top

 

 スポンサードリンク

ばらちらし寿司

食卓を華やかにしてくれるばらちらし寿司は、人が集まるときのおもてなし料理として、もってこいのご馳走ご飯です。

具がいろいろ入っているので一見大変そうに見えますが、下ごしらえは前日までに済ませておいて、当日は具を切るだけにしておけば、案外簡単に準備ができます。

ばらちらし寿司は、ひな祭りやお子さまの誕生日会などにもいいですね。

◆材料
米・・・3カップ
〈寿司酢〉
 酢・・・1/2カップ
 砂糖・・・大さじ1
 塩・・・小さじ1半
もんごういか(刺身用)・・・100g
まぐろ赤身(刺身用)・・・150g
干椎茸・・・8個
椎茸用調味料〈みりん・砂糖・しょうゆ・・・各大さじ2〉
小えび・・・12尾
えび用甘酢〈酢・・・大さじ4、水・・・大さじ2、砂糖・・・大さじ1/2、塩・・・少々〉
卵・・・3個
卵用調味料〈だし汁・・・大さじ2、砂糖・・・大さじ1半、塩・・・少々〉
きゅうり・・・2本
塩・・・小さじ2/3
長いも・・・200g
サラダ油・・・少々
白いりごま・・・大さじ3
きざみ海苔・・・適宜

◆作り方
1.米はといでざるに上げ、炊飯器の内釜に入れて水3カップを注ぎ、30分おいてから炊きます。ボウルに寿司酢の材料を入れてよく混ぜておきます。ご飯が炊けたら水でぬらした寿司桶に移し、寿司酢をふってしゃもじで切るように混ぜます。粗熱が取れたら布巾をかぶせておきます。
2.干椎茸は水2カップでもどしておきます。軽く水気を絞り、軸を切って鍋に入れます。戻し汁を1カップ鍋に加えて中火にかけ、煮立ってきたら椎茸用調味料を入れてふたをし、煮汁がなくなるくらいまで弱火で煮含めます。
3.ボウルにえび用甘酢の材料を合わせて混ぜておきます。えびは背わたを取り、熱湯でゆでてざるに上げ、水気をきってから甘酢に漬けます。
4.ボウルに卵を溶きほぐし、卵用調味料を混ぜ合わせます。卵焼き器にサラダ油を熱し、卵液の半量を流し入れて菜箸で混ぜながら半熟状になるまで中火で焼きます。奥から手前に巻き込んでから奥に滑らせ、手前にサラダ油を薄くひいて残りの卵液を入れ、同様に焼きます。
卵焼きができたら皿などに上げて冷まします。
5.甘酢に漬けたえびの殻をむいて1cm幅に切ります。いか、まぐろ、干椎茸は1cm角に切ります。長いもは皮をむき、きゅうり、卵焼きとともに1cm角に切ります。きゅうりは塩をまぶして15分ほど置き、水で洗い流しておきます。
6.1の寿司飯に椎茸、ごまを入れて混ぜ合わせます。その他の材料は飾り用に少しずつ残し、あとは寿司飯に加えてざっと混ぜて器に盛ります。残しておいた具を彩りよくのせ、刻みのりを散らします。


人気レシピブログランキング
  



インフォメーション
  • 口コミグルメTOP
  • Twitter検索なら
    • SEOブログパーツ
Mobile向けサイトはこちら