top

 

 スポンサードリンク

いわし(鰯)のかば焼き

高タンパクで高カルシウム、低カロリーないわしは、成人病予防や美容にも効果が期待できます。

新鮮なものは刺身、酢の物、たたき、マリネなどでいただくよいでしょう。

頭を落として煮物に。手開きにしてソテー、オーブン焼き、フライなど。すり身にしてつみれ、ハンバーグにするなど、バリエーションが豊富です。

安くまとめ買いもできる大衆魚の代表格です。材料に合わせて保存し、使い分けもできます。

太っていて身が締まっているもの、背に光沢があるもの、目が澄んでいるものが新鮮です。腹に裂け目があったり、目や頭が充血しているものは鮮度が落ちている証拠です。

まとめ買いしたら、新鮮なうちに下処理をして冷凍保存します。手開きにしたいわしは一枚ずつラップにはさんで冷凍します。

◆材料
いわし・・・4尾

〈たれ〉
 酒・・・大さじ2
 しょうゆ・・・大さじ3
 みりん・・・大さじ4

サラダ油・・・大さじ1

◆作り方
1.いわしは、頭を切り落とし内臓をとり、親指をおなかから差し込むようにして手開きにし、中骨をとります。
2.酒・、しょうゆ・みりんを合わせた〈たれ〉に、いわしを入れ上下を返し30分ほどつけます。
3.フライパンにサラダ油を熱し、いわしは身のほうを下にして焼き、両面とも色よく焼きます。
4.火が通ったら〈たれ〉に入れて全体にからめます。

一味とうがらしや、粉山椒をお好みでふってもよいでしょう。


人気レシピブログランキング
  



インフォメーション
  • 口コミグルメTOP
  • Twitter検索なら
    • SEOブログパーツ
Mobile向けサイトはこちら