top

 

 スポンサードリンク

切り干し大根

切り干し大根は、ビタミン類など栄養価の高い保存食です。カルシウムの吸収を促進する働きがあるビタミンDが多く含まれています。

太陽の光で干し上げる切り干し大根は、冬になると畑で切り干し大根を作っている風景をよく見かけます。

ここでは、3種類の切り干し大根の作り方を紹介します。

天気が悪く、日当たりの良くない日に干してしまうと、出来上がりの色がきれいではないので、事前に天気予報で晴れの日を確認しておくと良いでしょう。

切って干すだけの簡単作業なので誰でもすぐにできます。それぞれの切り干し大根を作ってみてはいかがでしょうか。

煮干し大根
1.大根1本を長さ15cmの長さに等分します。それぞれ7mmの厚さに切り、蒸し器で5~8分蒸します。仕上がりは、少しかためでしんなりする程度です。
2.洗濯用に使う小物干しをきれいに洗って用意します。蒸しあがった大根を一切れずつ吊るします。日のあたる風通しの良い場所に4~5日干します。

いちょう切りの切り干し大根
1.細めの大根1本を縦に4つに切ります。それぞれ5mmの厚さのいちょうきりにします。
2.盆ザルにきれいに広げます。日のあたる風通しの良い場所に4~5日干します。

千切りの切り干し大根(定番の千切りタイプ)
1.大根1本を10cmの長さに等分します。それぞれ縦に薄く切り、さらに千切りにします。
2.千切りにした大根を盆ザルに広げます。日のあたる風通しの良い場所に2~3日干します。


人気レシピブログランキング
  



インフォメーション
  • 口コミグルメTOP
  • Twitter検索なら
    • SEOブログパーツ
Mobile向けサイトはこちら