top

 

 スポンサードリンク

鯖のから揚げ

鯖のから揚げは、鯖のレシピの中でも比較的基本のレシピです。

誰でも、好き嫌いなく食べられそうですね。

◆材料(4人分)
鯖(三枚おろし)・・・大1尾分
大根・・・1/3本
片栗粉・・・適量
揚げ湯、塩・・・適量

〈薬味〉
 小葱・・・4本
 しょうが・・・1/2片
 赤とうがらし・・・1本

〈かけ汁〉
 すだち汁(レモン汁も可)・・・大さじ5
 砂糖・・・大さじ1と1/2
 しょうゆ・・・大さじ1
 塩・・・小さじ1

◆作り方
1.鯖は、皮に切れ込みを入れて半身を4等分します。その後、塩をふっておきます。
2.大根をおろして、薬味の小葱は小口切り、しょうがはみじん切り、赤唐辛子は細かく刻みます。
3.鯖の水気を拭いて、片栗粉をまぶします。
4.170℃の揚げ湯で揚げます。混ぜ合わせておいたかけ汁を少量かけます。
5.器に盛ったら大根おろしを乗せ、薬味を散らして、最後にかけ汁をかけて出来上がりです。


人気レシピブログランキング
  


にんじんとひき肉の炒め物

野菜料理に欠かせないにんじんは、味・色・栄養のどれをとっても優れものの野菜です。

油と相性がよいので、生で食べるより炒めたり揚げたりすることで栄養の吸収が良くなります。

緑黄色野菜の中でもカロテンの量が多く、ビタミンB1、C、食物繊維も豊富です。選ぶときは、首の部分に黒ずみがなく色が鮮やかなものを選びます。

にんじんの保存は、水気をふきとり新聞紙にくるみ冷暗所に保存しましょう。水気は腐る原因になるので気をつけましょう。使いかけのにんじんは、ラップに包み冷蔵庫で保存します。

切り方のバリエーションも多く、いちょう切り・乱切り・半月切り・角切り・拍子切り・斜め薄切り・千切りなどあります。

◆材料
にんじん・・・1本
豚ひき肉・・・100g
トマトケチャップ・・・大さじ1.5
ごま油・・・大さじ1
しょうゆ・・・小さじ1
塩・こしょう・・・少々

◆作り方
1.にんじんは細めの千切りにします。
2.ごま油を熱し、中火でひき肉がポロポロになるまで炒め、にんじんを加えてさらに炒めます。
3.火が通ったら、しょうゆ、塩・こしょう、ケチャップで味をつけてできあがりです。


人気レシピブログランキング
  


ナスの味噌炒め

ナスの味噌炒めは、お弁当にぴったりのおかずです。

濃い目の味付けにするとご飯が進みますね。お弁当だけでなく、普段のおかずにもどうぞ。

◆材料
ナス・・・2本
ピーマン・・・1個
味噌・・・大さじ2杯
砂糖・・・大さじ2杯
しょうゆ・・・小さじ1杯
ほんだし・・・少々
豚の薄切り・・・80グラム
(肉の下味用)酒、しょうゆ・・・少々

◆作り方
1.ナスのヘタを切り落として、薄切りにします。
2.水につけてアク抜きをします。
3.ピーマンも細く切ります。
4.豚肉も細く切り、酒、しょうゆで下味をつけます。
5.油を熱したフライパンに豚肉を入れ炒め、火が通ったらナスとピーマンを加えて炒めます。すべて細く切ってあるので、火の通りが早く時間が短縮出来ますよ。
6.味噌、しょうゆ、砂糖、ほんだしを混ぜながら炒めます。
7.あら熱が取れたらお弁当箱に入れます。

今回は子供のお弁当として考えているので、ショウガは抜いてありますが、大人が食べる場合はショウガを加えると良いでしょう。

夕食で召し上がるのでしたら、ショウガと一緒にニンニクを入れると良いでしょう。

ナスは味噌と相性が良く、また豚肉とも合いますので是非お試し下さい。


人気レシピブログランキング
  


鉄火丼

生のままのまぐろの赤身も美味しいですが、漬け込むとまた違う美味しさです。

湯引きすることでまぐろの臭みが抜けるのです。漬け込む時間も好みに合わせてみてください。

◆材料(2人分)
鮪(まぐろ)・・・1サク
酒・・・大さじ1
みりん・・・大さじ1
しょうゆ・・・大さじ2
薬味にお好みで大葉、焼き海苔、わさび

◆作り方
1.お湯を鍋に沸かして、沸騰したら火を止めます。そこに鮪のサクをそのまま入れて全体が白く変わったらすぐに取り出します。その後冷水につけます。
2.鮪を水から出してペーパータオルでしっかり水分を拭き取ります。
3.鮪をペーパータオルで包みます。
4.しょうゆ、酒、みりんを一緒に入れたバットに3.のまま漬け込みます。何度か裏返しながら半日程漬け込みます。
5.漬け終わった鮪を3mm程の厚さに切ります。大葉や海苔も細かく刻みます。
6.器にご飯を盛り、大葉、海苔を乗せて鮪を乗せます。


人気レシピブログランキング
  


いわし(鰯)のかば焼き

高タンパクで高カルシウム、低カロリーないわしは、成人病予防や美容にも効果が期待できます。

新鮮なものは刺身、酢の物、たたき、マリネなどでいただくよいでしょう。

頭を落として煮物に。手開きにしてソテー、オーブン焼き、フライなど。すり身にしてつみれ、ハンバーグにするなど、バリエーションが豊富です。

安くまとめ買いもできる大衆魚の代表格です。材料に合わせて保存し、使い分けもできます。

太っていて身が締まっているもの、背に光沢があるもの、目が澄んでいるものが新鮮です。腹に裂け目があったり、目や頭が充血しているものは鮮度が落ちている証拠です。

まとめ買いしたら、新鮮なうちに下処理をして冷凍保存します。手開きにしたいわしは一枚ずつラップにはさんで冷凍します。

◆材料
いわし・・・4尾

〈たれ〉
 酒・・・大さじ2
 しょうゆ・・・大さじ3
 みりん・・・大さじ4

サラダ油・・・大さじ1

◆作り方
1.いわしは、頭を切り落とし内臓をとり、親指をおなかから差し込むようにして手開きにし、中骨をとります。
2.酒・、しょうゆ・みりんを合わせた〈たれ〉に、いわしを入れ上下を返し30分ほどつけます。
3.フライパンにサラダ油を熱し、いわしは身のほうを下にして焼き、両面とも色よく焼きます。
4.火が通ったら〈たれ〉に入れて全体にからめます。

一味とうがらしや、粉山椒をお好みでふってもよいでしょう。


人気レシピブログランキング
  


前のページ  次のページ

インフォメーション
  • 口コミグルメTOP
  • Twitter検索なら
    • SEOブログパーツ
Mobile向けサイトはこちら