top

 

 スポンサードリンク

甘塩サケのみぞれ和え

いつもの甘塩サケが、粋な和風の一品に早変わりします。焼いただけでも美味しい甘塩サケを、魚料理としてちょっぴりおしゃれにいただきます。

大根おろしで和えて、甘塩サケをさっぱりといただきましょう。きゅうりの歯ごたえも美味しいです。

小さな魚料理のレパートリーに加えてください。簡単レシピですよ。

◆材料(4人前)
甘塩サケ・・・1切れ
大根・・・おろして600g
〈調味料〉
塩・・・少々
しょうゆ・・・大さじ1
レモン汁(ゆず、かぼす、すだちなどもok)・・・大さじ1と1/2

きゅうり・・・1本
キノコ類(生シイタケ、シメジなど)・・・少々

◆下ごしらえ
甘塩サケ・・・グリルで焼いてから細かくほぐします。
キュウリ・・・5mm角に切ります。
キノコ類・・・シイタケの場合は軸を取り、焼きあみかグリルで焼いて、食べやすい大きさに切ります。
大根おろしの水気を軽く切り、調味料を合わせます。

◆作り方
1.大根おろしに、ほぐした甘塩サケ、キュウリ、キノコ類を加えて和えます。
2.小鉢に盛りつけて、召し上がれ。

*ゆずの皮を小さくそいで散らしてもおしゃれですね。大根おろしは消化を助けます。おなかにも優しい一品です。おとすことで一度にたっぷりといただけます。胃もたれ解消につながるのでは?


人気レシピブログランキング
  


もやし焼き(お好み焼き風)

軽い食事なら主食にもなる簡単もやしレシピを紹介します。言ってしまえば、具がもやしだけのお好み焼きです。

肉類や魚介類が入ってなくても、紅ショウガや青海苔などのお好み焼きに欠かせないパートナー達を少しずつ加えることで、しっかりお好み焼きの雰囲気になります。

シャキシャキしたもやしの歯ごたえがクセになって、豚玉やイカ玉よりももやし焼きの方がいいという人も出てくるかもしれません。

豪華さよりは手軽さを求めて、今回のレシピを考えました。お好み焼きのパートナー達が、家に中途半端に残っている人にもぜひおすすめしたい料理です。

◆材料
もやし・・・1袋
小麦粉・・・大さじ3
卵・・・1個
だしの素・・・小さじ1
お好み焼きのパートナー達(紅ショウガ、天かす、青海苔、かつお節)・・・各適量
サラダ油・・・適量
ソース・・・適量
マヨネーズ・・・適量

◆作り方
1.洗って水を切ったもやし、小麦粉、卵、だしの素、お好み焼きのパートナー達をすべて混ぜ合わせます。
2.フライパンを熱してサラダ油を敷き、1を直径20cmくらいになるように流し入れ、ふたをして中火で焼きます。
3.焼き色がついたらひっくり返して再びふたをして中火で焼きます。
4.中までしっかり焼けたらお皿にあけ、ソースとマヨネーズをかけていただきます。

もちろん、家にある他の食材(豚肉やキャベツなど)を一緒に混ぜて焼いてもおいしく出来上がります。アレンジとしてタネにカレー粉を少々入れると、ちょっと違った風味が楽しめます。


人気レシピブログランキング
  


鶏胸肉とトマトのチーズ焼き

安くて経済的な鶏胸肉は、主婦にはとっても強い味方です。

焼くことですごく甘くなるトマトは、野菜が苦手なお子様にもおすすめの一品です。最後にパセリを散らしても彩がよくなりますね。

◆材料(2人分)
鶏胸肉・・・1枚
プチトマト・・・5個
とろけるチーズ・・・1枚

塩コショウ
片栗粉
オリーブオイル

◆作り方
1.プチトマトを洗い、半分に切ります。
2.鶏胸肉を一口大に切り片栗粉をまぶします。
3.フライパンを温めオリーブオイルを入れたら、2を入れ炒めます。
4.プチトマトを入れ、炒めます。
5.軽く塩コショウします。
6.とろけるチーズを炒めた肉とトマトに乗せ、溶けたら出来上がりです。

