top

 

 スポンサードリンク

大人のハンバーグ

子どもの大好物というイメージがあるハンバーグですが、実は大人の料理として紹介したいくらい大人の味にもできるのです。

玉ねぎたっぷりのソースが、大人の味の決め手になります。

もちろん、子どもも美味しく食べられます。家族に作るハンバーグということで、ここでは4人分のレシピを紹介します。

◆材料(4人分)
牛ひき肉・・・600g
玉ねぎ・・・1個
卵・・・2個
食パン・・・1枚
牛乳・・・1/2カップ
砂糖・・・大さじ1
塩・・・小さじ1
こしょう・・・少々
ナツメグ・・・少々
サラダ油・・・大さじ2

〈ソース〉
 玉ねぎ・・・1個
 しょうゆ・・・大さじ1
 シェリー酒・・・大さじ1
 バター・・・大さじ1

◆作り方
1.食パンは、手でちぎりながらボウルに入れ牛乳を回し入れてしばらくおき、パンに牛乳を十分に含ませます。玉ねぎは、ハンバーグ用はみじん切りに、ソース用はすりおろしてからしょうゆとシェリー酒を合わせておきます。
2.フライパンにサラダ油大さじ1を熱し、みじん切りの玉ねぎを弱火で炒め、焦がさないようにじっくり甘みが出るように炒めます。火を止めて粗熱がとれたら、1のボウルに加え、混ぜ合わせます。
3.2のボウルに牛ひき肉、卵、砂糖、塩、こしょう、ナツメグを加え、手で練り混ぜます。粘りが出るまでよく練り混ぜたら、ボウルにラップをかけて冷蔵庫で10分ほどおいてなじませます。
4.3のたねを4等分し、手で小判型に形作り、真ん中を少しくぼませておきます。
5.フライパンにサラダ油大さじ1を熱し4を並べます。最初の2~3分はたねを動かさず表面を焼き固め、その後ふたをして中火で3~4分焼きます。裏返して両面焼きます。ハンバーグの中央に竹串をさしてみて、透明の肉汁が出たら焼けている合図です。赤く濁った汁が出たら、まだ中まで焼けていません。
6.次にいよいよ玉ねぎソース作りです。ハンバーグを取り出した5のフライパンをそのまま使います。軽くペーパーで油を拭き、1で合わせておいたソースの材料を入れて中火で温めますバターを加えて混ぜながら溶かし、とろみがつくまで煮詰めます。器に盛ったハンバーグにかけてでき上がりです。


人気レシピブログランキング
  


ビーフシチュー

牛肉料理でも、とろけるようなビーフシチューは、なかなか美味しいものです。牛肉がゴロっと入りますので、男性にも満足できるレシピになることでしょう。

手軽にデミグラスソース缶を利用したビーフシチューレシピを紹介します。赤ワインを加えることで味に深みと複雑さが出てきます。

◆材料(4人分)
牛角切り肉(シチュー用)・・・300g
玉ねぎ・・・1個
にんじん・・・1本
トマト・・・1個
セロリ・・・1/2本
赤ワイン・・・1カップ
デミグラスソース缶・・・1カップ
バター・・・大さじ2
塩コショウ・・・少々
小麦粉・・・適量

◆作り方
1.玉ねぎは、みじん切りにします。にんじんは3cm長さに切ってから4つ割りに、トマトは湯むきして1cm角切りに、セロリは筋を取って3cm長さに切ります。肉には塩コショウを振って、小麦粉をまぶしておきます。
2.煮込み用鍋にバター大さじ1を熱し、みじん切り玉ねぎを透き通るまで炒めます。フライパンを熱してバター大さじ1を溶かし、肉の表面を焼き付けたら赤ワインを注ぎます。火を強めてアルコール分を飛ばし、肉によくからめたら煮込み用鍋に移します。
3.煮込み用鍋に水2と1/2カップを加え、デミグラスソース缶、トマトを加えます。煮立ったらアクを取り、ふたをして時々混ぜながら弱火で1時間30分ほど煮込みます。
4.フライパンを熱してバター大さじ1を溶かし、にんじんとセロリ、くし形の玉ねぎをさっと炒めます。炒めた野菜を3の鍋に加え、弱火で30分煮込み、最後に塩コショウで味を整えます。


