。大根は15cmほどの長さに切り、縦薄切りにしてから繊維に沿って千切りにします。ゆでるときはもやしと同様、熱湯で1~2分、軽くゆでてください。


人気レシピブログランキング
  


もやしピクルス

自家製のピクルスを家庭で作ったことがある方もいらっしゃるでしょう。ピクルスの定番と言えば、ハンバーガーには欠かせないきゅうりのピクルスですが、もやしでもピクルスを作ることができます。

大豆の食感が香ばしい豆もやしが、特にピクルスには合います。豆もやしは、ナムルやビビンバなどの韓国料理によく使われます。スーパーなどで手に入れることができたら、韓国料理以外にも簡単もやしピクルスを一度試してみてください。

◆材料
大豆もやし・・・2袋
ワインビネガー・・・1カップ
白ワイン・・・1/2カップ
水・・・1カップ
砂糖・・・60g
塩・・・小さじ1
にんにく・・・2片
赤唐辛子・・・2本

◆作り方
1.鍋にワインビネガー、水、白ワイン、砂糖、塩を合わせて火にかけ、砂糖が溶けたら火から下ろして冷まします。
2.大豆もやしはひげ根を取り除き、熱したフライパンで乾煎りして軽く水分を飛ばします。
3.2のもやしを1に漬け、種を取り除いた赤唐辛子と薄切りにしたにんにくを加えます。
4.3を4時間以上おいて味をなじませます。

もやしと甘酢は意外な味の組み合わせかもしれませんが、ピクルスにしてみることでもやし料理のレパートリーが広がることでしょう。
ピクルスは時間が経っても美味しいので、作っておくと安心できるお助けメニューのひとつです。冷蔵庫で保存し、翌日も美味しくいただけます。


人気レシピブログランキング
  


もやしの味噌マヨネーズ和え

もやしとは、実は特定の野菜の名前ではなく、野菜の種や豆類を発芽させた芽のことを総称して呼ぶ名前なのです。ご存知でしたか?

普段スーパーで見ているのは、緑豆を発芽させたもやしが一般的です。

このもやし、大変経済的で栄養面でも侮れない優秀な食材です。もやしとどこの家庭にもある調味料を使った超簡単もやしレシピをご紹介します。

◆材料
もやし・・・1袋
マヨネーズ・・・大さじ2
味噌・・・小さじ1
粒マスタード・・・小さじ1

◆作り方
1.熱湯でもやしを1分から2分ほどゆで、ざるに上げて冷水で粗熱を取ります。
2.ボウルにマヨネーズ、味噌、粒マスタードを合わせ、調味料を作ります。
3.1のもやしを軽く絞って2の調味料と和えれば出来上がりです。

もし人参があれば、爪楊枝くらいに切って軽くゆでて一緒に和えるとさらに彩りもよく仕上がります。人参ももやしも、ゆで過ぎるとしなしなになって味が落ちてしまいます。あくまで軽く、1~2分ほどのゆで時間にしてくださいね。

今回の味噌マヨネーズは、もやしの他、生の春キャベツなどにつけて食べてもおいしいです。いろいろな野菜で試してみてください。


人気レシピブログランキング
  


  次のページ

インフォメーション
  • 口コミグルメTOP
  • Twitter検索なら
    • SEOブログパーツ
Mobile向けサイトはこちら