top

 

 スポンサードリンク

新野菜の誕生

続々と、色々な組み合わせの新野菜が作られていますね。

あすっこというビタミン菜とブロッコリーを組み合わせて作られた新野菜や、はなっこりーというサイシン(中国野菜)とブロッコリーを組み合わせて作られた新野菜などもあります。

皆さんも疑問を感じると思いますが、単純に2種類の野菜を組み合わせて、簡単に新野菜が作られるのでしょうか?

色んな野菜をたくさん組み合わせて、新野菜を作ってもいいものなのでしょうか?

新野菜を作る上で特別な規制というものは、現段階では無いようですので、どんな組み合わせで作ってもいいみたいです。

それに、新種の野菜を作るには、種類が同じ「種」のものなら、そんなに難しいものでは無いということです。

自然界では、ごく自然に品種改良が行われています。

例えば、虫がどこかから花粉を運び、知らない花の雌しべに受粉させることもあり、新品種の植物が誕生することもあるのですから、食べ物としての植物でも、何かと何かの野菜を組み合わせることも、特に問題はないのではないでしょうか。

「種」が違うと染色体の数が違うなど、植物では(動物でも)色んな問題があり、新しい品種を作り出すことが基本的には難しいようです。

野菜も植物ですから、「種」が違うと新しい種類の野菜を作ることが難しくなります。

同じ種類の野菜の種を使い、新しい品種の野菜を産み出すことは、様々な栄養価の組み合わせもできて、より栄養価が高い野菜を作り出すことにつながるのです。


人気レシピブログランキング
  



インフォメーション
  • 口コミグルメTOP
  • Twitter検索なら
    • SEOブログパーツ
Mobile向けサイトはこちら