top

 

 スポンサードリンク

もやしの中華飯

中華料理・韓国料理にはよく登場する定番食材のもやしです。

韓国では、大豆もやしを使うことが多いですが、日本で一般的に食べられている緑豆もやしでも、同じように調理できます。

大豆もやしは、スーパーでも手に入るようになりましたが、まだまだ緑豆もやしの方が安く買うことができますので、今回は緑豆もやしに中華風の味付けをして、丼にした簡単もやしレシピを紹介します。

簡単にいうと、中華飯の具をもやしにしたのです。食費を少しでも節約したい時や、食事を簡単に済ませたい時に、きっと役立ちます。

◆材料
もやし・・・1袋
中華味(鶏がらスープの素でも可)・・・大さじ1
水溶き片栗粉・・・適量
塩コショウ・・・少々
ごま油・・・適量

◆作り方
1.フライパンを熱してごま油を敷き、もやしを炒めます。
2.そこへ中華味を振りいれ、味を見ながら塩コショウを加えます。
3.水溶き片栗粉は好みのとろみ加減になるように調節しながら加えてください。
4.温かいご飯の上に3をかければもやしの中華飯の出来上がりです。

1袋40円くらいで買えるもやしなので、かなりの節約レシピになりますね。この分量で丼約2杯分になります。

もし、冷蔵庫に人参やキャベツ、きのこ類や豚肉などがあれば、一緒に炒めるとより本格中華飯に近づきます。


人気レシピブログランキング
  



インフォメーション
  • 口コミグルメTOP
  • Twitter検索なら
    • SEOブログパーツ
Mobile向けサイトはこちら