top

 

 スポンサードリンク

炊飯器でスコーン

スコーンを炊飯器で作ってみましょう。

ジャムやクリームつけていただくと、さらに美味しくなります。紅茶のベストフレンドになります。

◆材料(5合炊炊飯器)
薄力粉・・・200g
ベーキングパウダー・・・小さじ2と1/2杯
塩・・・1つまみ
無塩バター(なければ普通の有塩バターでも可)・・・90g
卵・・・1個
牛乳・・・大さじ2~3杯
砂糖・・・40g
バニラエッセンス・・・数滴
打ち粉(あれば強力粉で)・・・適宜

※有塩バターを使うときは塩は控えめにしてください。

◆下準備
炊飯器の釜の内側にサラダ油を塗っておきます。(分量外)
ボウルに薄力粉とバーキングパウダー・塩を合わせてふるい入れておきます。
砂糖もふるっておきます。
バターは1cm角に切っておきます。
卵を割り、全部で100ccになるまで牛乳を足し、よくかき混ぜ、常温に戻しておきます。(計量カップに割って量ると便利です)

◆作り方
1.粉のボールにバターを入れ、スケッパーで細かく刻んで混ぜます。
2.砂糖を加えて、パラパラの状態になるまで、切るようにしてよく混ぜます。
3.粉の真ん中をくぼませて、卵液とバニラエッセンスを注ぎ入れ、木べらで下の方からすくうようにして混ぜます。(練らないように注意してください)
4.全体にまとまったら、ラップで包み、冷蔵庫で30分ほど休ませます。
5.台に打ち粉をし、、5~6等分にして丸め、釜の中に輪を作るようにして一列に並べます。(輪にした真ん中は少し空間をあけてきます)
6.炊飯器でご飯と同じように普通に炊きます。
7.スイッチが切れたら網の上に出して冷まします。


人気レシピブログランキング
  


鯵(あじ)の南蛮漬け

鯵(あじ)の南蛮漬けをご紹介します。揚げたてのあじをジュッと南蛮酢に漬けて、あじをなじませるだけです。

保存もききますし簡単なので、お客様のおもてなしにもぴったりです。

◆材料(4人分)
小あじ・・・12匹
小麦粉・・・適量
揚げ湯・・・適量
塩・・・適量

〈南蛮酢〉
 たまねぎ・・・大1/2個
 細ねぎ・・・2~3本
 赤とうがらし・・・2本
 酢・・・カップ1
 水・・・カップ1/2
 砂糖・・・大さじ2
 塩・・・小さじ1
 醤油・・・大さじ1

◆作り方
1.小あじはゼイゴ・エラ・腹ワタを取り、水で洗い水気を拭きます。
2.南蛮酢を作る。たまねぎは薄切り、細ねぎは小口切り、赤とうがらしは種を除いて小口切りにします。
3.バットに調味料と水、たまねぎ、細ねぎ、赤とうがらしを入れて混ぜます。
4.小あじの水気をもう一度拭き、全体に塩を振り、小麦粉をまぶす。
5.1分程時間をおき粉がなじんだら、160℃の揚げ湯でじっくりと揚げます。
6.油をきって2で作った南蛮酢に入れて、20~30分間つけて味をなじませます。

小あじを骨まで丸ごと食べたいときは、1匹40gくらいの小ぶりの物を選ぶと良いです。冷蔵庫での保存で2~3日は食べられます。

<コツ1>
小あじのゼイゴは、尾の付け根からそぎ取ります。
エラは箸で抜きます。
初心者には特に包丁の先を使うよりも箸をひっかけて抜く方がやりやすいです。
水の中でエラブタを開いて取り残しも綺麗に洗います。

