top

 

 スポンサードリンク

カキのからし酢味噌和え

カキは牛乳に匹敵するバランスのとれた栄養食品で、「海のミルク」とも呼ばれています。

11~4月のまがきは、グリコーゲンをたっぷりと含み、おいしさと栄養価がアップします。

みそには、酵母や乳酸菌など数々の有効成分が含まれ、優れた発酵食品で、現在、世界中から注目を浴びています。大豆に米麹を加えて造ったものが「米みそ」、麦麹を加えて造ったものを「麦みそ」といいます。

豆みそ」は、大豆で麹を造り、発酵、熟成させたものです。おいしいみそは、つやがあり、香りが良いです。白みそ、赤みそ、淡色みそなどがあります。それぞれのご家庭で慣れ親しんだみその味がおありでしょう。また、新しいものにチャレンジしても楽しいかもしれませんね。す。

カキの酢味噌和えは、生食用のカキを用いて作ります。「生食用」と表示があるものを求めてください。

◆材料(4人分)
●生食用カキ・・・200g
●塩・・・少々

●わけぎ・・・1/2把

☆からし酢味噌
●みそ、みりん、砂糖・・・各大さじ5
●酢・・・大さじ2
●溶きがらし・・・大さじ1

<つくり方>
◆下ごしらえ
1.カキは、ざるに入れて塩水でふり洗いし、熱湯のなかをさっと通し、ざるにあげておきます。
2.わけぎは、熱湯でさっとゆで、水気をきり、4~5cmの長さに切ります。
3.からし酢味噌を作ります。なべにみそ、みりん、砂糖を入れ、中火で練り、練りみそを作ります。さましてから、酢と溶きがらしを混ぜ合わせます。

◆仕上げ
4.水気をよくきった1、2のカキ、わけぎを3のからし酢味噌で和え、器に盛ります。

お酒の肴にもピッタリの一品です。


人気レシピブログランキング
  



インフォメーション
  • 口コミグルメTOP
  • Twitter検索なら
    • SEOブログパーツ
Mobile向けサイトはこちら