top

 

 スポンサードリンク

豚かつミルクレープ風

塩味がついていますが、お好みでしょう油、ソース、練り辛子などをつけても美味しくいただけます。

◆材料(4人分)
薄切り豚ロース肉・・・200g
小麦粉・・・適量
卵(溶き卵)・・・1個
パン粉・・・適量
すりゴマ(白)・・・大さじ1
塩・コショウ・・・各少々
揚げ油・・・適量

◆作り方
1.薄切り豚ロース肉は、1枚づつ広げて、小麦粉・すりゴマ・塩・コショウを薄くふります。
2.好みの厚さまで豚ロース肉を重ねて、ラップに包んで形を整えます。この時、軽く押さえて密着させます。
3.ラップをはがした豚ロース肉に、小麦粉、溶き卵、パン粉の順番でまぶします。
4.最初は低温の油で揚げて中まで火を通し、最後に温度を上げて表面をカリッとさせればできあがりです。


人気レシピブログランキング
  


バナナチップクッキー

バナナチップクッキーは、しっとりとしたフルーティなクッキーです。自然なバナナの甘みと口当たりのやさしさが嬉しいクッキーです。

バターをふんだんに使った贅沢な生地に、バナナチップを散らして焼く、手軽に作れるクッキーです。

◆材料(20~25枚分)
●バター・・・100g
●砂糖・・・70g
●卵・・・1個
●薄力粉・・・120g
●ベーキングパウダー・・・小さじ1/2
●バナナ・・・1/2本
●レモン汁・・・少々

◆下ごしらえ
1.バナナは7mm角に刻み、レモン汁を振っておきます。
2.バターは室温に戻しておきます。
3.薄力粉とベーキングパウダーを合わせてよくふるっておきます。
4.天板にオーブンシートを敷き、オーブンを180℃に温めておきます。

◆つくり方
1.ボウルにバターを入れ、泡だて器で白っぽくクリーム状になるまでよく練ります。
2.1に砂糖を加え、よくすり混ぜます。
3.卵を溶きほぐして、2に少しずつ混ぜていきます。
4.3に薄力粉とベーキングパウダーを混ぜてふるったものを加え全体をさっくりと混ぜ合わせたあと、刻んだバナナを混ぜます。
5.シート敷いた天板に4の生地を、スプーン2本を使ってすくい、落としていきます。
*焼くと広がります。間隔をあけて落としていきます。
6.180℃に温めたオーブンで15分ほど焼きます。
*オーブントースターを用いるときはアルミホイルをかぶせて時間を少なくします。
7.焼きあがったら、網の上にのせて冷まします。


人気レシピブログランキング
  


根や茎を食べる新野菜

夏に見られる野菜としては、エンサイやつるむらさき、西洋野菜や香味野菜といったような野菜、馴染みが深いところではモロヘイヤあたりなんかは健康志向の人にとってはありがたい野菜かもしれません。

日本に昔から入ってきていた野菜で、昔は普及しなかったもので最近になって注目されている野菜もあるようです。

新野菜は輸入中心だったようですが、最近では日本国内でも栽培されています。

主な新野菜をご紹介してみたいと思いますので参考にしてみてください。

モロヘイヤ
日本では健康にいい野菜と言われている野菜でカロテン、ビタミンB群、ミネラルが豊富に含まれています。

コウサイ
地域により呼び方が変わっていて、アジアでは香菜(シャンツァイ)、ヨーロッパではコリアンダー、タイではパクチーとして認識されている野菜です。強い香りを持っているため、日本では好き嫌いが分かれている野菜です。

エンダイブ
苦味と独特の風味がある野菜です。フランスでは「シコレ」と呼ばれています。
使い方ですが内側の白っぽい葉の部分はサラダに適していますし、外側の葉はお浸しなど加熱していただいてください。

根や茎を食べる新野菜というのは、まだまだあります。ご紹介してみたいと思いますので参考にしてみてください。

スティックセニョール
ブロッコリーとキャベツの仲間であるカイランという中国野菜を品種改良して作られた新野菜です。
スティックセニョールは茎をメインにして食べる野菜で、茎が長くて柔らかくてまるでアスパラガスみたいな感じの野菜です。栄養価も豊富に含まれていて、ビタミンC、ビタミンD、カロテンが入っています。

ビーツ
酸味と甘味がほどよい感じの新野菜です。鮮やかな色合いが特徴で、色移りしやすいので調理するときには注意が必要です。調理方法ですが、皮がついたままの状態のお湯に弱火で60分くらい塩ゆでしたあと、皮を向いて使用してください。色々な料理に使用することが可能です。

リーキ
西洋ネギとして古くから親しまれています。別名ポロネギとも呼ばれているそうです。
辛味や刺激臭のようなネギ独特の香りが少なく、柔らかい印象があります。また甘味もあります。煮込むことで甘さが引き立ちますので煮込み料理に適している野菜です。

ユリネ
グルコマンナンという食物繊維が含まれていて整腸作用があり、栄養価が豊富です。
デンプン、リン、カリウム、鉄、カルシウムなど豊富に含まれている食材です。調理方法ですが、ちょっと蒸したあとにさまざまな料理に使用することでホクホクとした食感を楽しむことができます。