人気レシピブログランキング
  


焼き肉ビビンバ風

辛い香辛料や調味料を使っていないので、お年寄りや小さな子供でも食べられます。

一皿でバランス良く、野菜もしっかり入っている食事になります。

簡単にできるビピンバですが、もっと簡単に作りたいときは、牛肉を炒める時の調味料を市販の焼肉のタレにすると、さらにスピードアップで作れます。

◆材料(2人分)
牛バラ肉・・・120g
キャベツ・・・150g
ピーマン・・・1個
にんじん・・・40g
白ゴマ

〈調味料〉
 サラダ油・・・大さじ1/2
 ごま油・・・大さじ2/3
 塩・・・少々
 こしょう・・・少々

〈А〉
 酒・・・大さじ2
 塩・・・小さじ1/4
 しょうゆ・・・大さじ1と1/3
 みりん・・・大さじ2と1/3
 すりおろしにんにく(お好みで)

◆作り方
1.牛肉を食べやすいサイズに切って、調味料〈А〉に漬け込みます。
2.キャベツ、ピーマン、にんじんを太めの千切りにします。
3.フライパンを温め、ごま油を敷いて、2の野菜を炒めて塩コショウで味付けし、ご飯を入れた丼に盛り付けます。
4.フライパンをさっと洗い、サラダ油を熱したら1の牛肉を炒め3に乗せて、白ゴマを散らしたら出来上がりです。

<ポイント>
白ゴマを振り掛けるときに、一度指の腹でギュっと潰してから振り掛けるとゴマの良い香りがきわ立つのでぜひ試してみてください。


人気レシピブログランキング
  


牛肉ときのこの韓国風炒め

赤唐辛子、白ゴマ、にんにくの香りが食欲をそそる一品です。

最後に入れるねぎがシャキっとして、とってもおいしいですよ。是非ためしてみてくださいね。

◆材料(2人分)
牛もも肉または牛肩ロース薄切り肉・・・100g
しめじ・・・1と1/2パック
にんにく・・・1かけ
赤唐辛子・・・1本
白ごま・・・大さじ1/2
ねぎ・・・1わ

〈調味料〉
 ごま油・・・大さじ1
 塩コショウ・・・少々

〈А〉
 さとう・・・小さじ1
 酒・・・大さじ2
 しょうゆ・・・大さじ2
 コショウ・・・少々

◆作り方
1.調味料〈А〉を合わせておきます。
2.しめじは根を落として小房に分けておき、ねぎは5cmほどに切りそろえ、にんにくはみじん切りに、赤唐辛子は種を取り除いておきます。
3.牛肉を食べやすい大きさに切ります。
4.フライパンにごま油とにんにくを入れたら弱火にかけにんにくの香りをだします。
5.にんにくの香りが出たら牛肉を炒め、塩コショウし、しめじを入れさらにいためます。
6.赤唐辛子を加えて1を回しいれたらサッと炒め、ねぎを入れ、白ゴマをふりかけサッと混ぜたら出来上がりです。

<ポイント>
唐辛子は小さく切れば切るほど辛味が増します。辛いのが苦手な人は切らずに丸々一本をそのままいれ、辛いのが好きな方は小口切りにして入れてください。子供には少し辛いので唐辛子抜きで作ってあげてくださいね。


人気レシピブログランキング
  


牛肉と根菜のうま煮込み

ご飯にとっても合うおかずです。牛肉を油で炒めることで、グッっと旨みが凝縮されコクのある仕上がりになります。
紹介した材料以外にも、旬のれんこんもよく合うので試してみて下さいね。

◆材料(2人分)
牛こま肉・・・120g
じゃがいも・・・2個
ごぼう・・・50g
にんじん・・・30g
こんにゃく・・・1/5枚

〈調味料〉
 油・・・大さじ2/3

〈А〉
 だし汁・・・200ml
 酒・・・大さじ1と1/3
 砂糖・・・大さじ1と1/3
 しょうゆ・・・大さじ2


◆作り方
1.じゃが芋は、ひと口大に切り、ごぼうは斜め切りにし、にんじんは乱切りにする。じゃがいもとごぼうは水にさらしておきます。
2.こんにゃくは、ちぎって茹でます。
3.鍋を温めて油を熱したら、牛肉を炒めて1と2も加えて炒めます。
4.ある程度油が回ったら調味料〈А〉を加えて落し蓋をして煮ます。
5.煮汁がほとんどなくなったら出来上がりです。

<ポイント>
炒めてから煮ることで、コクと旨みがアップします。火加減は中火でコトコトと煮汁がほとんどなくなるまで煮込んだら、鍋をゆするようにして材料に煮汁を絡めると、ツヤがでてさらに美味しそうに出来上がります。
こんにゃくは、手でちぎることで表面積が増え味が絡みやすくなるので、包丁で切りそろえるより手でちぎってくださいね。


人気レシピブログランキング
  


  次のページ

インフォメーション
  • 口コミグルメTOP
  • Twitter検索なら
    • SEOブログパーツ
Mobile向けサイトはこちら