<ポイント>
鶏胸肉に片栗粉をまぶすことでお肉が柔らかくなります。トマトはプチトマトじゃなくても美味しくできます

<食材の効能>
○鶏胸肉
鶏肉の脂身にはコラーゲンが含まれているので美肌効果が期待できます。また、コレステロール値を下げるナイアシンが含まれているので、動脈硬化の予防におすすめです。
○トマト
がん予防に効果を発揮すると言われています。また、リコピンが豊富に含まれており、肝臓病、循環器、動脈硬化など様々な効能が期待できる食品です。
○オリーブオイル
オリーブオイルはオレイン酸を大量に含み、コレステロール値を下げ、胃酸の分泌の調節をしてくれます。


人気レシピブログランキング
  


肉じゃがリメイクレシピ

節約料理に欠かせないテクニックのひとつに、余ったおかずのリメイクがあります。

一人分だけ作るというのは、どんな料理でも味付けも難しいですし、経済的ではありません。一人暮らしでは、カレーや煮物を作ると一度に食べきれず、しばらく同じ物が続くということがよくありますね。

まとめて作ったものを何度かに分けて食べれば、節約料理にはなりますが、同じ物だと飽きてしまいますね。そこで、ここでは煮物の定番の肉じゃがをリメイクさせるレシピを紹介します。

肉じゃがコロッケ
皮付きのままのじゃが芋を電子レンジで加熱し、竹串がスッと通るくらい柔らかくなったら皮をむきます。(熱いので火傷に注意してください)これをつぶして残った肉じゃがと合わせて、小判型に形を整えて衣をつけて揚げます。

肉じゃが丼
残った肉じゃがの鍋にだし汁を加え、あれば豆腐も加えてひと煮させます。味を見てうすければ砂糖、しょうゆで味を整えて、溶き卵を流し入れてとじます。

カレーうどん
残った肉じゃがに水を加えて加熱し、沸騰したら一度火を止めて、カレールーを加えます。水とルーの量は、残った肉じゃがに合わせて適宜加えてください。そこへうどんを入れ、最後にねぎを加えると、美味しいカレーうどんの出来上がりです。

肉じゃが自体が美味しいおかずなので、何にリメイクしてもほとんど味の失敗はありません。


人気レシピブログランキング
  


わかめとしらす干しのサラダ

カルシウムが豊富な食材のしらす干しですが、なかなかお料理の中で上手く使うのは難しいですね。

いつものサラダにしらす干しをたっぷりのせて、お魚サラダにしてしまうというわけです。

ドレッシングを工夫すれば、飽きることなく美味しく召し上がっていただけます。わかめも利用して、ボリューム感を出してダイエット中の方でも安心して、たっぷり召し上がっていただけるでしょう。

◆材料(4人分)
しらす干し・・・30g
わかめ・・・15g
きゅうり・・・2本
トマト・・・1個
缶詰のコーン・・・小1個
*オーロラソース
 マヨネーズ・・・半カップ
 トマトケチャップ・・・大さじ1
*付け合わせ
 レモン・・・1/4個

◆下ごしらえ
わかめはもどしてざく切りにします。
きゅうりは皮をむいて小口切りにします。
トマトはきゅうりと大きさをそろえて采の目に切ります。
コーンは汁けをきっておきます。
レモンは薄い輪切りにします。
オーロラソースの材料を混ぜます。

◆作り方
1.もどしたわかめとしらす干しをザルにのせ、上から熱湯をまわしかけ、水気をよく切っておきます。
2.器にすべての材料を彩りよく盛ります。
3.いただく直前にオーロラソースをかけて召し上がれ。オーロラソースは甘口なので、お子さん向けかもしれません。お好みで、お好きなドレッシングでどうぞ。


人気レシピブログランキング
  


  次のページ

インフォメーション
  • 口コミグルメTOP
  • Twitter検索なら
    • SEOブログパーツ
Mobile向けサイトはこちら