top

 

 スポンサードリンク

ラタトゥーユのお弁当

たまにはおしゃれなお弁当が作りたいという人のために、ちょっとおしゃれな洋食弁当に挑戦してみました。

野菜をたっぷり使ったヘルシーなおかずです。

ラタトゥーユは本来、味付けはコンソメとトマト缶だけで良いのですが、トマト缶だけでは物足りないので、トマトケチャップでもう少し濃い味にします。

時間があれば水気がなくなるまで煮詰めると美味しいですよ。汁もさらさらしていないのでお弁当にも向いています。

ガーリックトーストなどを添えると良いでしょう。残ったものは次のパスタに出来ます。

◆材料(4人分)
薄切りベーコン・・・3枚くらい
にんじん・・・50グラム
たまねぎ・・・100グラム
トマト缶・・・1缶
にんにく・・・少々
コンソメ・・・2個
トマトケチャップ・・・少々
砂糖・・・小さじ2杯
塩こしょう・・・適量

◆作り方
1.ベーコン、野菜類を小さく切ります。
2.にんにくはみじん切りにしておきます。
3.フランパンにサラダ油と、みじん切りにしたにんにくを入れて炒めます。
4.ベーコンと野菜を入れてさらに炒めます。
5.コンソメとトマト缶、砂糖を入れ、さらに煮ます。
6.野菜に火が通ってきたら、トマトケチャップと塩こしょうで味を調えます。


人気レシピブログランキング
  


ほうれん草と豆腐の和風炒め

緑黄色野菜の代表で、栄養の豊富さではトップクラスのほうれん草は、カロチン、鉄分、カルシウム、ヨードやビタミンB1、B2、B6、C、それに食物繊維も豊富に含まれています。

ハウスものよりも、旬である冬場のものが栄養が倍くらいあり、風邪予防や貧血防止に効果があります。

葉がピンと張っていて、みずみずしくて鮮やかな緑色、茎と葉の長さのバランスの良いものを選びましょう。乾燥を防ぐために葉の表面に水をかけてポリ袋をかぶせ、野菜室に立てて保存します。

卵焼きや味噌汁やチャーハンなどにすぐ利用できるように、茹でたほうれん草を常備しておくと便利ですよ。

密閉容器や密閉袋に入れて、冷凍せずに冷蔵しておくとよいでしょう。

◆材料
ほうれん草・・・1束
木綿どうふ・・・1丁
削り節・・・適宜
油・・・大さじ2
酒、みりん・・・各大さじ1/2
しょうゆ・・・大さじ1.5
塩・・・少々

◆作り方
1.ほうれん草はゆでたら水にさらし、水気をしぼりざく切りにする。とうふはキッチンペーパーに包み水切りをします。
2.油を熱し、適当にくずしたとうふ、ほうれん草の順に炒め、酒、みりん、しょうゆ、塩で味を調えます。
3.削り節をたっぷりとかけてできあがりです。


人気レシピブログランキング
  


じゃが玉サンド

サンドイッチをお弁当に作っている方に、こんなアレンジはいかがでしょう。

ポテトが入ったオムレツを挟みます。卵を使った具がボリュームがあり、他のおかずはいらないです。

お弁当にピッタリのサンドイッチです。栄養もたっぷりなので朝食にしてもいいですね。

子供もこのサンドイッチが大好きなので、おやつとして作ることもあります。

◆材料(4人分)
卵・・・4個
塩こしょう・・・適量
牛乳・・・少々
ジャガイモ・・・大1個くらい
ツナ缶・・・40グラム程度
パン・・・8枚
バター・・・適量
サニーレタス・・・8枚
ケチャップ・・・適量

◆作り方
1.ジャガイモの皮を取り、煮え易い大きさに切り、先に茹でておきます。
2.ボウルに卵を入れて、ツナ缶、塩こしょう、牛乳を少々入れて、混ぜます。
3.油を敷いたフライパンか玉子焼き器にタネを入れ、焼き上げます。
4.パンにバター、またはマーガリンを塗ります。
5.パンの上にサニーレタスと、適当な大きさに切ったオムレツを乗せ、ケチャップをつけます。
6.パンではさみ、2等分に切ります。

ポテトオムレツにツナを入れることでコクが出て味もしっかり付きます。
ツナのつゆも捨てずに味付けに加えてみましょう。
パンに挟まなくてもそのまま立派な夕食のおかずになりますよ。


