top

 

 スポンサードリンク

アンコウ鍋

アンコウ鍋は、昔から漁師たちが食べていた鍋で、通称どぶ汁とも呼ばれています。

アンコウが売り物にならなかった昔に、漁師たちが考えて作り出した鍋だそうです。

アンコウをたくさん使って料理するどぶ汁は、アンコウからの水分、白菜からの水分だけで作るので水を一切使っていないことも特徴的です。そのためコクがあって肝の濃厚な味が美味しいです。中でも皮のゼラチン質の部分が一番美味しいです。

◆材料(すべて作りやすい分量)
アンコウの肝
アンコウの身
白菜
椎茸
ねぎ
春菊
しらたき
味噌

◆作り方】
1.土鍋を温めます。
2.アンコウの肝を温めた土鍋に入れて肝を溶かします。
  ※土鍋の火が強いときもがこげてしまうので、火の調節をしながら溶かして言ってください。こうすることで、肝の脂分が溶け出てきます。こうなったら更に混ぜて温めながら溶け切るまで溶かしていってください。
3.肝がよく解けたら、アンコウの身を入れます。地元では、ここで白菜やワカメなど入れて煮込んでいきます。このとき水はなるべく入れないようにしています。
4.鍋の半分位の量の水と、酒1/3カップを入れる。場合によってはだしの素を入れてもいいです。
5.煮だったら味噌を入れて味付けをしていきます。

6.家庭で作る場合は、ここで白菜とかの具材を入れて更に煮込みます。
7.煮えたら出来上がりです。
アンコウの肝は、ものすごくコクがあるので、ぜひ一度、鍋で味わってみてください。


人気レシピブログランキング
  



インフォメーション
  • 口コミグルメTOP
  • Twitter検索なら
    • SEOブログパーツ
Mobile向けサイトはこちら