top

 

 スポンサードリンク

根や茎を食べる新野菜

夏に見られる野菜としては、エンサイやつるむらさき、西洋野菜や香味野菜といったような野菜、馴染みが深いところではモロヘイヤあたりなんかは健康志向の人にとってはありがたい野菜かもしれません。

日本に昔から入ってきていた野菜で、昔は普及しなかったもので最近になって注目されている野菜もあるようです。

新野菜は輸入中心だったようですが、最近では日本国内でも栽培されています。

主な新野菜をご紹介してみたいと思いますので参考にしてみてください。

モロヘイヤ
日本では健康にいい野菜と言われている野菜でカロテン、ビタミンB群、ミネラルが豊富に含まれています。

コウサイ
地域により呼び方が変わっていて、アジアでは香菜(シャンツァイ)、ヨーロッパではコリアンダー、タイではパクチーとして認識されている野菜です。強い香りを持っているため、日本では好き嫌いが分かれている野菜です。

エンダイブ
苦味と独特の風味がある野菜です。フランスでは「シコレ」と呼ばれています。
使い方ですが内側の白っぽい葉の部分はサラダに適していますし、外側の葉はお浸しなど加熱していただいてください。

根や茎を食べる新野菜というのは、まだまだあります。ご紹介してみたいと思いますので参考にしてみてください。

スティックセニョール
ブロッコリーとキャベツの仲間であるカイランという中国野菜を品種改良して作られた新野菜です。
スティックセニョールは茎をメインにして食べる野菜で、茎が長くて柔らかくてまるでアスパラガスみたいな感じの野菜です。栄養価も豊富に含まれていて、ビタミンC、ビタミンD、カロテンが入っています。

ビーツ
酸味と甘味がほどよい感じの新野菜です。鮮やかな色合いが特徴で、色移りしやすいので調理するときには注意が必要です。調理方法ですが、皮がついたままの状態のお湯に弱火で60分くらい塩ゆでしたあと、皮を向いて使用してください。色々な料理に使用することが可能です。

リーキ
西洋ネギとして古くから親しまれています。別名ポロネギとも呼ばれているそうです。
辛味や刺激臭のようなネギ独特の香りが少なく、柔らかい印象があります。また甘味もあります。煮込むことで甘さが引き立ちますので煮込み料理に適している野菜です。

ユリネ
グルコマンナンという食物繊維が含まれていて整腸作用があり、栄養価が豊富です。
デンプン、リン、カリウム、鉄、カルシウムなど豊富に含まれている食材です。調理方法ですが、ちょっと蒸したあとにさまざまな料理に使用することでホクホクとした食感を楽しむことができます。


人気レシピブログランキング
  



インフォメーション
  • 口コミグルメTOP
  • Twitter検索なら
    • SEOブログパーツ
Mobile向けサイトはこちら