top

 

 スポンサードリンク

たけのこのすりおろし団子

お弁当のおかずにもピッタリな、たけのこ料理です。

たけのこの根元部分を、すり下ろしてなめらかにした鶏ひき肉を加えて団子にし、照り煮風に甘辛く煮詰めてみました。

★ポイント!
・鶏ひき肉は、なめらかになるまで、すり鉢でよくすります。すり方が足りないと粘りが足らず、うまく団子になりません。
・卵はつなぎの役目をします。肉が柔らかくなってから入れます。
・生地がかなり柔らかいのでうまく団子にならないときは、ぬらした左手に生地を取り、親指と人差し指の間から絞りだすようにして小さなスプーンですくいとり、熱湯のなかに落とすといいでしょう。
・コクを出したいときには、ゆでる代わりに油で揚げてもいいでしょう。ただし、口当たりが少し固くなります。

*レシピでは、すでに下ゆでした「ゆでたけのこ」を用いています。皮付きのたけのこをゆでる方法は、【たけのこの茹で方】をご参照ください。

◆材料(4人分)
・ゆでたけのこ(根元部分)・・・100g
・鶏ひき肉・・・200g
・干ししいたけ・・・1枚
・卵・・・1/2個
・小麦粉・・・大さじ2

・水・・・2

*調味料A
・砂糖・・・大さじ2
・しょうゆ・・・大さじ3
・みりん・・・大さじ1

・白ごま・・・少々
・木の芽・・・少々

◆下ごしらえ
・たけのこ・・・おろし金ですりおろします。
・鶏ひき肉・・・すり鉢のなかでなめらかになるまでよくすります。
・干ししいたけ・・・水で戻し、できるだけ細かいみじん切りにします。

◆つくり方
1.よくすった鶏ひき肉に、すったたけのことみじん切りにした干ししいたけを加え、砂糖、しょうゆを入れて味付けしたあと、つなぎの小麦粉と卵を入れてさらによくすり混ぜます。
2.鍋にカップ2の水を煮立てます。
3.1のタネを一口大の団子にまとめ、2の熱湯のなかに入れて2?3分ゆでます。
4.肉ダンゴの入った3の鍋に調味料Aを入れて、煮ます。
5.煮汁が少なくなってきたら、鍋を振りながら煮詰めて照りを出します。
6.器に盛り、白ごまをふって出来上がり!木の芽を添えれば季節感が出ますね。


人気レシピブログランキング
  



インフォメーション
  • 口コミグルメTOP
  • Twitter検索なら
    • SEOブログパーツ
Mobile向けサイトはこちら