top

 

 スポンサードリンク

たけのこの茹で方

たけのこ料理のレシピには、たいてい「茹でたたけのこ」もしくは「たけのこの水煮」が使用されますが、春先に、皮付きのたけのこが手に入ったら、ぜひ自分で茹でてみてください。

たけのこは掘ってから時間がたつと、アクが強くなります。「お湯を沸かしてから掘れ」と言われているように、下ゆでしてから調理したほうがいいでしょう。

*用意するもの
・米のとぎ汁・・・カップ10
(または、水カップ10にぬかカップ1を加えたもの)

・赤唐辛子・・・2~3本

1.土などをきれいに落として、外側の皮を2~3枚むきます。根元のごつごつとした部分はそぎとってしまいましょう。

2.皮のついたまま穂先を斜めに切り落とし、皮の部分だけでに縦に切れ目をいれます。
★コツ!
穂先は皮が幾重にも重なっているため深めに、根もとにいくにしたがって皮が薄くなりますので浅く包丁を入れます。身まで切り込みを入れてしまわないように注意しましょう。

3.深めの大きな鍋に、たけのこ(皮付き)が沈むくらいのたっぷりのゆで汁を用意し、赤唐辛子を加えて火にかけ、中火で約1時間コトコトと静かにゆでます。

4.ゆで上がったら、そのまま冷めるまで、ゆで汁のなかにたけのこをつけておきます。

5.冷めたらたけのこをきれいに洗います。この段階では、まだ皮つきです。ゆでたたけのこは使う直前に、くるっと一度に皮をむいて料理に用います。
これで「ゆでたけのこ」の準備ができました。あとはそれぞれの料理のレシピにしたがって、おいしく調理してください。
*皮つきのたけのこ約1kgは、下ゆでして皮をむくとその半分以下(約450g)になります。一度の調理で使い切れずに残った分は水につけておくと味が落ちませんが、なるべく早く使い切ってしまいましょう。


人気レシピブログランキング
  



インフォメーション
  • 口コミグルメTOP
  • Twitter検索なら
    • SEOブログパーツ
Mobile向けサイトはこちら