top

 

 スポンサードリンク

切り干し大根とシーチキンの煮物

切り干し大根だけでも旨みがある食材ですが、缶詰めのシーチキンを加え、野菜も入れて栄養バランスをよくしました。

シーチキンは、水煮のものならさっぱりと仕上がり、オイル漬けのものならコクが出ます。

切り干し大根やひじきなどの乾物をうまく献立に取り入れるようにすると、料理のバラエティが広がりますよ。

★家庭料理のコツ!・・・基本のレシピのアレンジ
・切り干し大根は水に長くつけるとうま味が逃げてしまいます。手早く洗います。
・シーチキンの代わりにアサリの水煮やムキエビでもおいしいです。
・冷めてもおいしくいただけます。お弁当にもいいですね。

◆材料(4人分)
・切り干し大根・・・50g
・シーチキンの缶詰・・・1缶
・ニンジン・・・120g
・干ししいたけ・・・2枚
・しょうが・・・1片
・油・・・大さじ11/2
・酒・・・大さじ2
・砂糖・・・大さじ1
・しょうゆ・・・大さじ1強
・白ごま・・・少々

◆下ごしらえ
1.切り干し大根は、もみ洗いして汚れをとり、水気をしぼり、3cm程度に切ります。
2.ニンジンは3cmの長さで細切りにします。
3.干ししいたけはカップ1の水で戻して細切りにします。戻し汁はとっておきます。
4.ショウガは皮をむいて細切りにします。
5.白ごまは炒ります。

◆つくり方
1.鍋に油を熱し、切り干し大根とニンジン、干ししいたけ、ショウガを入れて炒めます。
2.1の全体に油がまわったら、しいたけの戻し汁と酒を入れ、シーチキンを加えます。
3.ひと煮立ちしたら、砂糖、しょうゆを加えて落しぶたをし、汁気がなくなるまで弱火でじっくりと煮含めます。
4.味をみて、炒りごまをふり、器へ盛ります。


人気レシピブログランキング
  


ベーコンロールキャベツ

ロールキャベツはお子さんも大好き。でも、いつも同じではつまらないですよね。そこで一工夫しましょう。

ゆでキャベツでベーコンを巻いてみました。ベーコンからダシが出るのでより濃厚なお味に!

スープはヘルシーにコンソメ仕立てにしてもいいでしょう。こくをプラスしたいときは仕上げに生クリームやバターを加えます。

★手作りポイント
・キャベツは下湯でしたら、芯を薄くそいでおきます。芯は甘みが出ておいしいのでベーコンを巻くときにいっしょに中に入れてしまいましょう。
・鍋はロールキャベツがきっちり並ぶ大きさのものを用いるのが理想的。巻き終わりを下にして並べます。

◆材料(4人分)
・キャベツの葉(外側)・・・大8枚
・ベーコン・・・8枚
・薄力粉・・・少々
・ナツメグ・・・少々

スープ
・トマト(水煮缶)・・・1缶(200g)
*完熟トマトの皮を湯むきしてざく切りにしてもOK。
・固形スープの素・・・1個
・砂糖・・・小さじ1
・ローリエ・・・1枚
・塩・・・少々
・コショウ・・・少々

◆下ごしらえ
1.キャベツは芯をくり抜き、外側の葉を破らないよう丁寧にはがします。
2.1をたっぷりの熱湯で1分ゆで、冷水にとって水気をきります。
3.芯は薄くそぎ、あとで使うのでとっておきます。
4.缶詰のトマトは粗くつぶしておきます。

◆つくり方
1.キャベツを1枚広げ、ベーコンは1枚を半分に切り、重ならないように並べます。
2.茶こしで薄力粉を薄くふり、ナツメグを少々かけます。
3.薄くそいだ芯もいっしょに中に入れ、手前から真ん中まで巻き、左右の葉を内側に折りこみ、最後までくるくる巻きます。
★コツ!
つまようじで止めたり、スパゲッティを5センチくらいに折ってとめてもOK!
4.ロールキャベツがきっちり並ぶ大きさの鍋に、3のロールキャベツを巻き終わりを下にして並べます。
5.スープの材料を混ぜ合わせ、水をヒタヒタぐらいまで入れて中火にかけます。
6.煮立ったら、火を弱めます。ふたをして約20分煮込みます。
7.塩、コショウで味を調え、スープもいっしょに器に盛ります。
コクがほしいときは、火を止める直前にバターを加えるか、仕上げに生クリームを回しかけます。

★モデル献立
●バターライス
●ポテトサラダ


人気レシピブログランキング
  


スイカの皮の白ごまサラダ

スイカ割り!といえば夏のビーチの定番ですね。でも食べた後の皮、どうしていますか?そのまま捨ててしまうのはなんとも忍びない!

