top

 

 スポンサードリンク

いか飯

冷めても美味しいお弁当として、駅弁でも人気が高いいか飯です。

いか飯はお弁当だけでなく、お酒のつまみにも、またご飯が入っていてお腹にもたまるので、お客さまを招いたときのおもてなし料理としてもぴったりの一品なのです。

普段家庭では、いか飯は作られないかもしれませんが、来客予定があるときは、前もって作っておけるいか飯を用意しておくと、当日の仕度が少し楽になりますよ。

◆材料
もち米・・・1カップ
するめいか・・・中4はい
だし汁・・・適宜
しょうゆ・・・大さじ4
酒・・・大さじ4
みりん・・・大さじ4
つまようじ・・・4本

◆作り方
1.もち米は洗って、たっぷりの水に8時間ほど浸け、いかに詰める30分ほど前にザルに上げます。
2.いかは胴から内臓と足を一緒に引き抜いたあと、胴は洗って水気を拭いておきます。足は目から上の部分と足先とを切り取り、包丁の背で吸盤をこそげ落として洗い、食べやすい大きさに切り分けます。
3.いかの胴に1のもち米を1/4量ずつ詰め、口をつまようじで止めます。
もち米は煮ているうちにふくらむので、詰める量はもち米が余っても6分目までにしてください。
4.鍋にだし汁2カップと酒を入れて煮立て、3を並べ入れてから、いかが浸るまでだし汁をたっぷりと加えて煮ます。
5.煮立ったらアクを取り除き、クッキングペーパーなどで紙ぶたをして弱火で30分ほど煮、しょうゆとみりんを加えてさらに20分ほど煮たあと、足を加えます。
6.足に火が通ったら、胴とともに取り出します。残った煮汁は強火で煮詰め、とろみを出します。
7.6に胴と足を戻して煮汁をからめます。胴は食べやすく輪切りにし、足とともに器に盛り付けます。

いか飯を煮る際に胴を止めたつまようじですが、お客さまにお出しするときには外しておくことを忘れないでくださいね。


人気レシピブログランキング
  



インフォメーション
  • 口コミグルメTOP
  • Twitter検索なら
    • SEOブログパーツ
Mobile向けサイトはこちら