top

 

 スポンサードリンク

ご飯だんごとつくねの鍋

冬のおもてなし料理の代表として挙げられるのが、何といっても鍋料理ですね。

鍋料理は、土鍋ひとつでメインから締めくくりの一品まで、余すところなく味わいつくせるのが醍醐味です。材料の下ごしらえをしっかりしておけば、大切なお客さまがいらしたときにキッチンにこもりっぱなし、ということが避けられます。

キッチンにこもらず一緒に食事を楽しめる、という点も、おもてなし料理には大切なポイントです。みんなが集まるときには、ご飯も入ってひと鍋でもボリューム満点の、そんなお鍋料理はいかがでしょう。

◆材料
鶏ひき肉・・・400g
卵・・・1個
しょうがの絞り汁・・・1かけ分
酒・味噌・・・各大さじ1半
砂糖・片栗粉・・・各大さじ1/2
温かいご飯・・・どんぶり2杯分
小麦粉・・・大さじ4
黒いりごま・・・大さじ1
ごぼう・・・1本
酢・・・適宜
しめじ・・・2パック
ねぎ・・・2~3本
せり・・・2~3束
〈煮汁〉
 だし汁・・・6カップ
 酒・・・大さじ4
 しょうゆ・・・大さじ3
 みりん・・・大さじ2
 塩・・・小さじ1/2

◆作り方
1.鶏ひき肉と卵、しょうがの絞り汁、酒、味噌、砂糖、片栗粉をボウルに入れ、粘りが出るまで手でよく練り混ぜ、つくねのタネを作ります。
2.温かいご飯はボウルに入れてすりこ木などで粗くつぶします。
小麦粉を加えてさらにすりつぶしながら混ぜ、ごまも加えて混ぜます。手に水をつけて、一口大のだんご状に丸めます。
3.ごぼうは皮を包丁でこそげ取り、5cm長さのささがきにします。酢水に5分ほどさらした後、水気をきります。
4.しめじは石づきを取り、小房に分けます。ねぎは幅1cmの斜め切りにし、せりは5cm長さに切ります。
5.土鍋に煮汁の材料を合わせ、中火にかけます。
6.煮立ったら、水でぬらしたスプーンを2本用意し、つくねを一口大にすくって土鍋に入れます。さらにご飯だんごも加え、2~3分煮ます。
7.弱めの中火にしてアクをすくい、ごぼう、しめじ、ねぎ、せりを加えてふたをし、2~3分煮たら出来上がりです。

ご飯だんごのアレンジとして、オーブントースターで5分ほど焼いただんごもカリッとしておいしいですよ。


人気レシピブログランキング
  



インフォメーション
  • 口コミグルメTOP
  • Twitter検索なら
    • SEOブログパーツ
Mobile向けサイトはこちら