top

 

 スポンサードリンク

白身魚のワイン蒸し

魚やサラダ油に多く含まれる多価不飽和脂肪酸は、血圧の上昇を抑える等の働きがあります。逆に、動物性脂肪には、飽和脂肪酸が多く含まれています。飽和脂肪酸は動脈硬化を促進する作用があります。

白身の魚は低カロリーで、多価不飽和脂肪酸が多く含まれています。ワイン蒸しにすることで塩分を抑え、目先の変わった風味を楽しむことができます。

高血圧の人のための無理なくできる食事のポイント
塩分を抑えてワインやレモンで風味づけ
魚を食卓に

◆材料(2人分)
白身魚の切り身(タイ、カレイ、ヒラメ、アマダイなど)・・・2切れ
*アジを3枚におろしたものでもOKです。
タマネギ・・・1個
セロリ・・・1本
ピーマン・・・1個
トマト・・・1個
スープの素・・・1/2個
塩、コショウ・・・少々
白ワイン・・・大さじ4
レモン・・・適量

◆下ごしらえ
魚は塩、コショウをふっておきます。
タマネギ、セロリ、ピーマンは細切りにします。
トマトは、ざく切りにします。

◆作り方
1.鍋にタマネギ、セロリ、ピーマンを切ったものを敷きつめ、スープの素を砕いて全体に散らします。
2.1の全体に塩、コショウを少々ふり、トマトのざく切りを散らします。
3.2の上に魚をおき、白ワインを加えてふたをし、火にかけます。
4.煮立ってから中火で7分蒸します。
5.火を止め、レモンをふって出来上がりです。器に彩りよく盛ってレモンを飾りましょう。


人気レシピブログランキング
  



インフォメーション
  • 口コミグルメTOP
  • Twitter検索なら
    • SEOブログパーツ
Mobile向けサイトはこちら