top

 

 スポンサードリンク

ビーフサンドイッチ

冷たいご飯が苦手な人は、お弁当と言えばサンドイッチ派の人もいると思います。

しかし卵サンド、ハムサンド、野菜サンドくらいしか作れず、毎回、同じサンドイッチでもつまらないので、ちょっと中身を変えてみました。

行楽用のお弁当にいかがでしょうか。ボリュームがありますし、お肉を使っているので腹持ちするサンドイッチですよ。

◆材料(4人分)
牛肉の薄切り・・・300グラム
塩コショウ・・・適量
しょう油・・・適量
みりん・・・適量
パン・・・適量
マヨネーズ・・・適宜
サンドイッチ用パン・・・8枚
バター・・・適宜
サニーレタス・・・8枚

◆作り方
1.牛肉を広げ、塩コショウで下味をつけます。
2.油を敷いたフライパンで牛肉を広げて焼きます。
3.みりん、しょう油を入れ、味を確認しながら焼き上げます。
味はやや濃い目でOKです。
4.サンドイッチ用のパンの片側にバター(またはマーガリン)を塗ります。
5.パンに牛肉をのせて、サニーレタスをはさみ、マヨネーズをかけ、パンで挟みます。
6.食べ易い大きさに切ります。

パンはサンドイッチ用でなくても、8枚切りでしたら耳が付いていても美味しいですよ。耳が付いていた方が返ってボリュームが出ます。

大人が食べるのでしたら、バターにからしを混ぜてからしバターにすると良いでしょう。バターがない場合はマーガリンでも代用できます。


人気レシピブログランキング
  


とうふステーキ大根おろし添え

健康レシピの紹介です。昔から畑のお肉といわれるように、とうふは大豆の栄養がそのまま活かされています。

どんな食材とも相性がよく、使い方の幅を広げれば節約にも一役かってくれます。

消化吸収がよく、高たんぱくで低カロリーの健康食品です。木綿どうふや絹ごしどうふ、焼きどうふなど種類も豊富です。

できたてのやわらかさや甘みを味わえる、おぼろどうふや寄せどうふもスーパーでみかけるようになりましたね。

水分の多いとうふは傷みやすいので早めに食べましょう。使いかけのものは水洗いをして水を張った密閉容器に入れて冷蔵庫で保存しましょう。

◆材料
木綿どうふ・・・2丁
大根おろし・・・適宜
あさつき・・・適宜

◆作り方
1.とうふは好みの厚さに切り水切りして薄く小麦粉をまぶします。(水きりは厚手のキッチンペーパーに包み10分ほどおいておくとよい)
2.フライパンにゴマ油大さじ2を熱し、中火で両面をきつね色になるまで焼き中まで火を通します。
3.焼いたとうふに大根おろしをお好みの量をのせ、あさつきを散らして、しょうゆをかけていただきます。

〈味がえ〉
てりやきソース
 しょうゆ大さじ3、みりん大さじ2、砂糖大さじ1を煮詰めてソースを作ります。焼いたとうふの上にかけ万能ねぎやしょうがをのせます。
お好みソース
 お好み焼きにつけるソースをフライパンに入れ、焼いたとうふをいれ焦げない程度に焼きます。削り節と万能ねぎを散らします。


人気レシピブログランキング
  


前のページ

インフォメーション
  • 口コミグルメTOP
  • Twitter検索なら
    • SEOブログパーツ
Mobile向けサイトはこちら