top

 

 スポンサードリンク

白菜と鶏団子のスープ

漬け物、鍋物、中華風炒め物などによく利用される白菜は、ビタミンCが多く鉄分やカルシウムなどミネラルも豊富です。

葉が縮れ巻きがしっかりしていて、ずっしりと重い物が美味しいです。軸が白くてつやのあるものを選びます。

冬場は一個まるごと買うのがおすすめです。夏場は傷みが早いので、使う分のみ買ったほうがよいでしょう。

保存は湿らせた新聞紙などにくるみ、ポリ袋に入れて冷蔵庫や冷暗所で保存します。

◆材料
白菜・・・400g
しょうが・・・薄切り2枚
〈鶏団子〉
 鶏ひき肉・・・300g
 しょうが汁・・・小さじ1
 水・・・適量
 酒・・・大さじ1
 かたくり粉・・・小さじ2
 塩・・・少々

油・・・大さじ1
水・・・4カップ
中華だし・・・小さじ1
鷹の爪・・・1本
酒・・・大さじ1
しょうゆ・・・小さじ1
塩・・・適量
ラー油・・・お好みで

◆作り方
1.鶏団子の材料をよくまぜて団子を作り、油で焼きます。
2.鍋に水、中華だし、そぎ切りにした白菜、しょうがの千切り、輪切りの鷹の爪、鶏団子をいれて煮ます。
3.白菜に火が通ったら酒、しょうゆ、塩で味を整えます。ラー油で辛味をつけてもOKです。


人気レシピブログランキング
  


ミートボール酢豚

酢豚をお弁当にも入れたいですが、お肉を揚げるのが手間ですよね。夕食に作ることも面倒に感じるのに、忙しい朝の時間に酢豚のお弁当を作るなんてと思われるでしょうが、意外と簡単なのです。

お肉の変わりに、お弁当用のミートボールを使って美味しくできあがります。野菜もたっぷりで栄養バランスの良いおかずです。

ミートボールもケチャップ味ですから、酢豚に最適でしかも料理時間も短く簡単です。

◆材料
お弁当用ミートボール・・・1袋
たまねぎ・・・4分の1程度
にんじん・・・4センチくらい
しいたけ・・・1枚
〈味付け用〉
トマトケチャップ、お酢、塩こしょう、だし、砂糖、片栗粉・・・適量

◆作り方
1.たまねぎを小さく切ります。
2.にんじんは小さい乱切りにします。
3.しいたけをスライスします。
4.お弁当用ミートボールを袋から出し、電子レンジで1分ほどチンして温めます。
5.油を敷いたフライパンを熱して、切った野菜を炒めます。
6.ミートボールを加え、味付けに、トマトケチャップ、酢、だし、塩こしょう、砂糖を少量ずつ加え、味をみます。
7.味が整ったら水溶き片栗粉でとろみをつけます。

味付けは、レトルトの酢豚の素、または粉状の酢豚の素も売っていますから、使ってみてはいかがでしょうか。


人気レシピブログランキング
  


焼き鯖の味噌煮

鯖(サバ)といえば、鯖のみそ煮が一番に思い浮かびます。

その鯖の味噌煮をちょっと工夫して、香ばしさをプラスします。

血合いが多い魚の鯖は生臭くなりがちですが、焼くことで香ばしく、葱を入れることでより臭みがなくなります。

◆材料(4人分)
鯖(切り身)・・・4切れ
葱・・・3本
しょうが(薄切り)・・・1枚から2枚

〈煮汁〉
 昆布だし・・・1と1/4カップ
 赤み・・・大さじ3と1/3
 酒・・・1/3カップ
 砂糖・・・大さじ3

◆作り方
1.鯖は皮に切り込みを1本入れます。葱は2~3個に切ります。
2.鯖の皮を上にしてグリルにて強火で表面を焼きます。途中で葱も加えて焼き、葱を5cmに切ります。
3.鍋に鯖の皮を上にして並べます。合わせておいた煮汁2/3としょうがを強火にかけます。
4.途中、鯖に煮汁をかけて、落とし蓋をします。そして5分程煮ます。
5.落とし蓋を取り、残りの煮汁と葱を入れて強火でからめます。


人気レシピブログランキング
  


お弁当のから揚げを冷凍

お弁当の定番は、子供から大人まで人気があるから揚げですね。

から揚げを冷凍する方法を知ってからは、我が家はいつも大量にから揚げを作るようになりました。
お弁当のおかずに入れたいとき、大活躍です。

◆材料(冷凍する分も作ります)
鶏もも肉・・・600g
しょうが・・・少々
お酒(料理酒)・・・少々
塩コショウ・・・少々
しょうゆ・・・少々
卵・・・1個
片栗粉・・・大さじ6

◆作り方
1.しょうがを摩り下ろします。
2.鶏肉を切り、ボウルに入れます。
3.肉に味を付けるので、しょうが、お酒、塩こしょう、しょうゆを適量いれ、かき混ぜます。
4.そのまま20分以上置いて、味を染み込ませます。
-----ここまでの行程は前日の夜にやってもよいでしょう-----
5.味が付いた肉に溶いた卵を入れ馴染ませます。
6.さらに片栗粉を加え、混ぜます。
7.180℃の油で揚げます。
8.食べる分だけとりわけ、冷めたら、残りのから揚げをジップロックなどの食品保存袋に入れ、空気を抜きます。
9.さらに隙間からストローを差し込んで空気を吸い、全部の空気を出します。
10.密封になりますので、そのまま冷凍室で保存します。

から揚げの下にサラダ菜やサニーレタスを敷いて、ドレッシングやマヨネーズで食べても美味しいです。
しっかりと中まで火を通して下さい。火の通り具合は1個を油から取り出し、中を切って確認しましょう。ピンク色が残っていなければOKです。


人気レシピブログランキング
  


前のページ

インフォメーション
  • 口コミグルメTOP
  • Twitter検索なら
    • SEOブログパーツ
Mobile向けサイトはこちら