人気レシピブログランキング
  


チーズ鍋

鶏がらスープをベースに、味噌を入れたり、チーズを入れたり、トマトやおろしにんにくを入れたり…

いったいどんな味になるんだ?美味しいのか?って思ったんですが、意外と美味しかったです。

自分流にちょっとアレンジをしてみたのですが、レシピをご紹介したいと思います。

◆材料
○つくね
鶏のひき肉 : 400g
しょうが  : 小1
長ネギ   : 1/2本
バジル   : 少量
ケッパー  : 少量
お酒    : 少量
片栗粉   : 適量
卵     : 1個
塩     : 適量
※鶏軟骨があれば尚食感が出てよい
 松の実でも構わない
 なければひき肉増量で対応

○タレ
バルサミコ酢 : 50cc
オリーブオイル: 50cc
鶏がらスープ : 20cc
バジル    : 10g
ケッパー   : 50g
たまねぎ   : 1/2個
塩      : 適量

○スープ
鶏がらスープ : 800cc
味噌     : 50g
おろしにんにく: 10g
豆乳     : 200cc
トマト    : 2個
とろけるチーズ: 300g

◆作り方
○つくね
1.長ネギ、バジルはみじん切りにしておきます。
2.材料を全部混ぜ合わせます。

※混ぜ合わせるとき、ビニール袋に入れてこねると片付けも楽ですし、手も汚れません。

○タレ
1.みじん切りに出来る材料は全てみじん切りにする。
  結構細かめのみじん切りの方が、味が馴染みやすくていいと思います
2.全ての材料を混ぜ合わせます。

○スープ
1.鶏がらスープに味噌を入れて火を入れます。
2.煮立ったら、おろしにんにくと先に作っておいたつくねを食べやすい大きさに分けて入れます。
3.つくねに火が通ったら、豆乳とトマト(適当な大きさに切ったもの)、チーズを入れます。
  このときチーズを一気に入れると溶けなくなるので注意してください。
4.お好みの野菜を入れて食べてください。


人気レシピブログランキング
  


イチゴのお手軽ミルフィーユ

ミルフィーユ(正確にはミルフィユ)は、千枚の葉という意味のフランス語です。バターを包んだ生地を折り込んで、枯葉を幾重にも重ねたような繊細な層を作ります。

ミルフューユのパイ生地を手作りするのは大変なので、市販のパイシートを使って手軽に作れますよ。

中身のカスタードクリームも電子レンジを使えば超簡単です。新鮮なイチゴをたくさん入れて召し上がれ!

★お菓子 手作りポイント!
・焼いたときに生地がふくらまないように、全面に空気の穴をあけておきます。
・牛乳はぬるいぐらいに温めておくと馴染みやすいです。
・電子レンジでカスタードクリームを作るとき、加熱むらを防ぐために2度にわけて加熱します。最初はラップをし、途中で全体をかき混ぜ、次はラップなしで再度加熱します。

◆材料(5個分・・・市販のパイシート1枚分)
・市販のパイシート・・・1枚(20cm×20cm)
・イチゴ・・・40粒程度

*カスタードクリーム
・卵黄・・・3個分
・グラニュー糖・・・80g
・牛乳・・・11/2カップ
・バニラエッセンス・・・少々
・薄力粉・・・大さじ3強

・サラダ油・・・少々
・粉砂糖(仕上げ用)・・・少々

◆下ごしらえ
・イチゴはへたを除いて縦半分に切ります。
・牛乳をぬるい程度に温めておきます。

◆つくり方
*パイ皮を用意します。
1.天板に薄く油を塗り、パイシートをのせて全面にフォークで穴をあけます。
2.1を220度のオーブンに入れ、うっすらと色づき、浮き上がってくるまで約10分焼きます。
3.2は熱いうちに取り出し、網の上で冷まします。

*電子レンジを使ってカスタードクリームを作ります。
4.耐熱容器に割りほぐした卵、グラニュー糖、ふるった小麦粉を入れてよく混ぜます。
5.温めた牛乳を4に少しずつ入れて溶き延ばし、バニラエッセンスを加えてさらに混ぜます。
6.5にラップをふんわりとかけ、電子レンジで約4分加熱します。
7.レンジから取り出し、全体をよく混ぜなめらかにします。
8.今度はラップをしないで、約2分電子レンジで加熱します。
9.泡だて器でよく混ぜます。

*仕上げ
10.3で冷ましたパイシートを横に3つに切り分け、3枚をひと重ねにして間にカスタードクリームとイチゴを挟みます。
11.4cm幅に切り(5等分)、粉砂糖をふって出来上がり!
包丁はよく切れるもので、刃先を向こう側にいれ、一気にスパッとおろして切ることが大切!


人気レシピブログランキング
  


  次のページ

インフォメーション
  • 口コミグルメTOP
  • Twitter検索なら
    • SEOブログパーツ
Mobile向けサイトはこちら