top

 

 スポンサードリンク

ブリの照り焼き

ブリに焼き色をこんがりつけて、しょうゆとみりんで甘辛く煮詰めた「ブリの照り焼き」。

白いご飯にぴったりです。ブリは、関東では「わかしいなだわらさぶり」、関西では「つばちはまちめばるぶり」と、成長にしたがって名前が変わっていく「出世魚」です。

縁起の良い魚です。ご家族のお祝いの日に是非、どうぞ!照り焼きのコツを覚えたら、マグロやイカにも挑戦を!鶏肉もおいしいですよ。

★手作りポイント!
・調理の前にショウガ汁でしっかりと下味をつけておくことで魚の臭みがとれ、おいしさだけを生かすことができます。
・ぶりは焼く前にペーパータオルで漬け汁の汁気をよくきっておきます。
・焼くときは先に表を下にして入れます(皮が見えるほうが表)。
・魚を焼いた油がフライパンに残っていると、次に煮詰めるときに味がしみ込みにくくなります。残った油はペーパータオルでふき取ります。
・煮詰めるとき、調味料を加えたら魚は動かさないこと! 煮くずれの原因になります。

◆材料(4人分)
・ブリ(切り身)・・・4切れ
〈漬け汁〉
・酒・・・大さじ1
・しょうゆ・・・大さじ1
・ショウガ汁・・・小さじ4(しょうが40gをすりおろして絞る)

・サラダ油・・・小さじ2
・酒・・・大さじ4

〈調味液〉
・しょうゆ・・・大さじ2
・みりん・・・大さじ2

・大根おろし(前盛り)

◆下ごしらえ
1.漬け汁を合わせる。
2.バッドにブリの切り身を並べ、1の漬け汁に7~8分つけておきます。途中で引っくり返して全体にからめます。

◆つくり方
1.漬け汁につけておいたブリの表面の汁気をペーパータオルでふき取ります。
2.フライパンにサラダ油を熱し、表(皮のついているほう)を下にしてぶりを入れます。
3.ブリの両面がこんがりと焼き色がつくまで焼けたら、火を止め、残った油をペーパータオルでふき取ります。
4.ブリの表を上にして、酒をふり、ふたをして弱火で2~3分蒸し焼きにします。
5.ふたを取り、調味液を加えます。スプーンで煮汁をブリにかけまわしながら、弱火で煮詰めます。
6.魚に火が通ったら、フライパンをゆすって全体に汁をからませて出来上がり!
7.盛り付けるときには、皮がついている表が上になるようにします。右手前に大根おろしなどを添えて(前盛り)召し上がれ!

★モデル献立
●きゅうりとワカメの酢の物
●白和え


人気レシピブログランキング
  



インフォメーション
  • 口コミグルメTOP
  • Twitter検索なら
    • SEOブログパーツ
Mobile向けサイトはこちら