top

 

 スポンサードリンク

新野菜を使った味噌汁

新野菜を使ったお味噌汁の作り方です。調理時間は15~20分ほどでできます。材料費込みで費用は300円ほどだと思います。

【材料(4人分)】
新たまねぎ         :1個
新じゃがいも(メークイーン):1~2個
きぬさや          :1袋
わかめ(生・乾燥)     :20~30グラム
※わかめは、カットわかめ、塩わかめ、乾燥わかめでも大丈夫です。

水             :適量(だいたい3~4カップほど)
だし(いりこ、かつお)   :1パック
味噌            :適量


【作り方】
○下ごしらえ
 たまねぎは薄く切ります。
 じゃがいもは半月切りにして1センチ位の厚さに切ります。
 わかめは生の場合は、食べやすく切ります。
 また乾燥わかめの場合は戻してから食べやすい大きさに切る。

○作り方
 1.お鍋に水を入れ、だしを入れます。
   その中にジャガイモとたまねぎを入れた後に火にかけます。
   じゃがいもが柔らかくなるまで煮るようにしましょう。

 2.じゃがいもが柔らかくなったらだしパックを取り出します。

 3.きぬさや、わかめを加えます。

 4.味噌をだし汁で溶き、一煮立ちさせてから火を止めて出来上がりです。

この作り方で新野菜を使ったお味噌汁を作り、味噌汁で栄養価を取る様にしましょう。
こういう味噌汁で健康を作れたらいいですよね

【ポイント】
味噌を溶いた後に、煮立たせすぎると味噌の香りが消えてしまい、風味が薄くなってしまいます。味噌を溶いたら一煮立ちというのを心がけるようにしましょう。


人気レシピブログランキング
  


根や茎を食べる新野菜

根や茎を食べることができる新野菜を、ご紹介してみたいと思いますので、参考にしてみてください。

山わさび
名前は日本のものみたいですが、本来はレフォール、ホースラディッシュと呼ばれている西洋わさびです。通常のわさびより味がまろやかなのであのつんと鼻につく辛味が苦手の方にはいいと思います。また、変色しやすいために食べる直前にすりおろして使うことをおすすめします。

ヤーコン
新野菜とは言っているものの、もとはアンデス地方原産の野菜で、インカ帝国時代から食べられている野菜のようです。
食物繊維が多分に含まれていて、美容にもいいと言われています。そのまま使用するとアクが強いので食べるのは難しいですが、切った後水にさらすことでアクが抜け、生でも食べることができる野菜です。

さらさらレッド
新種のたまねぎで栗山町から2006年に出荷された新野菜です。
通常のたまねぎよりケルセチン、アントシアニンなどの機能性物質が3倍くらい含まれていて栄養価は抜群に高いです。
味はたまねぎの辛味が強く感じられるような味になっています。

ホワイトセロリ
セロリの独特の香りやクセが苦手な人にとってもこのホワイトセロリは香りやクセが少ないために食べられる人が多いです。
通常のセロリよりビタミンCを多分に含んでいて繊維質まで柔らかくできているので、まるごといただくことができます。


人気レシピブログランキング
  


果実の新野菜

ここでは果実を食べる新野菜をご紹介してみたいと思います。

アナスタシア
ロシアで開発されたフルーツピーマンと呼ばれる新野菜です。
栄養価がとても高く、ピーマンの何倍にもおよぶビタミンCやポリフェノールが含まれています。

スナップエンドウ
さやまでたべることができるエンドウ豆です。アメリカ産の緑黄色野菜です。肉厚で、風味と甘味を楽しむことができます。
栄養価はカロテン、グルタミン酸、ビタミンCが含まれています。

ウルイ
山菜の新野菜です。味や香りにクセがほとんどないため生でも加熱してもおいしくいただくことができます。特徴というと独特のぬめりがあるということです。

ズッキーニ
見た目がちょっと太いキュウリ?と言うような感じですが、ズッキーニはカボチャの種類の野菜です。かすかな甘味と苦味があり、味自体にはさほどクセが無いためになんの料理に使用しても合います。また、カロリーが少ないためにたくさん食べても平気です。
栄養価はビタミンK、カロテン、カリウムなどが多分に含まれています。

パプリカ
ご存知の方は多いかと思います。色がついたピーマンのような見た目です。カラーバリエーションは赤、黄、オレンジ、白、緑、茶、黒と全部で7種類あるようですが、私たちがよく目にするのは赤、黄、オレンジの3色位だと思います。栄養価がとても高く、ビタミンCはピーマンの倍、カロテンもピーマンの8倍は含まれています。


人気レシピブログランキング
  


葉もの新野菜

新野菜のうち、スーパーなどでも手軽に手に入れることができる、葉ものの新野菜たちです。参考にしてみてください。

ブロッコリースプラウト
見た目かいわれ大根みたいな感じですが、ブロッコリーの新芽のことです。
かいわれ大根より辛味が少ないために食べやすいと思います。
スルフォラファンという抗がん作用がある成分が含まれていると言われています。
油で炒めて食べることにより栄養価が揮発されず充分に摂取することが可能です。

チコリー
小さい白菜みたいな形で、比較的人気がある野菜です。食べるとサクサクっとした食感があり、多少苦味があります。生でいただく場合は冷やして食べるとおいしくいただけます。加熱すると苦味が増してしまいますので、コクがあるクリームソースなどに合わせてみるのがいいと思います。

オカヒジキ
見た目がひじきに似ていることからこの名前がつけられている緑黄色野菜です。
クセが無いために食べやすく、歯触りもサクサクとしています。
栄養価もビタミンやミネラルの中でもカルシウムを多く含んでいるので積極的に摂取したい野菜のひとつです。

トレビス
チコリーの種類でイタリア原産の野菜です。チコリーと同様のサクサクっとした食感とほのかな苦味を楽しむことができます。
生でも加熱してもおいしくいただけますか、加熱する場合は苦味が増してしまうので注意してください。


人気レシピブログランキング
  


新野菜を使って料理の幅をひろげる

新野菜と呼ばれる、今まで見られなかったような華やか野菜が、野菜売り場にはが広がってきています。

従来の野菜には見られなかったような形や、カラーバリエーション豊かな野菜、ミニ野菜やハーブなど本当にさまざまな野菜が売っています。

品種改良されているものもあります。これらの新野菜たちは見た目ばかりがすごいのではなく、栄養価も高いために皆さんに積極的に食べて欲しい野菜になっています。

新野菜とはどういうものがあるか、ご紹介してみたいと思います。

プチヴェール
ケールと芽キャベツを品種改良して作った日本の野菜です。
この葉野菜は糖分がとても高く、果物と同等の甘さがあります。
栄養価はビタミンC、カルシウム、鉄分、カロテンが多分に含まれています。
食べると甘くて食べやすい野菜です。フランス語で「小さい緑」という意味を含んでいます。

ルッコラ
ハーブ野菜でよくステーキなどのお肉料理に付いている葉野菜です。味はピリッとするような辛味があり、ゴマのような香りがします。栄養価はビタミンC、カルシウム、鉄分が多分に含まれています。効果としては血行の促進に効果があり、冷え性を改善させることが可能です。

空心菜
クウシンサイと読みます。中国野菜です。茎の中が空洞化していて、食べるとシャキシャキとした食感があります。
栄養価はカロテンが多分に含まれています。

まだまだ葉野菜の新野菜はたくさんありますが、有名どころをご紹介してみました。


人気レシピブログランキング
  


前のページ  次のページ

インフォメーション
  • 口コミグルメTOP
  • Twitter検索なら
    • SEOブログパーツ
Mobile向けサイトはこちら