top

 

 スポンサードリンク

プチ家庭菜園

節約料理の究極のスタイルは、自給自足の生活かも知れません。育てた野菜や飼っているニワトリが産んだ卵、釣ってきた魚などを使った料理が食卓にあがるのは、安心感も得られ素晴らしいことだと思います。

しかし、ごく一般的な家庭ではまず不可能に近いですね。それでも少しでも節約料理に役立てたり、植物を育てる楽しみも味わいながら、ちょっとした家庭菜園を作っている人は結構いるようです。

プランターや土・肥料、野菜の種や苗も買って、と言っていると、初期費用がかなりかかりそうなので、もっと簡単に使えなくなってしまった野菜を使ってキッチンガーデンを作ってみましょう。

芽が出てしまったじゃが芋
芽の部分が付くように3~4等分に切り分け、庭のちょっと空いたスペースに埋めます。
じゃが芋は比較的育てやすく元気にどんどん芽を伸ばします。4ヶ月ほどしたら、地中にかわいいじゃが芋ができています。
お子さんと一緒に芋掘りを楽しむのもいいですね。立派なじゃが芋というわけにはいきませんが、カレーやシチューなどのレシピには十分使える出来です。

芽が出た玉ねぎ
芽が出た玉ねぎも捨てずに球根の水栽培のようにコップに水を入れて育ててみてください。
2~3週間ほどで、葉玉ねぎとして利用することができます。葉玉ねぎは甘くてやわらかく、スープの具など肉と炒めても美味しくいただけます。

にんじんのヘタ
大根のヘタを水につけ、出てきた葉の再利用をしている人はいると思いますが、にんじんのヘタを水栽培している人はあまりいないかも知れませんね。
にんじんのヘタも水につけておくとぐんぐん葉を伸ばしていきます。しかし、にんじんの葉はちょっとクセがあり、大根葉のように味噌汁の青味などには使いにくいかもしれません。
それよりにんじんの葉は観賞用とした方が向いています。細く繊細な葉は、キッチンで炊事をしながら眺めるとホッと癒されますよ。


人気レシピブログランキング
  



インフォメーション
  • 口コミグルメTOP
  • Twitter検索なら
    • SEOブログパーツ
Mobile向けサイトはこちら