top

 

 スポンサードリンク

新野菜アーチチョーク

新野菜アーチチョークは、キク科の多年草で、日本ではチョウセンアザミと呼ばれています。

花が開花する直前の蕾を収穫したものが、野菜として食べられるアーチチョークです。ソラマメのような風味がある味わいを楽しめます。

アクが強いアーチチョークは、必ず下ゆでしてから水にさらしたものを使って調理することになります。

アーチチョークの食べ方は、葉っぱの中身を食べるのですが、切って中身を出すより、葉を1枚1枚手ではがし、中身を歯でしごくようにして出して食べるとう食べ方になります。

アーチチョークを保存する際は、乾燥しやすいのでラップをして冷蔵庫で保存するようにしてください。

冷製アーチチョーク
1.アーチチョークの葉先を切り落とします。
2.茎の部分を根元から切り取り、花芯の上と下の部分に輪切りにしたレモンをくっつけそれを糸でしばって固定させます。
3.お湯を沸騰させ、レモン汁、塩をいれてアーチチョークを入れ中火で10~15分ほど茹でます。
4.茹で上がったら冷やします。
5.冷めたら糸をほどいて、レモンをはずし、アーチチョークの中にある小花をくりぬきそれを飾りにします。
6.アーチチョークを皿に盛って、ビネグレットというソースをかけてでき上がりです。


人気レシピブログランキング
  



インフォメーション
  • 口コミグルメTOP
  • Twitter検索なら
    • SEOブログパーツ
Mobile向けサイトはこちら