人気レシピブログランキング
  


三色混ぜご飯

運動会やピクニックなどのイベントのときは、特別なお弁当を作りたいものです。

彩の良いお弁当で、お弁当箱を開けたときに華やかな気分になるお弁当作りにチャレンジしましょう。

豪華で見た目も良いお弁当箱といえば、ちらし寿司などですが、お弁当でちらし寿司を作るのは朝から大変です。

そこで短い時間で簡単に作れる『三色混ぜご飯』をご紹介します。2種類作りますので、色が違うとお弁当箱が華やかになります。

真っ黒の海苔巻きが、ただ並んでいるお弁当よりずっと見た目が豪華になりますよ。

◆材料
牛肉のしぐれ煮・・・適量
卵・・・適量
きぬさや・・・適量
にんじん・・・適量
酢飯・・・適量

◆作り方
1.牛肉のしぐれ煮を細かく切ってほぐし、そぼろを作ります。
2.卵は、少々の酒、しょうゆ、みりんを入れ、よくかき混ぜ、フライパンでそぼろを作ります。
3.きぬさやは塩茹でにし斜めに細く切っておきます。
4.にんじんを薄切りにして塩茹でしておきます。
5.酢飯をお弁当箱に敷き詰め、上に3種類の具を乗せ、にんじんを散らしたら出来上がりです。

分量としてはしぐれ煮を一番多くすると良いでしょう。
牛肉のしぐれ煮の代わりに鳥の挽肉で鳥そぼろを作っても良いでしょう。
味がしっかりついていますのでご飯が進みますよ。
取り皿を用意して、混ぜながら取り分けて頂きましょう。
見た目も豪華で、野菜、お肉とも入っていますから、おかずもいらないくらいですよね。


人気レシピブログランキング
  


シーフードのパエリア

たっぷりとシーフードを使ったパエリアのレシピです。

◆材料(4人分)
米・・・1.5合
アサリ・・・1パック
エビ・・・8から12尾
茹でタコ足・・・2本
塩・・・少々
イカ・・・1パイ
タマネギ・・・1/2個
にんにく・・・2片
コーン缶・・・1缶(130g)
パプリカ赤・・・1個
ピーマン・・・1個
白ワイン・・・大さじ4
サフラン・・・小さじ1/3
熱湯・・・350ml
塩・・・小さじ1.5
こしょう・・・少々
オリーブ油・・・大さじ4
オリーブ・・・適量
レモン・・・1個
タバスコ・・・適量

◆作り方
1.あさりの殻と殻をこすって洗いざるに上げます。
2.エビは、殻をつけたままで足だけ取ります。背ワタも取り、水分を拭き取ります。
3.タコは、ぶつ切りにします。
4.イカは、も胴も足も綺麗に水洗いして、食べやすい大きさに切ります。
5.タマネギは、みじん切りです。
6.にんにくは、縦半分に切ってから芽を取り除き、再び縦半分に切ります。
7.コーンは、ザルで水を切ります。
8.パプリカとピーマンは、縦半分にして、種とヘタを取って縦4等分します。
9.サフランは、お湯にさらします。
10.レモンの半分は、4つのくし切り、残りのレモンは絞って汁にします。
11.フライパンにオリーブ油を入れます。強火でアサリ、エビ、タコ、イカを炒めて一度取り出します。
12.タマネギ、にんにく、コーンを炒めます。タマネギがしんなりしたら米を入れて炒め合せます。
13.米が透き通ったら白ワイン、サフランの湯、ローリエを加えていきます。
14.煮立てて塩とこしょうで味付けします。
15.煮立ったらレモン汁を加えます。お米がスープに浸かってない場合は水を足します。
16.フライパンに蓋をして中火で5分。アサリ、エビ、タコ、イカを綺麗に並べて再び蓋をします。
17.再び煮立たせて弱火にします。水分が少なくなるまで10分程煮ます。
18.更にパプリカとピーマンを並べて、蓋をして3分煮ます。今度は蓋をして5分で余分な水分を飛ばします。
19.オリーブを乗せて出来上がりです。
20.お好みで塩、こしょう、レモン汁、タバスコで食べます。


人気レシピブログランキング
  


  次のページ

インフォメーション
  • 口コミグルメTOP
  • Twitter検索なら
    • SEOブログパーツ
Mobile向けサイトはこちら