<コツ2>
小あじの水気をよく拭き取ります。
小麦粉をまぶす時はエラや腹の中まで、丁寧に粉をまぶします。

<コツ3>
160℃の揚げ湯で気長にこんがりとあげます。こんがりと揚げると丸ごと食べても美味しいです。


人気レシピブログランキング
  


じゃがいもと豚肉のオイスター炒め

春先から出回る新じゃがは、冬に植えたじゃがいもを通常の収穫時期よりも早く収穫したものです。

最近では、それぞれの生産地でその年に初めて収穫したものをさすようです。

新じゃがのもつみずみずしい風味を損なわないようしっかり洗って皮ごと食べましょう。

水分が多く長期保存に適していないため1週間から10日ほどで食べきるようにします。

◆材料
新じゃがいも・・・4個
豚肉・・・150g
ピーマン・・・2個
オイスターソース・・・大さじ2

◆作り方
1.新じゃがとピーマンは同じ太さに細切りにし、新じゃがは水にさらします。
2.豚肉は千切りにして、酒小さじ1、しょうゆ大さじ1、片栗粉小さじ2をまぶします。
3.フライパンに油大さじ1を熱し、ピーマンを炒めていったん取り出します。
4.3のフライパンに油少々を入れ豚肉を炒め、水気をきった新じゃがを加えて歯ごたえが少し残る程度までいためたらピーマンをフライパンに戻し、みりん少々、オイスターソースで味を整えてできあがりです。


人気レシピブログランキング
  


ココアマシュマロ

ゼラチン液を電子レンジで作るのでお手軽にできます。

薄く切ってビスケットに挟めば、子供のおやつに最適です。

手作りの美味しさは、市販品では味わえませんよ。

◆材料(18×20センチのバット1枚分)
粉ゼラチン・・・20g
卵白・・・2個
砂糖・・・大さじ1杯(メレンゲ用)
砂糖・・・2カップ
無糖ココア・・・大さじ1杯
バニラエッセンス・・・数滴
コーンスターチ・・・適量
無糖ココア(仕上げ用)

◆下準備
ゼラチンは耐熱容器に入れて、水100ccでふやかしておきます。
メレンゲ用のボウルとハンドミキサーの羽根は、きれいに洗い水分を完全に拭き取っておきます。
バットにクッキングペーパー(オーブンシート)を敷いておきます。

◆作り方◆
最初にメレンゲを作ります。
1.大きめのボウルに卵白入れ、ハンドミキサーでふわっとなるまで混ぜます。
2.砂糖を加え、ツノが立つまでしっかりと泡立てます。
3.ふやかしたゼラチンを、電子レンジの500Wで、ラップをかけずに1分30秒加熱して溶かします。
4.溶けたゼラチンに砂糖2カップを入れて混ぜ、ラップをかけずに、3分間再加熱します。
5.熱いゼラチン液を、メレンゲに糸を引くようにたらして加えながら、ハンドミキサーでよく混ぜます。
6.ココアとバニラエッセンスを加えて混ぜ合わせます。
7.バットに手早く流しいれ、冷まします。
8.粗熱がとれたら冷蔵庫で冷やし固めます。
9.固まったら、バットから取り出し表面にコーンスターチをまぶします。
10.好みの形に切り分け、コーンスターチをはたき落としたらココアをまぶします。(型で抜いても構いません。)


人気レシピブログランキング
  


イカげそとザーサイのチヂミ

韓国料理のチヂミは、とても手軽に出来るので一度お試し下さい。

イカは身の方よりも足、耳の方に旨みがあり、噛めば噛むほど旨みが出てきます。ビールのおつまみに良く合います。

◆材料
チヂミ粉・・・100g
イカげそ・・・100g
瓶のザーサイ・・・30g
タマネギ・・・30g
ニラ・・・30g
桜えび・・・10g
すしおろしにんにく・・・小1片
卵・・・1個
ごま油・・・大さじ1
コチュジャン・・・適量
水・・・150cc

◆作り方
1.包丁の背で、げそを軽く叩きます。そうすると食べやすくなります。一口大に切り、ザーサイも一口大に切ります。
2.タマネギは薄くスライス切りにして、ニラは2cmに切ります。桜えびは大きめならざく切りにします。
3.卵をボウルに割りいれてよくほぐします。そこに水150ccを加え、チヂミ粉を入れます。滑らかになるまでよく混ぜてください。
4.1と2で切った具材を全部入れて、混ぜ合わせます。
5.フライパンにごま油を入れて、4の半量を流し込み、中火で焼いてください。
6.ふちが焼けてきたらひっくり返します。裏面は弱火で焼きます。
7.こんがり焼いて、表面に薄くコチュジャンを付けのばして出来上がります。

一度に焼かないのは、あまり厚くなると食感が違ってしまうので、材料の分量でなら2回もしくは3回くらいに分けて焼くのがベターです。

お好みで酢醤油につけても美味しいです。とっても簡単で美味しいので是非お試し下さい。


人気レシピブログランキング
  


  次のページ

インフォメーション
  • 口コミグルメTOP
  • Twitter検索なら
    • SEOブログパーツ
Mobile向けサイトはこちら