top

 

 スポンサードリンク

ラフテー(豚の角煮)

ラフテーは、お祝い事になくてはならない沖縄の伝統料理です。豚の角煮は、九州にも同じような角煮がありますが、味が少し違います。

豚肉を煮込むときに、ラフテーの場合は泡盛を入れるからですね。泡盛を加えることで、肉が柔らかくなり、脂っぽさもなくなって冷めても美味しく食べられます。泡盛の代わりに日本酒を使ってもかまいません。

少し手間がかかる料理ですが、とっても美味しいのでぜひ挑戦してみてください。

◆材料(5人分)
豚三枚肉・・・1kg~1.5kg
カツオだし・・・3~4カップ
泡盛・・・1~1.5カップ
(日本酒で代用する場合・・・1.5~2カップ)
砂糖・・・1/2カップ
しょうゆ・・・50cc×2
しょうが・・・少々

◆作り方
1.豚三枚肉1kg~1.5kgは、皮付きのものならば、皮に付いている毛を、きれいにカミソリなどで剃り落とします。
2.汚れをきれいにするために、肉を丸ごと湯洗いします。
3.きれいになったら、多めの水を入れた鍋に肉を入れ、50~60分くらい茹でて、茹で汁を捨てます。こうすることで、かなり脂肪分が抜けます。また、一気にお湯に入れると、肉が硬くなってしまうので、気を付けてください。
4.茹で上がった肉を、5~6cm角に切り分けます。
5.厚い鍋に、カツオだし3~4カップ、角切りにした肉、泡盛1~1.5カップを入れて、中火で煮込みます。日本酒で代用する場合は、1.5~2カップにしてください。
6.しばらく煮込んだら、砂糖1/2カップを加えて、さらに煮込みます。
7.しょうゆ50ccを加えて、強火で5分ほど煮込んだら、弱火にしてさらに1時間じっくりと煮込みます。途中で、しょうゆをさらに50cc加えます。
8.肉を箸でつまんで、ポロッと落ちるくらい柔らかくなったら、最後に強火で煮立て、つやを出します。このとき、焦がしてしまわないように気を付けてください。

盛り付けてから、刻んだしょうがを少し添えたらできあがりです。


人気レシピブログランキング
  



インフォメーション
  • 口コミグルメTOP
  • Twitter検索なら
    • SEOブログパーツ
Mobile向けサイトはこちら