アウトドア料理では、環境に優しく、ごみは極力出さないように工夫したいもの。そこで、スイカの皮もおいしく調理していただいちゃいましょう!

白ごまをたっぷりふってゴマサラダにします。甘酢を加えたマヨネーズで和えることでお子さんにもおいしく召し上がっていただけるでしょう。

◆材料(4人分)
・スイカの皮・・・1個分
*少し赤いところが残っていると・・・嬉しいのですが・・・。

・白ごま・・・大さじ4

*甘酢(お好みで酢っぱさや甘さを加減してください)
・酢・・・大さじ3
・砂糖・・・大さじ1
・しょうゆ・・・大さじ1
・だし汁・・・大さじ1
・マヨネーズ・・・大さじ2

*必要な調理用具・・・フライパン、すり鉢

<つくり方>
◆下ごしらえ
1.スイカの皮は、外の硬い部分をむいて、中の薄緑色と少し赤い部分(残っているかな~)を薄切りにします。
2.1をざるに広げて2~3時間、陰干しにします。
3.甘酢の材料を混ぜておきます。

◆調理
4.白ごまを軽く炒って、熱いうちにすり鉢でよくすります。
5.うっすらと油がにじむくらいになめらかになったら、3の甘酢を徐々に加えて延ばしていきます。
6.食べる直前に、2のスイカの皮を5で和えます。
7.器に盛って、いただきます!


人気レシピブログランキング
  


パスタ・ブォーロ

イタリアのどの家庭の冷蔵庫を覗いても必ずあるほど、イタリアでは欠かせない素材のパルメザンチーズは、イタリアを代表するチーズです。

パルメザンチーズを担保に銀行からお金を借りることもできるほどの貴重なチーズです。まさにイタリアチーズの王様と呼ぶにふさわしいですね。

また、このチーズは味の決め手となることから「台所のハズバンド(夫)」と呼ばれることもあります。塊のままバルサミコ酢に浸してもおいしいですよ!

今回のパスタ・ブォーロは、パルメザンチーズとバター、そしてパスタに塩コショウだけを使った、実にシンプルなイタリアの家庭料理です。ただし、こだわりがないわけではありません。パスタの茹で加減は絶対にアルデンテですよね。

茹で上がった熱々のパスタにバターを絡めます。バターがパスタの熱で透き通ってきたところでパルメザンチーズをかけるだけで出来上がり!

黒コショウのぴりりとした野性味にバターの風味が豊か・・・育ち盛りのおなかを満たしてくれる懐かしい味です。今回のレシピは独身貴族用に一人分にしました!

◆材料(1人分)
・パスタ・・・100g
・バター・・・適量
・パルメザンチーズ・・・適量
・塩・・・(バターの塩加減に応じて調節)
・黒コショウ・・・適量

◆作り方
1.パスタをゆでます。たっぷりのお湯を沸かし、沸騰したら塩を入れてパスタをゆでます。
*アルデンテにすることがコツ!
2.ゆで上がったばかりの熱々のパスタにバターを絡めます。
3.パルメザンチーズをたっぷりかけ、好みで黒コショウをふり、召し上がれ!


人気レシピブログランキング
  


鶏手羽元とカブのスープ

圧力鍋なら、短時間で鶏肉をほろほろにやわらかく煮込むことができます。

水溶き片栗粉でとろみをつけたスープは、ノド越しがよく、食欲がないときでもおいしくいただけます。カブに鶏肉のうま味がしみこんでいます。

◆材料(2人分)
●鶏手羽元・・・6本
●カブ(葉つき)・・・2個
●長ネギ(青い部分)・・・1本分
●ショウガ(薄切り)・・・1枚
●水・・・カップ3
●塩、コショウ・・・各少々

●水溶き片栗粉・・・適量

<つくり方>
◆下ごしらえ
1.カブは皮をむき、大きめの乱切りにします。葉の部分は刻みます。

◆調理
2.圧力鍋に鶏手羽元、長ネギの青い部分、ショウガの薄切り、分量の水を入れます。
3.ふたをして強火にかけ、圧力がかかってきたら(高圧)弱火にし、5分加圧して火を止めます。自然に圧力が下がるのを待ちます。
4.圧力が下がったら、ふたを開けます。3からショウガと長ネギを取り除き、1のカブと葉を加えます。
5.再度ふたをして強火にかけ、圧力がかかってきたら(高圧)弱火にし、2分加圧して火を止めます。自然に圧力が下がるのを待ちます。
6.圧力が下がったら、ふたを開けます。塩、コショウで味をととのえ、水溶き片栗粉でとろみをつけます。

器に盛り、熱々を召し上がれ!


人気レシピブログランキング
  


  次のページ

インフォメーション
  • 口コミグルメTOP
  • Twitter検索なら
    • SEOブログパーツ
Mobile向けサイトはこちら